あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

飲めない日をポジティブに。休肝日のすすめ。

こんばんは、さるあみです。

 

現在、重度の金欠に悩まされており、なかなか思うように日本酒のレビューができていない状況にあります。

季節感のあふれる日本酒が毎週のように発売されるなか、もどかしい気持ちに苦しむ日々です。

 

いまのように日本酒の感想を書くようになって一年。

飲まなきゃ……感想が書けない!

更新が滞ったら習慣化もできない。また中途半端でやめるのか。

そんな強迫観念に襲われることもありました。

が。

しかし。

But!

飲まなきゃ。ではなく、あくまで飲みたい。

それが、楽しんで感想を書くための必須条件だと思います。

義務感で飲めば感想は平坦なものとなり、脂が乗りません。生きた感想ではなくなってしまいますから。

 

だから、楽しもう。

飲めない日すら楽しもう。

飲めないことすらネタにしてしまえばいいじゃないか。

それを果たして前向きというのかはさておき、休肝日はあって損なしです。むしろ、長期的に飲んで発信していきたいのなら必須ッッ!!

 

沈黙の臓器『肝臓』

 

どんなにコミュ障な酒飲みでも、彼とだけは対話しなければなりません。

大人になれば、彼の存在の大きさに気づきます。

実際に存在が肥大化することもありますが、それは重大な病気です。通院しましょう。

 

そんな肝臓が、わたしたちの内側でどれほど頑張ってるかご存知ですか?

 

体重によっても変わってきますが、日本酒1合のアルコールを分解するのに約3時間かかるんだそうです。

たった1合の日本酒に3時間。飲み過ぎの基準がなんとなく見えてきそうですね。

さらに、嗜好品には依存という恐怖があります。

なんとなく毎日飲んでいる……それが依存の入口になりかねません。

それゆえに休肝日。これが『心』と『身』にいい。とてもいいのです。

わたしも含めて、みなさん、肝臓にとってのブラック企業になっていませんか?

 

長い付き合いになります。

肝臓にもおやすみを。

 

ということで、いまは酷使してきた友に休んでもらう時間だと思って、雑記ブログ更新です 笑

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます!!

よい晩酌と、よい休肝日で、健康寿命を延ばしましょ~っ!