あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

全国燗酒コンテスト2019の結果は?秋田の日本酒だけまとめました。

こんにちは、さるあみです。

 

まだまだ残暑と呼ぶには恐ろしいくらいの暑さが続いていますが、日本酒業界ではもうじき『ひやおろし』の出荷が始まりますね。

 

 

こうして少しずつ季節は移り変わり、暑さなどなかったかのような日々が訪れます。

日本酒もまた、

 

冷酒から、常温へ。

常温から、熱燗へ。

 

飲み方が、少しずつ移り変わっていきますね。

 

そんな季節の変わり目に合わせるかのように、先日、全国燗酒コンテスト2019の結果が発表されました。

 

今年は全国268社。905点。

初開催の2009年は、131社131点の応募でした。

 

当時は1社1点のルールがあったため規模は小さめ。

ですが、10年という月日はコンテストの知名度と格を上げ、今年は7倍もの応募点数となっています。

 

部門の数は4つ。

  1. お値打ち燗酒 ぬる燗部門(720ml、税抜1100円以下)
  2. お値打ち燗酒 熱燗部門(720ml、税抜1100円以下)
  3. プレミアム燗酒部門(720ml、税抜1100円以上
  4. 特殊ぬる燗部門(にごり酒、古酒など)
 

といったカタチに分かれています。

2の熱燗部門のみ55℃での審査。他3部門は45℃での審査となります。

 

今年の最高金賞は54点。

金賞は210点となりました。

 

我らが秋田県はどうだったのでしょうか。

 

できるだけ短くまとめていきますので、どうぞお付き合いくださいませ。

 

  

1、お値打ち燗酒 ぬる燗部門(720ml、税抜1100円以下)

 
  • 出品数:246点
  • 最高金賞:16点
  • 金賞:51点

 

秋田県は最高金賞なし。東北でも福島県の1点のみとなりました。

ところが、金賞がなんと秋田県6点!

 

 

もはや常連といって過言ない『北鹿』『木村酒造』『小玉醸造』。

 

そこでひときわ異彩を放っているのが『秋田県発酵工業』です

 

パック酒でのエントリー。そして、金賞受賞。

この結果に驚かれた方もいるかもしれませんが、むしろ当然の結果なんです。

一滴千両は、パック酒の雄。

普通酒は家庭で親しまれているのはもちろん、パックの大吟醸も存在しています。

純米酒はとくにデイリーユースとして人気であり、価格の安さも手伝ってその知名度は高いです。

普段づかいを肩肘張らず。

日常に寄り添ってくれるいいお酒です。

 

そしてもうひとつ。

 

もはや燗酒コンテストの常連となった『福小町 純米辛口』。

+8度の辛口で、価格は1000円ほど。

程よい酸味と合わさって、辛口好きにはたまらぬ味わいになっています。

 

冷やしてキレを楽しむもよし。

温めてふくらみを楽しむもよし。

 

どんな飲み方をしても応えてくれるオールラウンダーです。

手にも入りやすく、『探す』というストレスもありません。

まずは1本。

お試しに買っても懐が痛まない、やさしいお酒ですよ。

 

 

2、お値打ち燗酒 熱燗部門(720ml、税抜1100円以下)

  • 出品数:242点
  • 最高金賞:15点
  • 金賞:55点

 

最高金賞は、青森、山形、福島で1点ずつ。秋田はなしです。

金賞受賞は県勢1点。

 

  • 秋田酒類製造『高清水 辛口パック』

 

なんというか、特筆することがないくらい信頼と実績のある『高清水』。

一升瓶の『からくち』は県外の居酒屋でも出されていて、知名度は高いですよね。

吉田類の酒場放浪記』『おんな酒場放浪記』なんかでも、秋田の地酒として登場することが多いです。

 

そんな『高清水 辛口パック』ですが、日本酒度は+8。

 

甘みを抑えてうまみだけを残した良酒です。

デザインはシンプルで、冬がよく似合います。

ぜひ、寒い時期は白いパックの辛口で。

リーズナブルな価格で身も心もポカポカになれますよ。

 

 

3、プレミアム燗酒部門(720ml、税抜1100円以上)

  • 出品数:323点
  • 最高金賞:19点
  • 金賞:83点

 

最高金賞は、青森、福島から1点。

そして、秋田から1点です! ぱんぱかぱーん!!

 

最高金賞:北鹿『純米大吟醸 北秋田

 

大館市の、北鹿。

なんと、あの“日本一売れている大吟醸で有名な北鹿が、栄えある最高金賞を受賞しました!

ほかにも『北秋田』は、特別純米が“お値打ちぬる燗部門”において金賞を受賞。

 

 

すべてに、リーズナブルなだけではない『格』が備わりましたね。

どの飲み方でもうまく、どこでも買える。

いよいよ手のつけられない勢いが生まれました。

 

うまいお酒がいつでも飲める。

 

こんな強みは他にないです。

筆者も給料日前は、そのリーズナブルさにお世話になっていました。

ですが、今後は「安いから買う」ではなく「買いたいから買う」。

買う理由の変わる方も多そうですね。

 

続いて、金賞受賞酒のご紹介です。

 

こちらも秋田県勢が大健闘。なんと6点。

 

 

『天寿』と『浅舞』の強さが際立っていますが、いまどちらを推すかと問われればこちら。

 

『浅舞酒造』。

 

そのこだわりは深く、蔵から半径5キロ以内で穫れた米のみを使用。

そこから生まれた純米酒は食中酒として評価が高く、県内の居酒屋でも楽しまれています。

ですが今回、浅舞酒造を推した理由には個人的なものがあります。

 

先月7/30。

その浅舞酒造、『天の戸』の杜氏である森谷康市氏が亡くなりました。

62歳でした。

 

すごく個人的なことなのですが、私は新屋のやきとり居酒屋『とりっこ』によく足を運んでいました。

そこにはもちろん日本酒があり、『天の戸 美稲』の姿も。

私はとりっこで『天の戸 美稲』を飲むのが好きでした。

ルーティーンでもないですが、なぜか必ず頼んでしまうんです。

食べていると、飲みたくなる。

まさに『杜氏の術中』。

まんまと罠にはまって、まんまと笑顔にされる。

そんな素敵な日本酒が天の戸でした。

 

ですので、今回だけはごく個人的な理由で『浅舞酒造』を推させていただきました。

献杯の意味をこめて。

 

 

4、特殊ぬる燗部門(にごり酒、古酒など)

  • 出品数:94点
  • 最高金賞:4点
  • 金賞:21点

 

最高金賞はやはり福島のみの1点。

金賞受賞は県勢1点となります。

 

 

北鹿の勢いが止まらないですね!

特にこれから『ひやおろし』の時期が終われば『にごり酒』の天下です。

ここから伸びる。

今年はさらに伸びる。

“冬はにごりの北あきた”といったフレーズで、全国に並ぶ日も遠くないのかもしれません。

 

にごり酒のおもしろいのは、上澄みとにごり。

両方楽しめるところにあります。

決まった飲み方はないので、飲む人の好きに飲めるのが楽しいですよね。

 

世代を越えて老若男女。

うまいまずいの感想も自由に楽しんでしまってください。

 

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

 

秋田県は、

  • 最高金賞:1点
  • 金賞:14点

という結果になりました。

 

全体の最高金賞は54点。

金賞210点であることを考えると、かなりの割合を占めたのではないでしょうか。

 

特に、北鹿。

 

まだ北秋田をリーズナブルなだけの酒という人はいるでしょうか? いや、いないはずです。

『どこでも買える、本当にうまい酒』。

そうして、全国各地の居酒屋で飲まれる日も遠くないはずです。

 

それでは、冬が近づくにつれて読み返したくなる記事となることを願って、今回はこのへんで失礼します。

 

みなさん、ここまで読んでいただきありがとうございます。

よい秋田を!

 

【5,000円以上送料無料】北鹿 北秋田大吟醸 1800ml

価格:2,145円
(2019/8/21 16:14時点)
感想(1件)