あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

田沢湖ビールの通販なら47CLUB。イチオシはやっぱり飲み比べセットだ。

こんばんは、さるあみです。

 

秋田の酒といえば日本酒のイメージが強いですよね。

でも、忘れてはいけないお酒があります。

それは地ビール

クラフトビールというジャンルで知られ、47CLUBでも根強い人気を誇っています。

 

なかでも『田沢湖ビール』はぜったいに外せません。

なぜなら、秋田で最初のクラフトビールだから。

 

というわけで今回は、『田沢湖ビール』について触れていきます。

飲み比べセットに触れながら銘柄ごとの違いをお伝えしていくので、ビール選びの参考にしてくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

田沢湖ビールってどれがいちばん美味しいの?

田沢湖ビール対してこう思われている方いませんか?

 

「高いから失敗したくないなあ」

 

ものすごく気持ちがわかります。

 

買おうとすれば1本500円以上。

お店で飲めば800円はするビールです。

 

どうせ飲むなら外したくない。

どうせ贈るなら美味いと自信をもって言えるものがいい。

 

その気持ちに答えるため、結論から言わせてもらいます。

 

『うまい不味いは好みです』

 

いや、違う。違うんです。

嗜好品ゆえに、好みが分かれるのは仕方のないことなんです。

私は黒ビールが苦手ですが、スーパーで酒担当者だったころはよく聞かれました。

 

「黒ビールって置いてないの?」

 

そうなんです。

私が嫌いなものは、あなたが好きかもしれない。

あなたが嫌いなものは、私が好きかもしれない。

嗜好品ってそういうものなんです。

ぜったいに外さない嗜好品なんてないんです。

 

だからこそ、こちらを推したい。

ずどん。

 

出典:47CLUB

 

相手の好みがわからないときは、飲み比べセットがおすすめです。

ラインナップはこちら。

 

  • アルト……ルビーのような色合い。爽やかな苦みで一番人気。
  • ケルシュ……華やかな香りで、トゲがなく飲みやすい。
  • ピルスナー……日本人には一番なじみのある味わい。
  • ヴァイツェン……フルーティな味わいで、ちょっと濁りがある。
  • ブナの森……ぶなの樹の天然酵母で仕込まれた、女性に人気の1本。
  • 桜こまち……桜の天然酵母で仕込まれた、華やかな香りでドライな1本。

 

どれも違って、どれもいい。

誰かにとって、どれかが一番美味しいと感じる。

これが見出しの答えとなります。

さらに飲み比べセットの利点として、もうひとつ大事なものがあります。

 

それは、会話です。

 

「この前もらったビールの赤いやつ美味かった~!」

「けど、緑のはちょっと合わなかったわ」

「ビールってどれも似たようなものだと思ってたけど違うもんだね」

 

といったように、話のタネになるんです。

これがスーパードライセットだと会話は一言。

 

「今年もありがとう」

 

確かに私も、お客様の『ありがとうの一言』のためにがんばっている時期があったのでわかります。

その一言で十分なんです。

 

ですが、どうせなら笑顔だけじゃなく、話にも花が咲いてほしいではありませんか。

贈った側もうれしくなる。

どちらも笑顔でいられる。

田沢湖ビールにはそれを可能とするチカラがあります。

 

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

地ビール』『田沢湖』『なまはげ』、どれもが秋田を象徴する単語です。

 

秋田の地ビールには「あくらビール」「羽後麦酒」などがありますが、やはり原点はこの『田沢湖ビール』。

種類も豊富で、いくつかは世界的なコンテストで賞を獲得しています。

 

昔は地ビールといえば『癖のあるもの』として、あまり好まれていなかったように思います。

ですが今は違います。

うまいがそこにあるんです。

 

田沢湖ビールは、自信をもって贈り出せる逸品です。

あなたのビール選びにぜひどうぞ。

 

それでは、今回はこの辺で。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

田沢湖ビールのレビューはこちらから

 

www.saruami-sake.work