あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

やまとしずくの夏のヤマト。実は純米酒だって知ってましたか?

おはようございます、さるあみです。

 

「最近、暑いなぁ。さっぱりとした日本酒をキリリと冷やして……」

「いや、けど、あまり高いのはなぁ。どうせ自分用だし1500円くらいで何かないかなぁ」

「どうせなら、瓶も涼しげなのがいいなぁ」

 

なんて思っているそこのあなた。

その願い、叶いますよっ。

ずどん。

f:id:saruami33:20190329222532j:plain

秋田清酒株式会社やまとしずく純米酒 夏のヤマト』です。

 

去年飲んだお酒のなかでも1、2を争う衝撃を受けたお酒です。

それはなぜか。

理由は大きくふたつあります。

 

  • 純米酒であること
  • それゆえに価格も安いこと

 

純米酒という落ちつきが、フレッシュさと深いうまみを両立させた

去年の私がこんなことを言っておりました。

 

『酸が心地いい~~~!!

精米歩合60%、火入れのお酒でこのシュワシュワ感。

天ぷらの油を洗うほどの爽やかさがありますよ!

冷蔵庫で冷やすと、香りはおだやかですが酸と爽やかさが際立ちます。

それでありながらしっかりと純米酒で、舌に残るは米の膜。たしかな味。うまみの余韻が口内をしめるんです。

そして、わずかな苦味が締めにきます。

うますぎて、インスタ用の写真を撮る前に半分あけてしまいました(笑)』

 

今年もほぼ変わらない感想です(笑)

 

スパークリングであるかのような強いガス感。

このガス感が純米酒に軽やかさを生んで、重みを消してくれています。

 

冷やすと香りはおだやか。

米のもつ華やかさがほんのり香ります。

 

味わいは、ほんとに新鮮!

微炭酸といって過言のないガス感が気持ちいいです。

軽快なのどごしでありながらも、たしかに純米酒なんです。

クリアなだけではないうまみ。

舌にうすい膜として残ります。

 

さっぱりとした口当たり。

そこから『うまみの余韻』を舌に残し、辛口のお酒としてキレていく。

キレのなかにあるわずかな苦味も、飲みやすさを助長してくれています。

うまみ、キレ、苦味。

これらに強めのガス感があわさり、涼を生む。

夏にぴったりなお酒だと思います。

 

そして、価格もなんとお買い得っ!

720mlで1350円(税込み)となっております。

いまは楽天でも買えるお店もありますし、一考の価値ありですよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー-

■製品情報

・分類 純米酒

・原料米 美山錦

精米歩合 60%

・アルコール度数 16度

・日本酒度 +5

・酸度 1.4

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

初夏から初秋まで飲める、大人のラムネです。

スパークリング清酒のような『スパークリング』をうたう日本酒ではなく、あくまでもガス感。フレッシュさです。

生きた酵母がくれる遊び。

それが舌の上でほのかに感じられるのは、新酒や生酒、そして夏酒のいいところですよね~!

 

今年も暑くなりそうです。

あなたの住む地方はいかがでしょうか?

夏酒で涼を感じながら、体の芯は冷やさずにいきましょう!

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます!

あなたの晩酌が、より良い時間になることを祈っております!