あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

ウイスキーでアルコール消毒!?無理です。

こんばんは、さるあみです。

 

飲めない日々が続いておりますが、ついに風邪をひいてしまいました。

20代の頃なら、間違いなく『アルコール消毒』と言ってウイスキーを嗜んでいたはずです。

が。

しかし。

But!!

私ももう大人です。禁酒です。いま治さないと、来週以降につめこんだお花見の予定がパーになってしまいます!

なぜ3件も入れたのか……。

しかも、開花予想日の前日に1件いれてしまいました。

なにも咲いていない千秋公園。人もまばらで、店もなし。

ですが、そう。

千秋公園には松がある。

青々とした松があるんです。

まつりの『まつ』は『松の木』の『松』。

『松』の『理(ことわり)』と書いて松理。この語感のわるさと字面のセンスよ!

スベるにしてももっとキレイにスベりたいものです!!

 

というわけで、私はお松見に行かなければなりません。

それまでには治さないといけません。

ここで最初の話に戻ります。

『アルコール消毒』

はたして、ウイスキー程度の度数が消毒になるのか!!

 

調べてみました。

 

結果は……ダメッッ!!

 

ですよねーといった結果です。

医者の用いる消毒用のアルコール。その度数は70%ほど。

この濃度がいちばん殺菌効果を発揮するんだそうです。

 

ちょっとまって!

それなら、バルカンウォッカスピリタスならいけるでしょ!! と思われた方もいるかもしれません。

が、これもダメッッ。

唾液と混ざることで度数が下がる。それに加えて、患部を一瞬でとおりすぎてしまうこともダメな要因らしいです。

ということは当然、日本酒もダメか……。

『甘酒だから!ほぼ甘酒みたいなものだから!』なんて言い訳も苦しいですしね。

 

ここは黙って静養して、来週にそなえるとします。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます!

みなさんはよい晩酌を!!