あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

特定名称酒ってなんだろう?

ハロー!

ブログのデザインをAirmailにした途端、あいさつが欧米化。さるあみです。

 

さて、日本酒において『特定名称酒』という言葉をご存知でしょうか?

「いや、知らない」

「そんな専門的な言葉まではわからなくていいかな」

「うまいお酒が飲めればいいから知る必要はない」

さまざまな意見があると思います。

 

が、しかし!

本醸造』『純米酒』『吟醸』『大吟醸』と言われればどうでしょう?

ラベルによく記載されているし、興味がわいてきませんか?

 

というわけで今回は、『特定名称酒』をざっくり解説してみようと思います。

 

本醸造』、『純米酒』等、これらがなぜ分けられているのか。

そこには3つの理由があります。

 

まずひとつめ。『精米歩合

精米歩合ってなんだろう? - 秋田の日本酒、はじめませんか? 『飲んでみたいけど……』を応援する地元びいきブログ

こちらでも少し解説したのですが、酒米をどれくらい磨いて仕込んだかを表す数値です。

酒米は、中心にいくほど良質なデンプン質があるので、磨けば磨くほど質の高いお酒になるとされています。

 

ふたつめ。『原材料

これは、醸造用のアルコールを添加したか否かを差します。

醸造アルコールを添加、なんていうと悪いイメージがありますが、実は鑑評会とかで金賞をとるお酒のほとんどが醸造アルコールを添加したものだったりします。

『え、なんで?』

その理由は、のちの『大吟醸』の項目で説明しますね。

 

そして、みっつめ。『製法

吟醸造り山廃仕込み、生酛造り。さまざまな製法がラベルに記載されていたりしなかったり。

特定名称酒を語る上で外せないのは、『吟醸造り』になります。

 

これら三点、【精米歩合】【原材料】【製法】の組み合わせによって、名称が変わってくるんですね。

それを踏まえたうえで、誰もが一度は聞いたことがあるであろう、

これらの解説をしていこうかと思います、が! ……もう800文字を超えてしまった……!!

あまり長いと読み飽きてしまうかと思いますので、また次回ということにしますね。

 

次回は『吟醸酒』『大吟醸酒』について少しだけ詳しく書いていきます!

それでは、酔い晩酌を!