あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

食卓に雪景色。やまとしずく純米吟醸『ユキノヤマト』は晩酌に季節を呼ぶ1本。

こんにちは、さるあみです。

 

どれだけ酷暑だったとしても夏は終わり、秋を迎え、やがて冬がきます。

日本酒のラベルも青いものから、赤に変わり、そして白が増える。

ラムネのような涼し気な色合いから、紅葉をイメージした温かいデザインになり、やがて雪色が店頭に並びます。

 

今回は、雪色のラベル。

白のやまとしずくをご紹介します。

 

正式な名は、“やまとしずく純米吟醸 ユキノヤマト”。

 

この記事を読むことで、ユキノヤマトのもつ奥ゆかしさに触れることとなります。

きっと飲みたくなるに違いありません。

『特約店限定販売』という言葉が憎たらしくなるに違いありません。

米どころ秋田が誇る冬酒です。

どうぞ、最後までゆっくりしていってくださいね。

 

 

やまとしずく純米吟醸 ユキノヤマト」ってどんなお酒?味は?

f:id:saruami33:20191006164901j:plain

かなり飲んでから写真を撮ってないことに気づいた図


 

きっとこれを読んでいる方は、

  • いまボトルとにらめっこしていて買おうか迷っている
  • 通販サイトで見つけたけどレビューがなくて迷っている
  • 口コミをみて興味が湧いた

といった、“味が自分に合っているのかを知りたい方”が多いんじゃないでしょうか。

精米歩合?日本酒度?

そんなのボトルを見ればわかるし、なんなら公式サイトにいけば詳細に書いています。

重要なのは、味。

じっさいに飲んだ人の感想が知りたいというのが本音のはずです。

 

というわけで、レビューすたーてぃん!

 

夏に発売されたやまとしずくは『夏のヤマト』。ということは、冬に発売されるやまとしずくは『冬のヤマト』となるはず。

そんな先入観がありました。

ですが、店頭に並んだのは『ユキノヤマト』。

いったいなぜ冬のヤマトではなくてユキノヤマトなのか。そこには響きだけではない理由がありました。

 

ボトルから、にごりから、そして口当たりから感じたのは雪。淡い新雪でした。

まずは、おりを混ぜずに上澄みで一杯。

口に含んだ瞬間、その透明感に驚かされます。

……よく澄んでいる。

雪解け水のように心地よい冷たさで、口のなかをやわらかく運んでいきます。

そして、勝手な先入観から甘口のお酒をイメージしていたのですが、いい意味で裏切られました。

澄みきった味わいの奥から現れたのは、酸味とわずかな辛み。

舌が疲れず、飲み飽きることのないバランスがあります。

 

おりを混ぜて、もう一杯。

 

すると、今度はそこにまろやかさが加わりました!

しかも、とても“おしとやかなまろみ”。

自分で言って矛盾するとは思うのですが、不思議なことに、にごっているのに澄んでいます。

『澄み』と『にごり』が混ざり合って、奥ゆかしい個性を生んでいるように感じました。

 冬のような人を遠ざける冷たさではなく、雪のように“見る者を惹きつける冷たさ”のある日本酒です。

 

やまとしずく純米吟醸 ユキノヤマト」の詳細スペック。どんな人におすすめ?

f:id:saruami33:20191006165000j:plain

せっかくなので情報はこの記事で完結させてしまいましょう。

ここからは『やまとしずく純米吟醸 ユキノヤマト』の基本的な情報と、おすすめしたい人について書いていきます。

★ユキノヤマト基本情報
  • 精米歩合:55%
  • アルコール度数:16~17%
  • 日本酒度:+4
  • 酸度:1.8
  • 使用米:秋田酒こまち

※火入れしていないお酒なので、おすすめの飲用温度は「冷やして」。

 

★こんな人におすすめ
  • 季節感のある日本酒を探している人
  • 見た目に冬が映っているので、飲食店さんにも
  • ちょっと珍しい秋田の地酒を探している人
  • 居酒屋などでやまとしずくを飲んだことのある人
  • 帰省した友や家族との語らいに

 

とにもかくにも季節感のある日本酒です。

極端な話、夏に見かけたら誰だって『!?』となります。

クリスマスシーズンや年越しのお供にだって似合うお酒ですので、ご一考くださいませ。

 

まとめ:いま知っておいて損のない秋田の日本酒です

f:id:saruami33:20190917222040j:plain

最近では、大手総合ショッピングサイトでも扱うお店があったり、個人のお店でも通販が始まっています。

東京では駅ナカの『はせがわ酒店』さんが有名なのではないでしょうか。

売店が限定されてるとはいえ、その門は広くとられています。

手に入らなくてプレミア化するようなことはありません。

 

ちょっとツウなお酒だけど、探せばちゃんと手に入る。

 

それが『やまとしずく』です。

ツウなお酒のあるべき姿というのは、こういうのをいうのだろうと強く思います。

秋田県民よりも、都会の人たちのほうが詳しい秋田の日本酒』にはなってほしくないですね。

 

それでは、今回はこの辺で。

さるあみでした。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村