あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

究極の味わい!秋田市新屋『わたゆう』のシュークリームがうますぎる!

こんにちは、さるあみです。

 

誕生日だったりお祝いごとだったり、年に何度かケーキを買いにいく機会ってありますよね。

けど、そういうのって案外、買い物のついでに立ち寄れるところで済ませてはいませんか?

御所野のイオンとか、中央のイオンとか、スーパーの銘店コーナーとか。

 

「お世話になったあの人に」

「退職される方に」

「ご結婚される方に」

 

そういった特別なお祝いでもない限りは、なかなか「ポツンと一軒家の洋菓子店」には行かないのではないかと思います。

 

だって、一軒家の洋菓子店ってちょっと高いイメージがあるじゃないですか。

敷居もだし、値段もだし。

もうちょっと言ってしまえば、店に入ったら確実に買わなければなりません。

ウィンドウショッピングなんてもってのほか。

だったら、各スーパーやデパートの銘店コーナーで充分だと思うのが普通です。

 

けどもし、しこたまリーズナブルな洋菓子屋さんがあったらどうでしょ?

 

今回、紹介するのはそんなところ。

この記事を読むことで、家族の誕生日をいろどる洋菓子が決まります。それも、驚くほどリーズナブルに。

読み終わるころには、「いつか行こう」から「いつ行こう?」と考えるようになります。

お友だちのところに持っていく差し入れにも最適です。

コーヒーでも飲みながら、どうぞ最後までゆっくりしていってくださいね。

 

 

「わたゆう」って秋田市のどこにあるの?

f:id:saruami33:20191023194920j:plain

わたゆう外観

秋田市は新屋。秋田公立美術大学のある大きな通りではなく、栗田神社側の通りに「わたゆう」はあります。

バス停でいえば『栗田神社前』で降りて、ガラス工房側に向かって徒歩5分ほどの距離。

駐車場はありません

店舗の大きさは写真のとおり。決して大きくはありません。

食べていくのではなく、あくまで買って帰るためのお店となっています。

 

おすすめや人気の商品は?

f:id:saruami33:20191023195421j:plain

わたゆうのシュークリーム:190円

おすすめはもちろんシュークリーム。もうね、なんといってもシュークリームです。

価格は190円。

普通のクリームにはじまり、チョコレートやブルーベリー、そして胡麻。さらには季節によってイチゴだったりマロンだったりと、種類さまざまです。

今回は秋真っ只中ということで、紫芋がありました。

 

他にもフルーツロールがあるのですが、こちらも絶品!

クリームがおいしいお店は生地もフルーツも全部おいしい!(個人の感想です)

ボリュームも満点ですし、価格も1200円ほどなので手土産にも最適です。

 

シュークリームの味は?肝心なのはそこでしょ。

味はもう文句のつけようがないうまさ!なのですが、それで納得するものでもありません。

大事なのはどうおいしいのかですよね。

わかりました。評論家を気取ってみます。

 

f:id:saruami33:20191023201201j:plain

シュークリーム外観

まずは上の写真を見ていただきたいのですが、この大きさよ!

見ただけでわかる重量感。ぜったいクリームが詰まってるとわかる見た目をしています。

持ち上げてみるとやはりずっしり。

底面に手を当てると、“生地の薄さ”と“押し返してくるクリーム”に驚かされます。

 

けど、クリームが詰まりに詰まっているのって、いわば諸刃の剣じゃないですか。

クリームが甘すぎれば飽きられる。

重すぎても飽きられてしまいます。

よほどの自信がないと、クリームの量で勝負することなどできないはずです。

 

では『わたゆう』はどうか。

f:id:saruami33:20191023201725j:plain

シュークリーム断面(クリーム)

うんまいの。

 

白に近いクリームはまったく重くなくて、生地といっしょに噛み切れます。

軽くてなめらかだから、口のなかが幸せ。

しかも、しかもね、甘みがちょうどいいんです!

一口目ですでにうまいのに、食べすすめるともっとうまい。

食べても食べても甘すぎないから、男性でも一個がまるで苦になりません。

 

こんなにおいしいシュークリームは初めてです。

 

チョコレートもブルーベリーも胡麻紫芋も、ぜんぶおいしい。

果物系には通常のクリームの他にジャムが入っているのですが、そのジャムですら甘みがちょうどいいんです。

クリームとジャム。

どちらも甘すぎないのに少しだけジャムの風味が勝るので、しっかりと『シュークリーム(〇〇味)』として成り立っています。

 

チョコレートや紫芋はペースト状で入っていて、同じくクリームよりも風味が勝ります。

胡麻は私の感想よりもまず一度食べて欲しい!

実は、胡麻だけは他とはちょっと毛色が違うんです。

ジャムやペーストはクリームと混ざることなく注入されているのですが、胡麻だけはしっかりと胡麻クリーム。

そしてこの胡麻クリームもね……

 

うんまいの。

 

もはや、あえて他の店のシュークリームに挑戦しようと思わなくなるくらい、『わたゆう』のシュークリームは“ちょうどいい”んです。

 

駐車場がないのが唯一のデメリット

ひとつだけ不利な点をあげるとすれば、やはり駐車場の有無。

店舗から出て50センチ先が道路ですし、道幅も狭いです。

どこに停めるかは訪れる人次第ということになってしまいます。

 

ただ、そこを越えてしまえば楽園です。

 

一度食べれば、どこかでまた思い出す。

そんな味があなたを待っています。

 

まとめ:『わたゆう』は祝い事がなくても訪れたい洋菓子屋さん

f:id:saruami33:20191024004348j:plain

わたゆう印のシールにも注目

ここで『わたゆう』の基本的な情報をまとめていきましょう。

 

★わたゆう

住所:秋田市新屋元町15-5

TEL:018-828-4103

営業時間:11:00~19:00

定休日:無休

※営業時間と定休日は変更になる場合がありますので、不安のある方は連絡をいれてからの訪問をおすすめします。

 

目印となる新屋郵便局からは徒歩5分ほど。

新屋西線に乗ってこられる場合も、新屋郵便局前で降りるのが最短かと思われます。

 

価格も190円とリーズナブルで、肩肘張らずに楽しめるのが『わたゆう』のシュークリーム。

お祝いだけでなく、日常のお菓子としても視野に入る価格です。

味についても豊富でハズレがなく、早い時間にいけばフルーツロールにも出会えます。

 

食べればわかる、このうまさ。

 

まずは一度ご賞味あれ!

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます。

今回の記事が少しでもシュークリーム選びの参考になればうれしいです。

さるあみでした!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村