あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

花立牧場公園のカフェがまさかのコラボ?いま、由利本荘市が熱い。

こんにちは、さるあみです。

 

以前、こんな記事を書きました。

saruami-sake.hatenablog.com

この記事のなかに『いま、由利本荘市が熱い』という項を設けて、こんな一文を書きました。

 

矢島町の花立牧場公園のカフェでは、『枝豆味噌』を使用したソフトクリームの販売を開始。

 

さらっと書いたのですが、枝豆味噌ってなんでしょうね?

日本酒も味噌も発酵文化のひとつです。

ちょっと探ってみましょう。

 

ということで今回は、花立牧場公園のカフェ『ジャージーハウス』についての記事になります。

どうぞお付き合いくださいませ。

 

由利本荘市の老舗みそ店『真坂糀味噌店』とのコラボのソフトクリーム(350円)

さっそく枝豆味噌について触れていきますね。

 

枝豆味噌とは、そのものズバリ、原料に枝豆と米をつかった味噌です。

大豆と枝豆の違いは、収穫の時期。

成熟したものが大豆、未成熟の青い状態で収穫したものが枝豆と呼ばれます。

つまり、大豆と枝豆は、植物としては同じなんですね。

もちろん枝豆に適した品種というものもあります。

秋田県はとくべつ枝豆の生産に力をいれているので、専用の品種が存在しています。

 

そんな秋田県の枝豆と、県産の米をつかって発酵させた『枝豆味噌』。

そこへさらに花立牧場のジャージー牛から採れた『濃厚なジャージーミルク』が加わるわけです。

 

醤油をつかったソフトクリームや、塩をつかったソフトクリームはよく見かけます。

ですが、味噌をつかったソフトクリームは珍しいですよね

いったいどんな味に仕上がっているのでしょうか。

 

販売開始は8/12と、非常に新しい商品です

まだ周りで食べた方はいないのはないでしょうか?

ぜひぜひ、新しいもの好きの方やソフトクリーム好きの方は、いち早く足を運んでみてくださいね。

 

というように新商品のご紹介をしましたが、ジャージーハウスの魅力は新商品だけではありませんよっ。

次の項では通年商品。

特に、牧場ならではの商品をご紹介しますね。

それではいってみましょう!

 

牧場といえばチーズでしょう。チーズトースト(400円)

ジャージーハウスは花立牧場の工房『ミルジー』に隣接。

ミルジー特製の新鮮なチーズを、トーストといっしょに楽しむことができます。

チーズ好きにはたまらないですよねっ。

こんがりと焼き目のついたチーズ。

立ちのぼる香ばしい香り。

これにコーヒーがあったら最高じゃないですか。

 

ナガハマコーヒーのコーヒー豆で淹れたブラックも良し。

ジャージーミルクで割ったラテも良し。

 

ブレンドコーヒーは300円。

ラテも350円とお買い得。

 

どちらも違って、どちらも合うこと間違いなしです。

コーヒーを淹れても1000円でおつりがくる、リーズナブルなセット。

こちらもぜひぜひオススメしたい逸品です。

 

そして、もうひとつオススメしたいのがこちら。

 

冷と温のマリアージュ。大人のためのアフォガード(380円)

濃厚なジャージーソフトナガハマのエスプレッソが出会ってしまったらもう大変。

冷と温がマッチング。

「デザートが欲しいけど甘すぎるのはちょっと……」

という、大人の女性に向けたデザートです。

 

ほろ苦さがウケて、いま注目を浴びているアフォガード。

どうせいただくのなら最高の原料でいただきたいですよね。

花立牧場ならそれが叶います。

 

牧場のアフォガード、楽しんでみてくださいね。

 

ジャージーハウスまとめ
  • 営業時間:10:00~16:00
  • 定休日:8月は火曜のみ
  • 定休日:9月以降は火曜、水曜
  • 住所:秋田県由利本荘市矢島町城内字花立96

 

おわりに

今回の記事はいかがだったでしょうか?

今回は、

  • 【新商品】濃厚ジャージーミルクの枝豆味噌ソフトクリーム(350円)
  • ミルジー特選チーズトースト(400円)
  • ほろにが大人のアフォガード(380円)

上記の3点。

枝豆味噌ソフトを中心に触れてみました。

 

最初に書いたように、いま由利本荘市が熱いです。

大人も子どもも楽しめる場所ができ、家族で訪れる理由も増えました。

県外の方はもちろん、市外の方にもおすすめしたい観光地となりつつあります。

今後も由利本荘市の情報は早め早めの発信をこころがけますので、お付き合いいただけると幸いです。

 

それでは今回はこの辺で。

みなさん、ここまで読んでいただきありがとうございます。

よい秋田での思い出を!