あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

【衝撃】女性は『飲みすぎ』な日々を10年つづけるだけでアルコール依存症になる恐れが!?

こんばんは、さるあみです。

生きてはいるけどしんでないだけ~な状態が続いております。

むーん、困った! 飲めない!

 

とはいえ、ここ一週間近くを飲まずに過ごしてきて、苛立つこともなければ、手が震えることも会いたくて震えることもありませんでした。

よかった……依存症じゃないぜ!

 

そもそも、アルコール依存症の境界線ってどこなんでしょう。

ちょっと調べてみました。

 

ズバリ、アルコール依存症とは、長年の習慣がもたらす病気なのだそうです。

いわゆる『飲みすぎ』が続くと、男性で20年、女性は10年ほどで依存症に陥る可能性があるらしいです。

女性は10年ほど……ってあっという間じゃないですか。

20歳から溺れるように飲んだら、30歳で発症する可能性がでてくると考えると恐ろしいですね。

じゃあ、『飲みすぎ』の基準ってどこなんでしょう?

人によっては異常に強い人もいれば弱い人もいます。ここに基準なんてあるのでしょうか。

……ありました。

 

厚生労働省が推進する『節度ある適度な飲酒』は、壮年の男性で一日あたりの純アルコール量が20g以下。

これは、ビールなら500ml、日本酒1合弱、25度の焼酎で100ml、ワイン2杯に相当します。

そして、一日の飲酒量がこの3倍になると『飲みすぎ』。アルコール依存症になるリスクが高まるんだそうです。

ちょ、ちょっとまって!! 日本酒2合半って……あっという間やん……。

 

お、このお酒うまいっ!! ぐびっ、ぷはー。飲みすぎです。そんな馬鹿な。

 

といった具合に、あれよあれよという間に飲みすぎを迎えてしまいます。

けど、不思議なもので。

日本酒で計算しているからあっという間に感じますが、他のお酒で考えるとまた違った見方ができます。

 

ビール500ml缶3本。……多いなぁ。

25度の焼酎300ml。……多い、これは多い。

ワイン6杯。……むり。飲めない。

 

さすが嗜好品です。

ビールは1杯で充分。焼酎は友人から一口もらうだけ。ワインは苦手で一切飲まない。

そんな私の感じ方はこんな感じでした。

みなさんも、好みによって感じ方がさまざまだと思います。

好きだからといって飲みすぎる生活をしていると、いつか手痛いしっぺ返しをくらうことになりかねません。

適量をまもって、休肝日を設けて、酒飲みとして生涯原液……ではなく生涯現役を貫きましょうね。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます!!

よい晩酌と、よい付き合い方を!