あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

これが山本の中では普通のネーミングだなんて。山本『潤黒(ピュアブラック)』

こんばんは、さるあみです。

 

みなさん、ネーミングが独特な秋田の蔵元といえばどこを思い浮かべますか?

ネーミングセンスが良い蔵元ではなく、独特な蔵元です。

どうでしょうか?

たぶん、みなさん同じ蔵元を思い浮かべたかと思います。

なんならこの記事に至るまでの検索ワード。

もしかして、こんな感じではありませんでしたか?

 

「秋田 日本酒 山本」

「秋田 日本酒 ピュアブラック」

 

そうです。

秋田の変わり種日本酒といえば『山本』。『山本合名』です。

ドキドキ、うきうき、ミッドナイトブルー、ロイヤルストレートフラッシュ、ツーアウトフルベース、逆転サヨナラ満塁ホームラン。

これらがどれも日本酒の名前だなんて思いませんよね。

奇抜で、しかしうまい。

だから評判がすこぶる良い。

どの銘柄も『なんだ、山本か』で済んでしまう説得力があります。

 

というわけで今回は、山本の純米吟醸『ピュアブラック』。

こちらの紹介と感想を書いていきますのでお付き合いください。

f:id:saruami33:20190312225623j:plain

経営難の果てにたどり着いた杜氏制の廃止。その決断はこんなにもうまい酒を生んだ。

平成17年、『山本』は杜氏制を廃止しました。

理由はどん底の経営。杜氏との軋轢。そして、自身の病。

経営難と3文字で片付けるのはあまりにも切迫した状況に、杜氏の引退も重なり、代表である山本友文氏は顔面麻痺を起こしてしまいます。

極度のストレスによる病に入院を余儀なくされ、病院のベッドでたどり着いた決断。

 

それが、自身による酒造りでした。

 

酒造りに関して素人同然だった氏が、トライ&エラーの果てにようやくたどり着いた一本。

それがこの、『山本ピュアブラック』です。

氏がすべて自分の手で造りあげた証である『山本』の銘は、酒質への自信でもあります。

 

穏やかなグレープフルーツのような香りと、圧倒的なキレ。

香りはおだやかでありながら柑橘系。

わずかに奥から香る苦みはグレープフルーツのようで、心地よさがあります。

口にふくむとちょっとシュワシュワ。

微発泡がフレッシュさを演出してくれます。

ほんの一瞬、新政のNO.6を彷彿とさせますが、残る余韻に大きな差がありました。

 

その差は、キレです。

 

ピュアブラックはよくキレる。

『日本刀のような鋭いキレ味を目指した』ということでしたが、その言葉に偽りなしです。

穏やかで爽やかな香りに、小さなガス感。

15度と低めのアルコール分と辛口のキレ味。

これは、時代が求めた1本です。

そうとしか思えないほど、よくできています。

 

入手のしやすさは圧倒的だったが、人気になりすぎて現在は慢性的な品薄に……。

秋田県民なら『あきたくらす』『Sake-Navi』で飲むことが可能ですし、買える酒屋さんも市内にいくつかあります。

ですが、県外でとなると……。

ネットでの通販をおすすめしますが、見かけたらラッキーくらいに思っておいたほうがいいです。

徐々に、安定した入荷は見込めない。

もしくは入荷してもすぐに売れてしまう。

というような状況ができつつあります。

蔵元もすでに限界量の生産となっていますので、これ以上つくるのは難しいようです。

ぜひ、見かけたらお見逃しがないようお願いいたします。

 

山本ピュアブラック 製品情報
  • アルコール度 15度
  • 使用米 秋田酒こまち
  • 精米歩合 麹米50%、掛米55%
  • 飲用温度 冷やして
  • 参考価格 1.8L:3200円、720ml:1600円(税抜き)

 

まとめ

今回の記事はいかがだったでしょうか?

『奇抜で、うまい』

それを『やっぱり山本か』で受け止められる信頼が、氏の努力から生まれたものであることは言うまでもありません。

 

生産量の限界にたどり着きながらも、挑戦をやめない。

 

正直な話、今年もツーアウトフルベースと逆転サヨナラ満塁ホームランが出るとは思っていませんでした。

突発的ななにか。

その程度に考えていました。

ですが、蓋を開けてみたら今年も発売され、まんまと私の晩酌の友になっているではありませんか。

やられたなーーー!

口ではそんなことを言いながらも、嬉しいんです。

また山本の酒が飲める。

この楽しみをみんなにも分けてあげたいですよ。

ほんと、秋田に生まれてよかった。

 

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

ツーアウトフルベースと逆転サヨナラ満塁ホームランの記事のリンクを貼っておくので、そちらもよろしければどうぞっ。

 

saruami-sake.hatenablog.com

 

 

白瀑 純米吟醸 山本 ピュアブラック 720ml 火入れ

価格:1,600円
(2019/7/23 00:49時点)
感想(3件)