あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

ラベルの黄桜すいが可愛すぎる!地ビールではなくてご当地ビールのご紹介。

こんにちは、さるあみです。

 

みなさん、秋田のご当地キャラクターといえば超人ネイガーが有名ですよね。

 

ツイッターのフォロワーが9万人を超す、秋田の誇りです。

 

けど、ちょっと待ってください。

 

ネイガーは、いわばご当地“特撮”キャラ。

世の子どもたちの目に輝きを与えてくれるヒーローです。

『おらがだのヒーローアカデミア』があれば、間違いなく主人公。

 

それならヒロインは?

「秋田のご当地キャラクターに“萌え”キャラっていないの?」

って思いますよね。

 

います。

いるんです。

とびきりかわいい萌えキャラが。

 

黄桜すい。

 

(※画像は諸事情により用意できませんでした……代わりにリンクを貼っておきます)

 

いまをときめく由利本荘市。東由利地区。

水と大地の里の良さを知ってもらうために。また、地域おこしのために黄桜すいは生まれました。

いろいろと「良くない方向』での話題が尽きない秋田県です。

なんとかして故郷を盛り上げたい。

その地元愛が輪となり、やがてプロのイラストレーターに届き、実現に至ったのです。

 

YouTubeチャンネルも存在し、秋田出身のラッパー「羅漢」氏ともコラボしており、活躍は多岐にわたります。

 

ですが、ここは酒ブログ。

なぜ『黄桜すい』に触れたのか。

その理由はもちろん、お酒に関連しております。

 

『ボツメキビール 黄桜すいラベル』

 

秋田の地ビールといえば田沢湖ビール、あくらビールのどちらか。

次点で、羽後麦酒でしょうか。

いずれにせよ、挙がるのはこの3つなのではないかと思います。

ですが、秋田の地ビールはそれだけではないんです。

 

ご当地で買ってこそ価値がある。

 

道の駅『東由利』。別名『黄桜の里』。

この、水と大地の美しき里にある『黄桜温泉 湯楽里』にて、ボツメキビールは買えます。

 

ボツメキ。

 

「そもそもボツメキビールのボツメキってなに?」

 

と思いますよね。

県民ですらあまり馴染みのない言葉です。

 

実はボツメキとは、この地ビールに使用された湧き水。

“ボツメキ湧き水”からとったものなんです。

東由利地区にある八塩山にこんこんと湧き出る水の名が“ボツメキ湧き水”。

 

その名の由来には、秋田弁が関わっているようです。

 

ぼつぼつと水が湧く様を秋田弁では『ぼつぼつめぐ』といいます。

それが短くなって、『ボツメキ』。

もともとの表現の『ぼつぼつ』という言葉になじみがないので、なんだか不思議な感じがしますね。

 

さて、そんなボツメキビールなのですが、実は全国酒類コンクールにおいて全国3位の実績があるんです。

ビールの種類としては、日本人になじみ深いピルスナータイプ。

他にはない『一升瓶』での販売もしており、大人数でも楽しめる仕様です。

 

さらにおもしろいのが、湧き水の成分の影響をもろに受けるため、つくられた年によって味に違いが生まれます。

ビール好きなら、その小さな違いに気づいて楽しめるかもしれませんよ。

 

黄桜すいのラベルを目で楽しんで、ビールを舌で楽しむ。

飲んだあとのボトルは飾るも良し。

楽しみ方は人それぞれですから。

 

いま、由利本荘市が熱い。

秋田の酒業界においてはいま、由利本荘市が熱いです。

 

NHKプロフェッショナル仕事の流儀にて取り上げられた雪の茅舎。

そして、同蔵元が開業した『カフェ・ショップ 発酵小路 田屋』の影響もあり、足を運ぶ方が増えました。

 

 

さらに昨年7月にオープンした『木のおもちゃ美術館』は、来館者10万人を達成。

 

さらにさらに、矢島町の花立牧場のカフェでは、「枝豆味噌」を使用したソフトクリームが販売開始。

 

新しい試みの数々がメディアに取り上げられ、いま由利本荘市が盛り上がっています。

観光地としての側面がもっと知れ渡ってくれれば、秋田に『住む人』も増えてくれるのではないでしょうか。

そして、『離れる人』も減ってくれるのではないかと思います。

 

おわりに

今回の記事はいかがだったでしょうか?

 

  • ご当地萌キャラ『黄桜すい』
  • ご当地ビール『ボツメキビール』

 

この2点を中心にご紹介してみました。

 

秋田にはまだまだ地元消費のお酒が眠っています。

そういったものを“お酒に限らず”紹介して、地域おこしの一助となれれば幸いです。

 

それでは今回はこのへんで。

みなさん、ここまで読んでいただきありがとうございます。

よい秋田での思い出を!