あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

『発酵小路 田屋』まで来たならおすすめしたい!由利本荘市を代表する蔵元4選。

 こんにちは、さるあみです。

 

先日、由利本荘市の齋彌酒造。

雪の茅舎で有名なあの齋彌酒造が、古民家を改装してカフェをオープンしたという記事を書きました。

 

saruami-sake.hatenablog.com

 

こちらに興味がある方は多数いるかと思います。

なにせ、NHKで取り上げられたあの齋彌酒造です。

発酵文化の新拠点として浸透していけば、今後まちがいなく賑わいを見せるカフェ・ショップになるはずです。

 

さて、そんな『発酵小路 田屋』に行きたい。行こう。という方に質問です。

 

「せっかく由利本荘までいくなら他にも酒蔵ってないのかな?」

「他にも由利本荘の銘柄ってないのかな?」

 

そんな風に思いませんでしたか?

実は、あるんです。

由利本荘市には、魅力的な酒蔵が4つ。

地元民に愛される古豪から、世界に羽ばたく気鋭まで、幅広い酒蔵があります。

今回はその魅力的な4つの蔵を、代表銘柄とともにご紹介していきますね。

 

まずは当然! 田屋にいくなら外せない、雪の茅舎でおなじみ齋彌酒造。

こちらはもう言わずもがな。冒頭で紹介し、さらにこの記事を生むきっかけとなった蔵元です。

平成に入ってからの全国新酒鑑評会において、金賞受賞は19回。

これは秋田県トップの成績です。

代表銘柄は、由利正宗、雪の茅舎、美酒の設計。

由利正宗は地元のみならず、秋田市内のスーパーでも当たり前にみかける、県民に愛されている1本です。

特に老舗の居酒屋なんかでは昔から扱われており、普段遣いの日本酒として楽しまれてきました。

雪の茅舎は言わずもがな。

先日行われたIWC2019【インターナショナル・ワイン・チャレンジ】において、優れた成績をのこした代表銘柄です。

【シルバーメダル】

【ブロンズメダル】

  • 雪の茅舎 秘伝山廃
  • 雪の茅舎 聴雪

saruami-sake.hatenablog.com

もはや名実ともに、秋田を代表する日本酒となりましたね。

世界でも評価されてきていて、『どこでも飲める秋田の日本酒』から『世界中のどこでも飲める秋田の日本酒』となる日も遠くないのかもしれません。

 

そして美酒の設計。

黒田庄産の山田錦と、秋田が誇るベテラン杜氏である高橋藤一氏が生むもうひとつの代表銘柄です。

「櫂入れしない、濾過しない、加水しない」

この「三ない造り」が生むのは、まさに美酒。

酒造りは自然と出てくるものを待つのが基本、という杜氏の言葉がそのまま日本酒になっております。

 

■アクセス

住所 秋田県由利本荘市石脇字石脇53

見学 現在休止中。

TEL 0184-22-0536

 

秋田が誇る『鳥海山』。登らず飲もう、天寿酒造。

矢島地区にある天寿酒造。

その創業はなんと1874年と古い。

代表銘柄は、天寿、鳥海山

「酒造りは米作りから」の精神で早期から米作りに取り組み、自社栽培の美山錦、秋田酒こまちを使用した日本酒が好評です。

 

鳥海山の伏流水でかもす日本酒は、日本国内だけでなく世界での評価も高まっています。

先日行われたIWC2019【インターナショナル・ワイン・チャレンジ】において、好成績を収めました。

【ブロンズメダル】

 

このラインナップの何がうれしいって、我々にとってはスーパーでおなじみの2本が受賞したことです。

『清澄辛口 本醸造 鳥海山』と『精撰 天寿』。

これらは本当に当たり前に飲まれていて、老舗の居酒屋でなくとも取り扱っていたりします。

そして、味は評価のとおり美味いです。

さらにさらに!

大変お買い得で、肩肘はらずに飲める素晴らしい日本酒となっております。

 

■アクセス

住所 秋田県由利本荘市矢島町城内字八森下117

見学 7日前まで要予約。仕込み期間以外は土日休み。

TEL 0184-55-3165

 

秋田流花酵母で全国新酒鑑評会常連に! 早期からアメリカにも進出した、秋田誉酒造。

その創業は1944年。

70年以上に渡って地元民に愛され続けてきた古豪です。

代表銘柄は、秋田誉、秋田美人。

秋田流花酵母【AK-1】を使用することで鑑評会の常連となり、2000年代にはいち早く全米進出。

2001、2002、2003年には全米日本酒歓評会において金賞を受賞しています。

 

仕込み水は、天寿酒造と同じく鳥海山の伏流水。

なんと、600mものパイプを用いて使用しています。

古酒や原酒にも力を入れており、十年秘蔵酒十五年貯蔵酒大吟醸など、マニアにはたまらないラインナップをそろえているのも特徴です。

 

■アクセス

住所 秋田県由利本荘市砂子下3

見学 事前問い合わせ

TEL 0184-22-5231

 

『出羽の冨士』の麓にある、地元に愛され続ける佐藤酒造。

創業は驚きの1907年。

地元矢島町に愛される古豪の中の古豪です。

代表銘柄は、出羽の冨士。

『出羽の国』の『鳥海山』を詠んだ、美しい銘柄です。

最新の器具が導入される秋田の酒蔵のなかでも、佐藤酒造の随所には古くから使われてきた器具の数々が。

丁寧に手入れをされて大事に使われてきた器具たちは、まさに蔵の歴史そのものを表します。

 

仕込み水は、もちろん“出羽の冨士”の伏流水。

地元での消費がほとんどだという同地酒は、秋田市内ですらなかなか手に入りません。

知る人ぞ知る銘酒。

幻の銘酒、なんて言葉は、まさに出羽の冨士のためにあるのかもしれませんね。

 

■アクセス

住所 秋田県由利本荘市矢島町七日町26

見学 事前問い合わせ

TEL 0184-55-3010

 

まとめ

私自身、書いてて思ったのは『秋田っていいなぁ』です。

全国に認められた日本酒、世界に羽ばたいた日本酒、地元のためにある日本酒、そのどれもが美しくて尊い

売ることだけが目的ではなく、ただ必要とされる日本酒をつくりだす。

そんな地元愛を感じました。

言葉を重ねますが、本当に美しくて、尊い

守るべきものがなんなのか、蔵元の色がよく出ています。

 

最後に、

東由利地区には地ビールというよりは『ご当地ビール』と呼べる1本があります。

興味のある方はこちらもどうぞです。

saruami-sake.hatenablog.com

 

それでは、今回はこの辺で。

この記事が、誰かが由利本荘にいらした際の参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

みなさん、よい晩酌を!