あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

牛島にラーメン屋台?天寿の郷はみそもしょうゆもうまいんだ。|秋田市牛島

こんにちは、さるあみです。

 

ラーメン好きなら知らないとは言ってほしくない、隠れた名店があります。

名を、『天寿の郷』。

今では珍しくなった『屋台』形式のラーメン屋さんです。

 

目印になるのは、白い軽トラと温かみのある灯り。

牛島商店街へと向かうカーブのふくらみで、赤ちょうちんが誘います。

 

屋台ゆえに、

 

“ぬくもりや思い出を食す”

 

と、『雰囲気』でまとめたいところですが、伝えたいのは『味』です。

なにせ、おいしい。

ただただおいしいんです。

 

「マニアの多いラーメンだけは勝負するまい」と思っていますが、『天寿の郷』だけは語らぬわけにはいきません。

 

それほどに、もっと知られてほしい。

穴場であってほしいけども、にぎわってほしい気持ちもあるんです。

 

というわけで今回は、牛島の眠らない赤ちょうちん

『天寿の郷』をご紹介します。

最後まで楽しんでいってくださいね。

 

 

『天寿の郷』の場所は?

f:id:saruami33:20220408220511j:plain

 

まずは、先ほどからチラチラと触れている『天寿の郷』の場所なのですが、住所には直せません。

『屋台』ゆえに、『定位置』というだけ。

なので、目と鼻の先にある『牛島郵便局』の住所をお伝えしておきます。

 

秋田市山本町11‐7”

 

太平川にかかる『太平橋』へと向かう大きなカーブが、そのまま目印です。

牛島商店街側から向かう場合も『太平橋』を目印にしてください。

 

メニューはシンプル。みそ、しょうゆの2つのみ!

メニューは、

 

  • しょうゆラーメン:500円(税込み)
  • みそラーメン:500円(税込み)
  • 麺ダブル(玉2つ):700円(税込み)

 

このシンプルさがたまらんのです。

 

まずは驚く、その価格!

これ、すごくないですか?

いまどき500円ですよ。

原料が高騰し値上げする飲食店が増えているなかで、ワンコインは常識が壊れます。

 

しかもなんと、“普通盛りのラーメンでも麺の量は3割増し”です。

食べ盛りの学生はもちろん、1杯で満足したい我々『秋田男児』にもとことんうれしい仕様となっています。

 

騙されたと思って、まずはしょうゆ、いってみて

f:id:saruami33:20220408221837j:plain

※写真は麺ダブルです

 

『屋台』の味といえば、“昔懐かし”のキャッチフレーズがついて回る印象がありますよね。

煮干しでとったあっさり味。

どこかもの足りない味わいを思い浮かべるのではないでしょうか?

 

ところが、『天寿の郷』のしょうゆラーメンはまったく違います。

あっさりだなんてとんでもない。

むしろ、がっつり味の中華そば。

鶏ガラと豚骨がコク深い、濃厚中華です。

 

さらに、特筆すべきは具材にあります。

自家製の分厚いチャーシューは食べごたえがバツグン。

むかし、東京のホテルでチャーシューの代わりにハムの入った『昔ながらの中華そば』を食べたことがあるのですが、わけが違います。

 

“ちゃんと噛んで、ちゃんと味わえる”

 

『天寿の郷』のチャーシューには満足感があるんです。

 

そして、もうひとつ意外なところでメンマがおいしいんです。

もうね、臭みがゼロ。

スーパーなどに売っているメンマって、なぜか独特な臭みがありますよね。

あの『臭み』とも『クセ』とも取れる味わいで、メンマが苦手な方もいるのではないでしょうか。

 

ところがどっこい。

 

『天寿の郷』のメンマは、ごま油の風味ゆえなのかまったくクセがありません。

やわらかくて、やさしい食感。

味付けはけっして強くないのに、思い出してしまうおいしさがあります。

 

スープに驚き、具材に驚き。

 

あちらにもこちらにも舌つづみを打って、ずるずるずるずる。

たいらげる頃にはスープも減り、細麺によく絡んでいたのだと気づかされました。

 

空になった丼を片手に、大きなため息。

ひと息つくと、ここが『屋台』であることに改めて驚かされます。

 

「700円でこのボリューム。そして、この味わい。お得すぎるでしょう」

 

『また行きたい』ではなく、『また行く』と誓ったラーメン屋台でした。

 

『天寿の郷』の定休日・営業時間

  • 定休日:不定
  • 営業時間:17:00頃~24:00頃まで

 

『天寿の郷』の近くに住む友人いわく、

 

「雨降ってたり天気が悪いとちょいちょいいない」

 

とのことでした。

荒天時はお休みだと思ったほうがいいかもしれませんね。

 

まとめ:牛島にラーメン屋台?天寿の郷はみそもしょうゆもうまいんだ。

これは妬みになってしまうのですが、一言だけ言わせてください。

 

「友人が羨ましすぎるッッ!」

 

なぜ私の居住区にないのか。

あれば夜食が捗ります。

あれば、ふとした思い付きでうまいラーメンが食べられます。

 

「腹減ったな……」

 

その欲求に、人情が応えます。

 

近くを通る学生の子たち。

仕事が終わって自転車をこぐ男性。

楢山に住む人たち。

 

あなたのいる区域には、素通りするにはもったいない場所があります。

ラーメン好きの方だけでなく、通り道にしている方。

ぜひ一度、足を運んでみてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

あきたさけ!では、普段は秋田の地酒レビューをしています。

思い出したときでもいいので、ぜひそちらも読んでみてくださいね。

ではでは。