あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【羽後麦酒 BW001】の評価・レビュー!軽い!女性にもオススメしたいさらさら感。

羽後麦酒 BW001の評価・レビュー!軽い!女性にもオススメなさらさら感。

 

こんばんは、さるあみです。

 

秋田のクラフトビールといえば、田沢湖ビールとあくらビールが有名ですよね。

どちらもアンテナショップやスーパーで買えるので、真っ先に挙げる方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、忘れてはいけないのが『羽後麦酒』です。

 

『羽後麦酒』は、羽後町にかまえる小さな醸造所。

一度につくれる量が少ないことをポジティブにとらえ、さまざまな食材をつかったビールに挑戦しています。

たとえば、苺、ゆず。

変わり種では『ふきのとう』など、おおよそビールの原料としては聞いたことのない材料をつかったビールが有名です。

 

さて、そんな『羽後麦酒』ですが、変わり種だけではありません。

『羽後麦酒』を知る人ぞ知るビールへと押し上げた、定番品があるんです。

 

  • PA001(ペールエール
  • BW001(ベルジャンホワイト)
  • GA001(ゴールデンエール)

 

今回はこの3つのなかから、『BW001』を紹介していきたいと思います。

いったいどんな味わいに感じたのか。

あなたのビール選びに役立てるようにがんばりますね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『羽後麦酒 BW001』ってどんなビール?

『羽後麦酒 BW001』の『BW』とは、『ベルジャンホワイト』の略。

ベルギーのヒューガルデン村で生まれた、白ビールのひとつです。

 

『ベルジャン』をアルファベットで表記すると『Belgian』。

『ベルギアン』とも読めることから、なんとなくベルギービールなのだと想像もできますね。

 

ベルジャンホワイトの大きな特徴は、副原料にあります。

 

使われているのは、オレンジピールコリアンダーの2つ。

 

コリアンダーは、ターメリックやクミンとならんでカレーに欠かせない香辛料ですよね。

なのでベルジャンホワイトは、“柑橘の爽やかさ”だけでなく“香辛料のスパイシーさ”を合わせ持つ、香りに特徴のあるビールだと言えます。

 

『羽後麦酒 BW001』を飲んでみた感想は?

とはいえ、実際に飲んでみて驚いたのは香りではありませんでした。

 

“軽さ”

 

さらさらっと入ってきて、するするっと喉を通ります。

さっぱりとした飲み心地のなかに、オレンジとコリアンダーの風味があるといった感じです。

 

ラガーやエビスビールのような苦みはまったく感じられません。

後味もどこか淡泊。

喉への刺激が少なく、さらさらと消えていきます。

ビールらしい苦みがないので、抜群に飲みやすいです。

 

この言葉はあまり使いたくないのですが、

 

“女性にもおすすめ”

 

です。

 

なぜ使いたくないのかというと、女性の好みを決めつけているように感じるからです。

女性なら苦みは苦手でしょう。

女性なら飲みやすいのを好むでしょう。

そんな決めつけがあまり好きではないので、なるべく使わないようにしています。

 

とはいえ、この1本。

『羽後麦酒 BW001』には使わせてください。

 

このライト感は女性にこそおすすめしたい、と。

 

あるいは、ビールの苦みがあまり得意ではない人にもおすすめです。

なので、普段からビールを飲む人にとっては、むしろ物足りないと感じるかもしれません。

 

コクと苦みが足りない。

飲んだ気がしない。

ガツンとくるものがないのは、利点でもあり、不利な点でもあります。

 

ライトなビールを好む方は、『羽後麦酒』をはじめる1本として選んでみてくださいね。

 

まとめ:軽快な味わいが女性にもオススメな、『羽後麦酒』入門の1本

ライトなビールなので、合わせる料理を選ばないのもうれしいところ。

ですが、あえて『これに合わせて!』と叫ぶのなら、

 

“ハーブの効いた料理”

 

です。

 

というのも、お酒のペアリングには3つの考え方があります。

 

そのなかのひとつが『同調』です。

これは、おなじような味わいでまとめることを言います。

失敗しづらい組み合わせなので、スパイシーさにはスパイシーさで。

パクチーやチーズなど、ちょっとしたクセのある食材と合わせてみると面白いですよ。

 

というように、お気づきでしょうか?

合わせる食材が、ちょっとオシャレなんです(30代男性目線)

なので、合わせる食材のオシャレさもまた、女性にオススメたる理由だったりします。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※ビール選びに迷ったらこちらも読んでみてね

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work