あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

軽作業(イベント設営)スタッフ体験レポート~7日目~。

こんにちは、さるあみです。

 

今回でイベント設営も7日目。もはや本会場の撤去を残すのみです。

設営時はあれだけ時間を費やした会場もやはり栄枯盛衰。

華やかな時間を終えて、休息が訪れます。

私もこの日はほんの少しの名残惜しさを抱えておりました。

ですが、会場へ向かうとその感傷はもろくも崩れ去ります。

 

忙しくてそんなことを感じている暇はない。

 

現場とはそういうものなのかもしれません。

 

それではいってみましょう。

イベント設営体験レポート7日目。

題して、

 

“何と戦ってるの? 決まってるだろ、汗とだよ”

 

最後までゆっくりしていってくださいね。

 

室内作業はただただ暑い。導線につかったパネルを回収しよう。

f:id:saruami33:20190917125239j:plain

集められたのは15人ほどで、やはり半々に分かれます。

テント撤去組と室内撤去組。

私は室内撤去のほうにあてられました。

設営のときには一切触れていないほうの作業です。

現場につれていかれると『パネル』の数に圧倒されました。

 

一般的に、パネルの用途は『紙媒体の展示物を貼りつける』のが主。

ですが、イベント会場となれば用途は変わってきます。

サイズは、たたみ1畳より一回り大きいくらい。

これをスキマなく置くことで、来場者の導く道となるんです。

アミューズメントパークなんかにある迷路を想像してみてください。

壁の連なりがそのまま道になっていますよね。

あれと展示物を合わせたものが、今回のパネルです。

 

さて、肝心なそのパネルなのですが、もちろん一室だけではありません。

会場のあらゆるところに設置されています。

「なんでここに?」

という場所にも置いてあります。

中にはバリケードのように使われているものもありました。

これらすべてを台車に載せていくのが我々の仕事です。

 

台車1台に35枚。

これを4台ほどつくったはずです。

台車を押す側は前が見えないほどの高さ。慎重に外まで運び、これもまたトラックに載せていきます。

 

終わったら次の仕事。

『椅子の撤去』です。

2日目に運び込んだ862脚の椅子を、今度は運び出します。

ひとつのコンテナに50脚ずつ入れていく簡単なお仕事。

ただただ地道で、近道のない簡単なお仕事です。

 

このとき黙々と過ぎていく時間は、気がつけば昼を指していました。

 

椅子の撤去が終わらない。午後もパイプ椅子とにらめっこ。

f:id:saruami33:20190913233943j:plain

昼食のあともひたすら椅子の撤去です。

862脚。

人海戦術で容易く思われるかもしれませんが、ひとり6脚ずつで143回運ばなければなりません。

これを7人でこなすとなれば、ひとり20往復。

ひえ~です。

 

ようやく終えた後は、会場を元に戻す作業に入ります。

もともと土足厳禁の会場なので、地面にはブルーシートや薄手のシートが貼った状態です。

これをすべて剥がす。

簡単だけど面倒な作業です。

なにが面倒って、シートの上にデスクや椅子があるんです。

とにかく寄せる。寄せる寄せる。

寄せてはベリベリ、寄せてはベリベリです。

 

こうして、『イベントなんてなかった』という状態をつくって7日目は終了となります。

 

まとめ:感傷にひたる暇はない。ひたすら作業。

f:id:saruami33:20190917125513j:plain

ここで7日目のおさらいをしておきます。

 

  • 感傷にひたる暇はない
  • 作業内容はパネルとパイプ椅子の撤去が主
  • 近道はなく、ひたすら地道
  • イベントなんてなかった、という状態をつくる
  • 整然とした状態をつくりあげるのがスタッフの矜持

 

撤収する寂しさ、感傷のようなものは現着して3分で吹っ飛びます。

まだまだやることは多い。

その事実が、ただただ作業に没頭させることとなります。

 

作業内容は、ひたすら撤去。

会場をあるべき姿に戻す作業となります。

室内にトラックが入ってこられるはずもなく、撤去は足をつかった地道な作業となります。

近道はありませんが、地道である以上かならず終わります。

 

そして、『イベントなんてありませんでしたけど?』という状態へ。

 

ごちゃごちゃしていた部屋は整然とし、メイン会場はただの体育館へと表情を変えます。

すべての資材を入口付近にまとめて、7日目は終了。

「明日やることないな~」

という不穏な言葉とともに会場を後にします。

 

開始 9:00

終了 15:30

 

1時間半ほど早い終わりとなりました。

 

ということで、明日はやることがありません。

それでも社長から言い渡されたのは、『10:00集合』の一言でした。

これはもしかして別の現場…………?

さあ、どうなる最終日。

saruami-sake.hatenablog.com

 

向き不向きをまとめた記事はこちら。

自分に合っているか詳しく知りたい方は読んでみてください。

saruami-sake.hatenablog.com

さるあみでした。