あきたさけ!

秋田に生まれて33年。もっと知られてほしい秋田を発信します!

【ゆきの美人 純米吟醸 雄町】の感想・評価:1杯の満足度が高いのに飲み足りない!これがオマチストの入口か……

ゆきの美人 純米吟醸 雄町の感想・評価

「生活費で手一杯なので、1杯で満足できる日本酒を探している」

「ぶっちゃけ雄町ってどうなの?」

 

本記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

こんばんは、さるあみです。

 

今回は、『ゆきの美人 純米吟醸 雄町』をご紹介していきます。

 

酒米にもいろいろな種類がありますが、雄町が有名になったのは割と最近。

ハマる人はとことんハマるらしいですし、食の情報誌なんかでも特集が組まれるほどになりました。

ところが実はこの筆者、いまのいままで雄町を飲んだことがなかったんです。

理由はカンタン。

スーパーになかったからです。

雄町という酒米に手を出しているのは、ちょっとハイブランドな酒造が多いんですよね。

だから、酒屋を利用しない人間にとっては馴染みのない酒米ともいえます。

 

さて、ここからが本題です。

 

「ぶっちゃけ、雄町ってどうなんでしょう?」

 

本当に特集が組まれるだけの価値があるのか。

山田錦、五百万石、美山錦、秋田酒こまちではダメなんでしょうか。

代わりはきかないのでしょうか。

気になってしまったので、今回は試しに『ゆきの美人』の『雄町』を購入してみました。

 

この記事を読むことで、気になっていた雄町の魅力を知ることができます。

さらに、その魅力に取りつかれて、『雄町』が飲みたくて仕方なくなるにちがいありません。

雄町には魔力があります。

いったいどんな魔力なのか。

 

  • そもそも雄町ってどんな酒米
  • ゆきの美人 雄町の味は?
  • ゆきの美人 雄町の商品情報
  • ゆきの美人でほかにおすすめの銘柄は?
  • まとめ

 

といった順で記事にしていきますので、最後まで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

そもそも雄町ってどんな酒米なの?

人気に火がついて久しい雄町ですが、ちゃんと知っているかと言われれば私はNOです。

「岡山の生んだ酒米で、個性的な味わいなるんでしょ?」

そんな程度の知識しかありませんでした。

 

実際は、岡山が生んだ酒米というよりも、ほぼ岡山そのもの。

生産量の9割以上を岡山県が占めています。

さらに驚くことに、それでいて生産量が『美山錦』に次ぐ第4位なんです。

 

2018年、酒米の生産量ランキングがこちら。

 

  1. 山田錦
  2. 五百万石
  3. 美山錦
  4. 雄町
  5. 秋田酒こまち

 

東西横綱とも呼ばれる『山田錦』『五百万石』、寒冷地でもよく育つとされる『美山錦』、そして秋田が誇る『秋田酒こまち』。

錚々たるラインナップのなかに、『雄町』があります。

 

そんな雄町が『幻の酒米』と言われるようになったのは、昭和中期のことでした。

 

かつて、雄町はこのように言われていました。

 

「雄町でつくった吟醸酒でないと賞はとれない」

 

それほどまでの優良種であり、各地で交配につかわれるほどの知名度を誇っていたんです。

いまでも、現存する酒米の約2/3が雄町の系統にあるほど。

あの『山田錦』ですらそうなんです。

 

ですが、そんな優良品種にも一点。

雄町にはただ一点だけ、致命的な欠点がありました。

 

それは、“栽培にかかる手間”。

 

雄町の稲はほかの品種よりも高さがあり、風に弱い欠点があったんです。

台風に勝てない。

その上、病気にも弱かった。

そのため、栽培にかかる手間のほうが勝ってしまい、やがて生産量は激減します。

一時は『絶滅』という言葉がささやかれるほど、危機的な状況に陥りました。

 

ですが。

ですが、それでも。

それでも伝統の灯は消えませんでした。

 

岡山県の酒造グループが立ち上がり、ふたたび栽培し、雄町を復活させたのです。

 

岡山県南部の備前地方にてつくられる雄町を、総じて『備前雄町』。

備前雄町のなかでも“赤磐市でつくられた雄町”を『赤磐雄町』といい、最高品質の雄町として扱われています。

 

そして、香川県でつくられている雄町を『讃州雄町』。

広島県でつくられている雄町は『広島雄町』と呼ばれ、地域の名称が頭につきます。

ただ、『讃州雄町』と『広島雄町』については生産量が少ないので、『雄町』とひとまとめにされることが多いようです。

 

復活した雄町でつくったお酒は品評会でも評価され、『赤磐雄町』でつくったお酒は2002年のモンドセレクションにおいて最高金賞をおさめます。

こうして雄町は、ふたたび動き出しました。

いまでは雄町愛ほとばしる方々を『オマチスト』と呼ぶなど、熱狂的な人気をみせるほど。

幻の酒米にかかっていた霧は晴れ、雄町はいま日の目を見ています。

 

というわけで、長々と語ってしまいましたがまとめるとこうなります。

 

  • 生産地は岡山県が9割
  • 生産量は美山錦に次ぐ第4位
  • 栽培がむずかしく、一時は幻の酒米と呼ばれた
  • 細かく分けると〇〇雄町がいっぱい
  • いまある酒米のルーツを辿れば、ほぼなんらかの形で雄町に辿りつく
  • マチス

 

というわけで次は、“まだ”オマチストではない筆者による【ゆきの美人 純米吟醸 雄町】のレビューです。

長々と語ってしまったので、ここからはサクサクいきましょう。

 

【ゆきの美人 純米吟醸 雄町】の味は?

【ゆきの美人 純米吟醸 雄町】の味わいをひとことにまとめるとこうなります。

 

“ジューシーな酸味が延々と楽しめる、なぜか重みのない日本酒”

 

まずは香りからして個性がありました。

フルーティーで、かつ、香る時間がながい。

立ち香がつよくて、飲む前から期待値が高まります。

 

口にふくむと、小さなしびれと凄まじいふくらみ!

まさにジューシー。

さらに、+6度の辛口でありながらも酸味が勝るので、ひとくちが長く楽しめます。

舌で押しつぶすと酸味がより顕著に感じられるので、ぜひ酸味の広がりを堪能してみてください。

 

ジューシーで辛さよりも酸味が勝るともなれば、なんとなく重いお酒を想像するかもしれません。

ですが、この『雄町』はちがいます。

むしろ軽快。

味わいが強くて深いのに、なぜか重くないんです。

 

あきらかに矛盾したことをいえば、

 

「一杯の満足度がべらぼうに高いのに、もっと飲みたい」

 

「全然満足してないじゃん!」と思われるかもしれませんが、ちがう。ちがうんです。

ただ単に、この満足感をもっと楽しみたくなるんです。

 

いわば、欲。

 

おいしいお酒って、一杯では満足できませんよね(笑)

 

「いやー、うまい!けど、1杯でいいかな」が何杯も続く、恐ろしいお酒でした。

 

【ゆきの美人 純米吟醸 雄町】の商品情報

  • 原材料名:米(国産)・米麹(国産米)
  • 原料米:岡山県産 雄町100%
  • 精米歩合:55%
  • アルコール分:16度
  • 日本酒度:+6

 

ゆきの美人をかもす秋田醸造の特徴として感じるのは、『辛口』と『酸味』。

山田錦をつかったものは日本酒度が+10、愛山を麹米につかったものも+6と、かなり辛口なものが多いように思います。

そんななかで『雄町』もまた日本酒度+6。

 

似たような数値で、なぜか似たような味わいにならない。

 

なんだか、日本酒は生き物だと痛感させられますね。

 

ゆきの美人でほかにおすすめの銘柄は?

ここまで『雄町』を絶賛してきましたが、「じゃあ、ゆきの美人の他の銘柄はどうなんだ」と思いますよね。

ここでは、先程ちょろっとだけ触れた『山田錦をつかったもの』とド定番の『純米吟醸』をご紹介します。

 

【ゆきの美人 純米吟醸 山田錦 6号酵母 生酒】

 

www.saruami-sake.work

 

ちょっとやそっとの辛口ではない『大辛口』な1本。

しっかりと酸味があるので、ただ辛いだけの日本酒に落ちつくことはありません。

+10度でありながら、なぜか+10度のラインでうまくバランスがとれているお酒です。

 

【ゆきの美人 純米吟醸

 

www.saruami-sake.work

 

定番も定番の純米吟醸

どこの酒造にもかならず存在し、それだけに実力が試されるお酒です。

ぜひ一度飲んでいただいて、「ここの酒造の別のお酒も飲んでみたい」と感じていただればと思います。

 

【ゆきの美人 純米吟醸 雄町】の感想・評価:まとめ

ゆきの美人は、どちらかというと県内よりも県外で有名な秋田の地酒です。

通年で販売している商品もあれば、通年にみえて季節限定品というものもあります。

雄町もそう。

どうやら火入れの雄町も通年販売しているわけではないらしく、楽天市場で検索してもひっかかりません。

 

飲みたいときに飲めない。

買いたいときに買えない。

 

紹介する側としては心苦しいのですが、機会があればぜひ飲んでいただきたい日本酒です。

それだけの価値が間違いなくあります。

マチストの入口に置いてあるお酒。

それが【ゆきの美人 純米吟醸 雄町】です。

 

ぜひぜひ、抜け出せない沼にハマってみてくださいね。

私はもう手遅れ。

両足を突っ込んでしまったようです。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます。

よい晩酌と、よい雄町を!

 

  \楽天でおすすめの日本酒はこちら/ 

www.saruami-sake.work