あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

秋田の未来は琥珀色!?県産ウイスキーの蒸留実験がいよいよ大詰め。

こんばんは、さるあみです。

 

みなさんは秋田の地酒、地ビールを知ってますか?

地酒はとくに有名ですよね。

最近では地ビールにも尽力しており、始まりの『田沢湖ビール』から新鋭の『羽後麦酒』まで、実力は言うまでもなしです。

 

ですが、地ウイスキーはどうでしょうか?

 

秋田のウイスキー

 

聞いたことないですよね。

それもそのはず。

だって、東北で地ウイスキーをつくっているのは福島県の『笹の川酒造』のみなんです。

 

ところが今回、こんなニュースが届きました。

 

秋田県ウイスキー開発。蒸留実験がいよいよ大詰め。2023年の初出荷にむけて準備は順調”

 

知らなかった人が多いかと思います。

地酒どころの秋田で。

米どころの秋田で。

ウイスキー

 

ワクワクしませんか?

県民のだれもが『秋田は地酒』というイメージをもっているなか、試みは始まっていたんです。

2020年の蒸留所稼働。

2023年の初出荷。

これらを目標に着々と、ワクワクを積み上げていたんです。

 

じゃあいったい、誰が?

誰がそんなワクワクを生み出そうと立ち上がったのでしょうか?

 

今回は、『県産ウイスキー開発とその未来』について紐解いていきます。

どうぞお付き合いくださいませ。

 

 

開発は、チトセザカリで有名な千歳盛酒造を買い取った、あのドリームリンク。

この名前を聞いて、なんとなくこう思いませんでしたか?

「またドリームリンクか」

もともとは外食チェーンで、『薄利多賣半兵ヱ』が有名です。

価格の安さと昭和レトロな雰囲気がウケて、秋田では特に人気の居酒屋ですよね。

 

ですが、ドリームリンクは幅が広い。

 

最近では見出しのとおり、鹿角の千歳盛酒造を買い取り、酒造の再出発。

いちばん新しい記憶で言えば、『弥助そばや』。

『西馬音内そば』発祥の店の後継者として名乗りをあげたのが、いちばん最近の出来事でした。

 

私がふたつの件から感じたのは、

「伝統の火を消させない」という心。

 

そういったものを大切にしている会社なんだな、という感想をいだきました。

ところが、ドリームリンクの構想は『伝統を守る』だけはなかったんです。

 

『伝統をつくる』

 

あるいは、『伝統の復活』。

 

実は秋田県には、1940年代~1950年代初めまで、酒造会社がウイスキーを製造していた記録がのこっています。

だから、今回の開発が実れば70年ぶり。

『伝統の復活』というべきなのか。

『伝統をつくった』というべきなのか。

それくらい、70年という月日は長いですよね。

 

頼もしき協力者たち。

もちろん、ドリームリンクは最初に話したとおり外食チェーンです。

酒造りの専門家ではありません。

ですが、行動したものにはかならず協力者が現れるものです。

志を同じくしたもの。同志。

ことの経緯まではわかりませんが、設備、技術、監修にはその道のプロの名が連ねていました。

 

設備は、『千歳盛酒造』のものを利用。

 

発酵、蒸留などの技術支援は『秋田県総合食品研究センター』が

 

監修は、大町のBAR『ル・ヴェール』のオーナーバーテンダーである『佐藤謙一』氏が務めます。

帝国ホテルで23年もの間バーテンダーを務めた経験をもつマスター。

銀座で自身の店を持たれていた経験もあり、秋田に戻ってからも遠方からのお客さんが後をたちません。

そんな氏が関わっている。

それだけで開発の規模が伺えるというものです。

 

新たな特産品としてだけでなく、観光としての側面をめざす。

主に開発を進めているのは『モルトウイスキー』で、原料は二条大麦酵母、水。

 

そして、『秋田美桜酵母

 

桜の花びらから分離した天然の酵母であり、桜の名所としても知られる秋田らしい酵母です。

チトセザカリにも使用されていて、香りに驚かされた経験があります。

 

さらに、なんと男鹿半島に蒸留所の建設を予定

開発と生産が軌道にのれば……という話でしたが、実現すれば観光名所にもなり得ますよね。

県外の方はもちろんですが、ぜひ秋田県民にこそ行って欲しいです。

新名所。

先に知っておかないと答えられませんしね。

 

男鹿半島の「潮風」

秋田という「北国」

 

ワードだけ並べるとスコットランドのようで、期待が膨らみますね。

 

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

初出荷は2023年と、まだ4年あります。

ですが、蒸留所の稼働は目前。

新しい試みが日の目を浴びるときが、すぐそこまで来ています。

 

特に、男鹿半島は秋田の有名な観光地です。

そこにさらに名所が増える。

足を運ぶ理由が増える。

これって素晴らしいことだと思います。

 

在住者の減る秋田県ではありますが、観光地としては伸び続けています。

たまの休みを満喫できる場所。

県外の方はもちろん、県民にとってもそんな場所であってくれれば最高ですよね。

 

それでは今回はこの辺で。

みなさん、ここまで読んでいただきありがとうございます。

よい秋田での思い出を!