あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

全国の地ビールが集まるフェスで地元のビールを2杯飲んできた話。

こんばんは、さるあみです。

 

ついにこの日がやってきました。8/18(日)。

saruami-sake.hatenablog.com

 

そうです。クラフトビアフェスティバルinAKITA最終日です。

 

正直、行くつもりはありませんでした。

友人たちはみな仕事で、ひとりでの参加。

きっと雰囲気に負けてしまう。

きっと心から楽しめないだろう。

だから、行くのはやめようと思っていたんです。

 

というわけで今回は、

 

『クラフトビアフェスティバルinAKITAにいって羽後麦酒を2杯飲んできた話』

 

をお送りしますので、どうぞお付き合いくださいませ。

 

全国36社。80銘柄ものクラフトビールが勢揃い!

なんと、今回のクラフトビアフェスティバルは節目の10回目

北は北海道、南は沖縄まで、全国からの出店が望めるほど大きなイベントとなりました。

 

もはや、会場は人、人、人。

アゴラ広場は、まんなかを囲うようなカタチで各社が出店しておりました。

そして、囲われたまんなかのスペースが立ち飲み席。

テントが張っており、日差しを防ぐことができます。

 

さらに、隣接する『屋根付き大通り』には、どまんなかに長テーブルと椅子。

そちらでは座って楽しむことができます。

チケットは4枚セットと1枚単体があり、私はひとりでしたので単体チケットを購入しました。

 

「さあ、何を飲もう」

 

来てしまったものは仕方ありません。

これでも一度は通り過ぎたんです。

あまりの熱気と人混みに心が耐えられなくなり、トピコへ逃亡しました。

ですが、この男の欲を甘く見てはいけない。

行くと決めたら行くんです。

そう、男にはぜったいに負けられない戦いがある。

 

というわけで、みんなが和気あいあいと楽しんでいる空間にひとりでダイブ。

そこまではよかったのですが、驚きの目移り。

心理学の世界では、

『選択肢が多すぎると逆に選べない』

というものがあります。

 

まさにそれ。

 

「どうすんべ……」

普段はぜったいに出ない方言が口をついて出ます。

「あい~、なんとすんべ……」

そしたらね。あったんです。

一筋の光。

 

『羽後麦酒』。

 

秋田県は羽後町。

前年、別のイベントで飲んでその独特なフレーバーに驚かされた、あの『羽後麦酒』です。

 

では念の為、もう一度見出しを見てください。

 

“全国36社。80銘柄”

 

なぜなのか。

 

せめて他県だろ……。

 

いろいろ賛否があるであろう選択をし、少年のように踊る心で『ペールエール』を頼みました。

 

さっぱりとした後味は、万人受けすること間違いなしの『ペールエール』。

f:id:saruami33:20190818212954j:plain

羽後麦酒:ペールエール

若干の赤みに『アルト』と似た色合いを覚えつつ、鼻を近づけると香りはおだやか。

飲み口はさわやかで、後味が非常にサッパリしています。

「飲みやすい!」

後味に残るわずかな苦みがよく締めます。

これが本当にちょうどいい。

これ以上苦いと印象として残るけど、このくらいだから余韻で終わる。

前年、羽後麦酒にいだいた『独特さ』はなく、これは間違いなく『万人受け』する印象があります。

たしかにこれは、羽後麦酒の『入門酒』と呼べるのではないでしょうか。

 

というような感想を“ひとりで座って”“ひとりで感じていた”わけです。

「よし、これでイベントに参加したぞ。おっけーおっけー」

これでレポートが書けるだろうと、心の声がささやきます。

私はその声に納得して、帰ろうとしました。

ですが、ささやきには必ず『天使』と『悪魔』が宿るもの。

『悪魔』のいう『レポートが書けるじゃん』という声を塗りつぶすかのように、『天使』が言いました。

 

「チケットの購入は16:30までとなっておりまーす! まだ飲み足りないという方はお急ぎくださーい!」

 

ただいまの時刻は16:15。

やめろよ天使……その言葉は俺に効く。

 

飲みたりなさにイベントが終わってしまう寂しさに、体が動きます。

「チケット1枚ください」

せっかく全国のクラフトビールが集結しているのです。

何か。

何か。

行ってきた思い出が欲しい。

 

私はチケットを持って向かいました。

迷いは、ありませんでした。

 

「羽後麦酒のベルジャンホワイトの方ください」

 

ちょっと白濁。弾ける香りの『ベルジャンホワイト』。

f:id:saruami33:20190818215215j:plain

羽後麦酒:ベルジャンホワイト

おじさんの毛深い手でほとんどが隠れていますが、ちょっと白濁してますよね。

この濁りが、香り高いです。

鼻を近づけると、フワッと立ちのぼる華やかさ。

フルーティーと言って過言のない香りが、目の前のビールに集中させます。

 

口に含むと、広がり方が女性向き。

花火のような弾け方で、フルーティーさがよく広がります。

 

量を飲むなら間違いなくペールエール

程よい苦みの締めが、飲み飽きしない味わいを演出してくれています。

 

逆に、1杯を味わって飲みたいならベルジャンホワイトに一票。

一口が広がるので、口のなかで香りが楽しめます。

じっくり飲みたい1杯です。

 

いやー、全国のクラフトビールともなると個性的なものばかりですね!

さ、まとめに入りましょうか。

 

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

 

むかし飲んだ『羽後麦酒』の印象は、いまどう感じるのか。

 

というテーマがいま浮かんだのででお送りしてみました。

 

感じたのは、『若者に向いている』という印象。

軽快な苦み。

広がるフルーティさ。

スーパーやコンビニに並ぶ当たり前のビールにはない『個性』。

これは、ずっとビールを飲んできた世代よりも、これからの世代にこそ浸透するものなのではないでしょうか。

『ビールは苦い』

『ビールは女性向けではない』

きっと、そういった概念を取りさる一助となってくれるはずです。

 

問題は、飲める場所。買える場所。

そして、価格。

 

もっと手軽に、もっと気軽に飲めれば……。

 

難しいことだとわかっていても、やはりそこにたどり着いてしまいます。

一度に仕込める量は100リットル。

このままいくのか、増設するのかはまだわかりません。

それでも、『羽後町を元気に』という試みは少しずつ知名度を上げ、味への信頼度も増してきています。

これからもっともっと伸びる醸造元です。

ぜひ、この記事を読んでくれた方にも応援していただきたく思います。

 

それでは、今回はこの辺で。

みなさん、ここまで読んでいただきありがとうございます。

よい秋田への興味を。