あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【やまとしずく山廃純米酒】の感想・評判は?こういうのでいいんだよなぁ。酒飲みだもの。

こんばんは、さるあみです。

 

おみやげで地酒を買って帰ろうと思っても、グッときた一本が要冷蔵だったなんてことありますよね。

送る選択肢もありますが、本数が少ないと送料がネックです。

かといって、要冷蔵のものを持ち帰ろうとすると袋代がかかることだってあります。

だからこそ、常温で保管できて秋田にきた証になるような地酒があれば最高だと思いませんか?

 

というわけで今回は、【やまとしずく 山廃純米酒】をご紹介していきます。

 

やまとしずく 山廃純米酒】は、1500円以内で買える上に常温での保管が可能。

さらには、販売契約店のみでしか買うことのできないちょっとレアなお酒です。

もちろん味もレア度に負けてはいません。

どういった日本酒なのか詳しくふれていきますので、どうぞ最後までゆっくりしていってくださいね。

 

 

やまとしずく 山廃純米酒』とは?

やまとしずく 山廃純米酒とは?

やまとしずく』とは、『刈穂』『出羽鶴』で有名な秋田清酒が、販売契約店にのみ卸している日本酒です。

中通、通町、大町の有名な酒屋さんでも、かならず冷蔵ケースの一角に取り扱いがあるほど。

名前の表記が独特なのも大きな特徴です。

 

やまとしずく』のいくつかは常温のコーナーにも置かれていて、『山廃純米酒』もそのひとつ。

1300円でお釣りがくる低価格でありながら、味わいは深くてジューシー。

飲めばハマる一本です。

 

ただ、ちょっと問題なのが陳列場所です。

地酒の種類をウリにしているお店だと、優先して見るのは冷蔵ケースのほうですよね。

だから、どうしても見落としがちになってしまうのも、『山廃純米酒』の特徴だといえます。

 

やまとしずく 山廃純米酒』の味は?

やまとしずく山廃純米酒』は、少しだけふれましたが、味わいが深くてジューシー。

ラベル上では辛口ですが、口にふくむと濃厚な甘さを感じます。

 

この甘みが抜群にうまいんです。

 

辛口が好みの私でも心地よく感じる甘みです。

一口がよく広がります。

たった一口がよく広がって、厚みのあるジューシーさを強く感じることができるんです。

この厚みがなめらかに伸びて薄くなり、最後はしっかり酸味で締める。

うまみが深くて、一杯の満足度がとても高いです。

 

ラベル上では辛口なのですが、どうしても私にとって際立つのは甘みです。

もしかしたら、ラストを締める酸味こそが辛口たる部分なのかもしれませんね。

 

やまとしずく 山廃純米酒』の商品情報

やまとしずく山廃純米酒』には酸度・日本酒度の表記はなく、このようになっています。

 

 

  • アルコール分:16度
  • 原材料名:米(国産)・米こうじ(国産米)
  • 精米歩合:60%
  • 味の甘辛度:辛口
  • 味の濃淡度:やや淡い

 

おすすめの飲み方は、

 

  • 7~13度に冷やして
  • 常温
  • 40度台のぬる燗

 

ということなので、どの温度帯でも楽しむことができそうですね。

 甘辛度・濃淡度をみてしまうと、私の感想は見当違いのことを言っているように感じてしまいます。

ただ、個人の感想として『甘み』と『深み』を強く感じました。

 

 

やまとしずく』で他におすすめ商品は?

やまとしずく』には季節限定品も多くあり、そのどれもが記憶に残る味わいです。

なかでも特におすすめしたいのが、夏と冬。

 

やまとしずく純米酒 夏のヤマト』

『夏のヤマト』は、スッキリとした味わいでありながらも純米酒の深みを残した逸品です。

純米酒ゆえの安さも魅力のひとつで、リピートしやすいのうれしいポイント。

シュワシュワとしたガス感と苦味の余韻が合わさって、なんぼでも飲めてしまう夏酒ですよ。

 

www.saruami-sake.work

 

やまとしずく純米吟醸 ユキノヤマト』

『ユキノヤマト』は冬のお酒。

『冬のヤマト』でないところにセンスを感じますよね。

ボトルの色、酒のにごり、サラリとした口当たり。

そのどれもから感じられたのは雪。淡い新雪です。

 

www.saruami-sake.work

 

やまとしずく 山廃純米酒』の感想・評価:まとめ

私はこういうレビュー記事を書いている人間なので、あまり同じ酒をリピートすることはありません。

それでもこの『やまとしずく山廃純米酒』は、行きつけの居酒屋にいくとかならず頼んでしまいます。

取り扱っている居酒屋をそこしか知らないというのもありますが、いちばんの理由はやっぱり味。

うまいから頼んでしまうんです。

 

フレッシュさはないけど、深みで味を出している一本。

飲み方に決まりもなく、どの温度帯でも楽しめるのも強みです。

秋田から持ち帰るならこんな一本、いかがでしょうか?

 

 

※合わせて読みたい

 

www.saruami-sake.work