あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

齋彌酒造『雪の茅舎 純米吟醸』、飲んでみました!

f:id:saruami33:20190305010439j:plain
f:id:saruami33:20190305010506j:plain

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にて齋彌酒造の高橋杜氏が登場するらしく、ここはこれしかないでしょう! さるあみです。

 

まずはラベル情報から。

・アルコール分 16度

・原材料名 米(国産)、米麹(国産米)

精米歩合 55%

 

■飲んでみて。

 

水風船を落として割ったかのような、味の広がり。

ミニトマトを噛んだときのような、はじける感覚。

 

とにかく濃厚なうまみが、舌全体に一気に広がります。

どぶん、と濃厚に舌を覆うんです。

そして、たしかに感じる強いアルコール感。一杯目に飲むと感じやすい強さがあります。

けど、舌が飲みなれてくると不思議なもので! 辛さが際立ち、ジューシーさの中にあったアルコール感がうすれていきます。

飲みやすさが前面に押し出されて、すーいすいっ。

55%まで磨かれて雑味をなくしたなかで、この大きなうまみ。

……おいしいなぁ。

秋田のお酒には、スッキリなだけじゃないうまさがあります。

 

■こんな人におすすめ。

・飲みやすいより『うまみ』を優先される人

・透明感のある日本酒がすきな人

・ネーミングに惹かれた人

・高橋藤一杜氏の一本を飲んでみたい人

・だれにでも

 

こちらの純米吟醸は通年商品で、秋田県内であればどこででも買えてしまいます。

ごいっしょに山廃純米、本醸造なんかも買って飲みくらべると、違いがみえておもしろいですよ!

※比べてみました。

saruami-sake.hatenablog.com

それでは、よい晩酌を!

 

雪の茅舎 純米吟醸 (秋田) 720ML 1本

雪の茅舎 純米吟醸 (秋田) 720ML 1本