あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

雪の茅舎の上ゆく評価。美酒の設計は杜氏の理想が形になった一本だ。

こんにちは、さるあみです。

 

秋田市山王において、地酒を楽しめる居酒屋といえば間違いなくここ。

『戸隠』です。

NEXT5の日本酒も豊富にあり、まさに秋田の台所。

県外ならず、県内のファンも多い居酒屋です。

 

そんな『戸隠』で、見つけてしまいました。

よもや。

まさか。

これが飲めるとは。

 

『美酒の設計』

 

雪の茅舎で有名な齋彌酒造が誇る、もうひとつの傑作。

高橋藤一杜氏、渾身の一本。

ついに飲むことができました。

 

ということで今回は、『美酒の設計』のレビュー記事となります。

どうぞお付き合いくださいませ。

f:id:saruami33:20190816142306j:plain

美酒の設計と麻辣味噌のピリ辛きゅうり

 

『櫂入れしない・加水しない・ろ過しない』の3ないづくり

「3ないづくり」という原点手法でありながら、どこか忘れ去られた手法。

 

『酒造りは、自然に出てくるのを待つのが基本であり、人の手で造るものではない』

 

という、高橋藤一杜氏の意志が生んだ一本。

それが『美酒の設計』です。

 

香りは華やかですが、主張はおだやか。

口あたりはやわらかく、ただ、軽さはありません。

しっかり濃くて、しっかりコクがあります。

辛さよりも甘さ。

甘さがよく引き出されているのに、抜けるときはスッと抜けていきます。

 

『3ないづくり』という選択がコクを生んでいるのに、暴れることなくまとまっている質の高さ。

クリアーな味わいなのに、濃い。

「ああ、俺いま、うまい日本酒を飲んでいるな」

という実感をともない、おもわず唸る味わいです。

 

甘みと濃さ。コク。抜け感の良さ。

舌でつぶして伸ばしたときの伸びの良さ。

どれもが『雪の茅舎』の一個上をいっています。

『花朝月夕』と比べても、55%精米の『美酒の設計』のほうがうまみに強さがあります。

 

人によっていちばんに挙げたい感想は異なるかと思います。

私が『美酒の設計』を一言で表すとすればこの言葉になります。

 

“濃い”

 

濃厚さこそが、3ないづくりの生んだ結晶なのではないでしょうか。

濃厚さを重く感じさせない力。バランス。

そこに、伝説とすら言われる高橋藤一杜氏の腕をみた気がします。

 

『美酒の設計 純米吟醸 火入れ』

 

おわりに

今回の記事はいかがだったでしょうか?

 

齋彌酒造=雪の茅舎

 

というイメージは強いと思います。

ですが、忘れてはいけないのが『美酒の設計』。

飲んだら忘れられないのが『美酒の設計』です。

 

自然にまかせた造り方により気付かされます。

「日本酒ってこうだよなぁ」と。

どこか懐かしさを感じる一本に、深い伝統を感じます。

 

そんな『美酒の設計』ですが、販売は特約店のみ。

楽天amazonでは買うことができません。

ですが、特約店である“北秋田市の佐金酒店”さんのオンラインショップで購入可能です。

秋田の地酒を多数取り揃えている酒屋さんなので、どうぞ一度サイトのほうを覗いてみてくださいね。

 

※雪の茅舎のみのレビューもあります。

saruami-sake.hatenablog.com

 

それでは、短いですが今回はこの辺で。

みなさん、ここまで読んでいただきありがとうございます。

よい秋田の思い出を!