あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

【IWC2019速報】秋田の日本酒の結果はどうだった?全メダル、まとめました!【インターナショナル・ワイン・チャレンジ】

こんばんは、さるあみです。

 

今年4月にロンドンで行われた権威あるワインコンペ、『インターナショナル・ワイン・チャレンジ2019(通称IWC)』(以下IWC)。

ワインコンペと聞くと、日本酒業界は無関係な気がします。

ですが、2007年。設けられたんです。

 

SAKE部門。

 

世界でもっとも大きな影響力をもつワインコンペにSAKE部門となれば、求められるのは『外国人にも口にも合う日本酒』。

海外で戦える日本酒です。

これからを担う日本酒として、SAKEとして引っ張っていく日本酒となります。

 

今回、参加したの432社。銘柄の総数はおどろきの1500銘柄!

審査結果上位に与えられる称号は『ゴールドメダル』『シルバーメダル』『ブロンズメダル』『大会推奨酒』となっています。

そして、『ゴールドメダル』を獲得した日本酒の中で特に優れているものに『トロフィー』が贈られ、

さらに、『トロフィー獲得酒』の中から特に優れた1本。

この1本が、栄えある『チャンピオン・サケ』の称号を得ることになります。

 

はたして、秋田県はどういう結果になったのか。

ここからはひたすら秋田県に絞ってお送りします。

ゴールドメダルは6銘柄。トロフィー獲得は純米大吟醸の部で、鈴木酒造『秀よし 純米大吟醸』でした。

1500銘柄のうち、ゴールドメダルの受賞は95銘柄。

47都道府県で割ると、もし均等なら2銘柄ていどの割合となります。

そんななかで秋田県は6銘柄!

これはうれしい結果ですよねっ!

 

では、まずは6銘柄のリストからいきます。

☆ゴールドメダル6銘柄

 

純米酒の部からは“天の戸”が。

純米吟醸の部からは“まんさくの花”と“太平山”が選出されました。

純米大吟醸の部からは“しみずの舞”“刈穂”“秀よし”が選出され、秀よしはその中でも特に優れた日本酒ということで『トロフィー受賞酒』となります。

 

シルバーメダルはなんと11銘柄!普通酒の部では爛漫パックが好評価。

まずは11銘柄のリストから。

☆シルバーメダル11銘柄

  • 北鹿酒造『北鹿 純米酒 生もと』
  • 木村酒造『純米辛口 福小町』
  • 齋彌酒造『雪の茅舎 純米吟醸
  • 木村酒造『純米大吟醸 福小町』
  • 飛良泉本舗『飛良泉 山廃本醸造
  • 齋彌酒造『雪の茅舎 花朝月夕』
  • 鈴木酒造『秀よし 大吟醸
  • 鈴木酒造『秀よし 大吟醸 松右衛門』
  • 浅舞酒造『天の戸 貴醸酒 貴樽』
  • 金紋秋田『山吹10年 角ボトル』
  • 秋田銘醸『美酒爛漫 美酒パック』

 

という結果になりました。

順当な結果かなーと思いつつ、やはり目をひくのは『山吹10年角ボトル』『美酒爛漫 美酒パック』ですね。

古酒の部と普通酒の部ということで、それらの部門があることも少し意外でした。

 

金紋秋田はすっかり『古酒』に定評ができましたね。

梅酒といい、熟成に力をいれたオンリーワンの蔵になりつつあります。

そして美酒パック。

こちらは以前、“全国燗酒コンテスト”のお値打ち熱燗部門で“最高金賞”を受賞しています。

普通酒としては快挙なんじゃないでしょうか。

これからも不思議と目が離せないパック酒です。

 

ブロンズメダルは18銘柄!やっぱり秋田は地力が高い!

まずは18銘柄のリストから。

☆ブロンズメダル18銘柄

 

という結果になりました。

個人的には『やまとしずく山廃純米酒』が評価されたことが嬉しくてたまりません。

他にも、“kuramaster"ではプラチナを受賞した『純米吟醸 福小町』がいたり、あの『天巧20』が食い込んでいたり、おもしろい結果になっていますね。

 

まとめ

全体的な傾向から見て、やはり日本と海外では好みが違うのだろうなと感じます。

バランスの良さよりも、味わいの深さ。

軽やかさよりもジューシーさ。

控えめな香りよりも華やかな香り。

日本と真逆とまではいきませんが、選ばれた日本酒のラインナップを見ると上記の3つは重要視されているように思いました。

秋田では売れたお酒が、イギリスでは受けない。

もしかしたら、そんな苦労があるのではないでしょうか。

 

それでは、今回はIWC2019の結果が出たということで、急ぎで記事にしてみました。

ここまで読んでくれてありがとうございます。

みなさん、よい晩酌を!