あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

大曲の花火が生んだ、世代を越えた交流。地域はこうしておこされる。

こんにちは、さるあみです。

 

もうじき大曲の花火ですね。

全国の花火職人たちが腕を競い合う、日本最大の花火大会。

県内の方はもちろん、遠方からいらっしゃる方も多いかと思います。

当日は交通規制もきびしく、早めに現地入りされる方も多いのではないでしょうか?

「花火までまだ時間あるね」

「どうしよっか」

なんて会話が聴こえてきそうです。

 

というわけで今回は、『大曲の花火』の前に楽しみたいスポットを1つ紹介します。

地域の学生たち、そして地域住民の思いが詰まった場所です。

どうぞ、お付き合いください。

 

大曲中学校美術部と花火通り商店街の思いが、21枚のポスターに。

大仙市は大曲。JR大曲駅前に『花火通り商店街』はあります。

毎年、大曲の花火のときには多くの観光客が訪れ、賑わいを見せる商店街。

 

「せっかく来てくれた観光客の方々に、もっと地域の良さを知ってもらいたい」

 

その思いから、大曲中美術部のメンバーが立ち上がりました。

今年は有志25人が参加。

部員たちは6月の下旬からすでに、担当する店舗や施設の取材に入っていました。

 

店舗の代表者から聞けたのは、店の歴史や思い。

 

部員たちは、それらを胸にポスター制作に取り掛かります。

商店街の入口にかかるオレンジ色のアーチを共通デザインとして、それ以外は各々の個性。

店舗や施設の特徴がふんだんに盛りこまれたポスターです。

 

枚数はぜんぶで21枚。

 

場所によってはその店の看板商品もデザインされているので、ポスターからいち早くお店の情報が手に入ります。

 

期間は『大曲の花火ウィーク』。

25日、30日、31日の3回に渡って、店頭に掲示されます。

早めに現地入りして、すべてのポスターに目を通してみてくださいね。

きっと、すべてに目を通す頃には『商店街ツウ』になっているはずですよ。

商店街のうまいものに巡り合って、日中も大曲を楽しんじゃいましょう。

 

31日は、商店街おもてなしステージにて秋田清酒さんのトークショーもあるよ。

このブログのノルマということで、やはりこちらにも触れなければなりますまい。

 

31日、大曲の花火当日。

12:50より、秋田清酒さんによるトーク『秋田のお酒』が開催されます。

時間にすると、わずか20分。

短い時間のトークショーとなりますが、もちろん試飲会があります。

飲める日本酒の種類はまだわかりませんが、秋田清酒といえば『刈穂』『出羽鶴』『やまとしずく』、そして『晴田』。

せっかく大曲を訪れたのなら、ぜひ『やまとしずく』と『晴田』を飲んで欲しいですね。

 

やまとしずく』は特約店のみの取り扱い。

『晴田』も限定流通と、なかなか出会う機会のないお酒です。

 

どちらも価値だけでなく味にも定評がありますので、おみやげにも最適ですよ。

花火も地酒も地域も、すべてまるっと楽しんじゃいましょう。

 

おわりに

今回の記事はいかがだったでしょうか?

 

地域おこしのために世代を越えて交流し、ひとつの目標に向かう。

最高にかっこよくて、最高に素敵な試みですよね。

 

商店街をゆっくりと歩き、ゆっくりと回る。

これこそが、観光地のほんとうの楽しみ方なのかもしれません。

願わくば、『大曲の花火』期間以外にも観光客が訪れる理由となるように、これからも応援していきたいですね。

 

それでは、短いですが今回はこのへんで失礼します。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

さるあみでした。