あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【由利正宗】の評価・レビュー:侮るなかれのコスパ酒。価格と質のバランスに驚け!

 

こんばんは、さるあみです。

 

『雪の茅舎』『美酒の設計』で有名な齋彌酒造店に、知られざる普通酒があるのをご存じでしょうか?

名を、『由利正宗』。

一升瓶とカップで展開する、スーパーでも買えるコスパ酒です。

 

今回は、そんな『由利正宗』を実際に買ってみたので、どんなお酒でどんな味わいに感じたのかをお伝えしていきます。

さくさくっと読める記事ですので、肩ひじ張らずに最後まで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってみましょう。

この驚きを、あなたにも。

 

 

『由利正宗』ってどんな日本酒?

『由利正宗』は、齋彌酒造店の公式サイトにも載っていない、情報のない普通酒です。

展開は、確認できているもので一升瓶とカップのみ。

四合瓶はありません。

 

また、普通酒と括ってこそいますが、驚くなかれ。

『糖類無添加

酸味料のたぐいも入っていません。

そのため、本醸造と括ってもよいのではないかと思うほど、特定名称酒に負けない品質でできている1本なんです。

 

さらに価格。

こちらも驚くなかれの2,000円切りです。

一升で1,500円台という、驚きのコストパフォーマンスを見せてくれます。

 

となると、心配なのは味ですよね。

古来より日本には、『安かろう悪かろう』という言葉があります。

日本酒も例外ではありません。

安い酒にはそれなりのリスクが伴います。

『高くておいしい』は当たり前ですが、『安くておいしい』は探さなければ出会えませんから。

 

とはいえ、『由利正宗』は齋彌酒造店。

あの齋彌酒造店のつくる1本です。

必要以上の期待がかかります。

きっと、あなたもそうなのではないでしょうか。

 

「あの雪の茅舎の蔵元だから」

「あの有名な杜氏さんがいるから」

 

そんな思いがあって、今ここにいるのだと思います。

私もずっと気になっていました。

そしてついに、飲む機会が訪れたのです。

早速、味の感想に移りましょう。

 

『由利正宗』の感想は?

『由利正宗』の味わいをひとことで表すとすればこうなります。

 

“これはこれでいい。だからいい。”

 

香りは穏やかで静かな波。

味わいからは、にごった透明感をおぼえます。

 

「にごった透明感? 矛盾してない?」

 

と思われたかもしれません。

ところがどっこい。飲めばそう表現したくなるんです。

ジリジリとした雑味はあるけど、質が良いのかクセが少ない。

にごった味わいなのに、どこかクリアー。

静かなうまみが、大きく主張せずに流れます。

 

余韻になるのは、酸とちいさなアルコール感。

やや雑な酸味と、ツンとしたアルコール感が舌に残ります。

 

甘口か辛口かで答えるのなら、『うまくち』です。

甘すぎず、かといって辛くはない。

偏りのないうまみが、どんな食事にも寄り添ってくれます。

なので、

 

“とりあえず、由利正宗”

 

これで日々の晩酌が落ちつきます。

 

というのも、『フルーティーさゴリゴリの純米吟醸』や『若さ溢れる純米酒』って、料理を喰ってしまうことがありますよね。

香りが強すぎたり、口のなかで鮮やかすぎたり。

 

バナナやリンゴの香りでご飯は進みません。

メロンのようなうまみもそうです。

フルーティーさは、時に食事の邪魔になりかねないんです。

 

もちろん、それぞれに味わいに合った料理はあります。

ですが、誰もがそれを意識して料理するかといえばNOですよね。

家族と過ごしていれば出されたものを食べますし、ひとりならテイクアウトだってあり得ます。

 

だからこそ、1本あってもいい。

『由利正宗』は、とりあえず置いておける1本と言えます。

 

そしてこれは内緒にして欲しいのですが、

 

“料理酒にすると料理がワンランクアップします”

 

「もったいない!!」

「ありえない!」

 

という声が聴こえてきそうですが、日本酒は自由。

 

由利正宗でつくった料理を、由利正宗で流しこむ。

この一体感は、知って損はありません。

 

一升瓶が720mlとならぶ価格だからこそできる、おうち時間のちょっとした贅沢です。

強くおすすめはしないですが、飲みきれないときは選択肢に入れてみてくださいね。

 

『由利正宗』の商品情報

  • 原材料名:米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール
  • アルコール分:15度

 

まとめ:『由利正宗 精撰』は、侮るなかれのコスパ酒。財布を傷めず晩酌しよう。

やっぱり普通酒ということもあり、輝きのある感想は出てきませんでしたね。

ですが、それがいいんです。

日々の晩酌に求めるのは『輝き』だけではないはずですから。

 

大きな感想はないし、ちいさな不満はあるけども、これはこれでいい。

 

『由利正宗 精選』は、無理のない味わいです。

お父さんやおじいちゃんと。

また、自分のためのストックとして。

さまざまな買い方をしてみてはいかがでしょうか。

 

とはいえ、やっぱり一升を買うのって怖いですよね。

そんなときはカップ酒からいきましょう。

カップ酒なら一合サイズなので、試すにはもってこいです。

 

ぜひぜひ一度、試してみてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

本醸造ならもっと上質なうまみが楽しめます。

こちらもばつぐんな寄り添い具合なので、「普通酒はやっぱりちょっと……」という方はぜひこちらを。

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work