あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【天寿 雪室氷点熟成純米生酒】の評価・レビュー!とろーーっと広がる甘みがたまらん!

『天寿 雪室氷点熟成純米生酒』の評価・レビュー!とろーーっと広がる甘みがたまらん!

 

こんばんは、さるあみです。

 

なぜ、毎年スルーしてきたのか。

私は私を恥じます。

 

『天寿 雪室氷点熟成純米生酒』

 

すごいお酒でした。

ちょっと詳しく語らせてください。

 

 

『天寿 雪室氷点熟成純米生酒』ってどんな日本酒?

『天寿 雪室氷点熟成純米生酒』は、2月の蔵開放時にしぼった純米酒を、

 

  • 生酒のまま
  • タンクごと
  • 雪でつくった室に封印して
  • 0℃の空間で
  • 70日寝かせた

 

雪国ならではの『生酒』です。

 

発売時期は、4月末。

GWの手前に出荷されて、スーパーや酒の英雄などにならびます。

 

『天寿 雪室氷点熟成純米生酒』を飲んでみて

ここでちょっと、正直に白状させてください。

私、相当侮っていました。

 

雪室なんて大げさな舞台装置を用意しなくても、現代なら冷蔵庫で十分。

4~5℃程度の温度を機械のチカラで維持できるし、わざわざそんな大がかりなことをする時代じゃないのでは?

 

と思っていた自分をぶん殴りたいです。

というのもこの1本、

 

バツグンにおいしかった。

 

「ブログに感想を落とし込むよりも先に、とにかくあらゆる方面に伝えなきゃ!」

「数量限定なんだから、早く教えないと!!」

 

と、本気であたふたした程です。

 

グラスに注ぐと香りの立ちがよく、フルーティーが丸く香ります。

“つんのめる”感じの張りきった主張ではなく、あくまでも均一に香る感じがたまりません。

“ノッている”という言葉は、ひやおろしの味わいに使われる言葉だと思っていましたが、この1本もそう。

香りがノッています。

 

さらに、味わいもノリノリ。

お酒自体のとろみについてはわかりませんが、味わいは『とろーーーっ』と広がります。

このときの甘みと酸がもうたまりません。

よく冷やされた酒が舌で温まることで、じわーーーっと沁みていくんです。

 

濃厚。

なのに、飲みやすい。

まったく嫌ではないジューシーさに、雪室のくれたまろやかさを見た気がします。

 

そして、余韻!

あとにカッとアルコールが残ります。

17度だからでしょうか。

ですが、その強い後味もすくに消えていくので、異常にグラスが進みます。

 

全体とおして、満足感のある1本です。

これはおいしい。

ホントにおいしいです。

 

何年も買わずにいたことを心から恥じるほど、魅力があふれる1本でした。

 

『天寿 雪室氷点熟成純米生酒』の商品情報

 

  • 原料米:天寿酒米研究会契約栽培米美山錦100%
  • 精米歩合:65%
  • アルコール分:17度
  • 使用酵母:協会901号
  • 発売時期:4月下旬

 

まとめ:とろーーっと広がる甘みがたまらない!

20代を経て30代の半ばにいる筆者が、『天寿』というブランドに抱いていた印象は、

 

“伝統的”

 

でした。

昔の造り方を守り、ラベルも歴史あるままで、どこか若者を見ていない。

これまでの固定客を大切にしている、『一見さんお断り』なイメージがあったんです。

 

ですが、それは大きな間違いでした。

 

洗練され続けてきた伝統は、若い世代にも響きます。

たとえ流行ではなかろうと、うまいものは、うまいんです。

 

『天寿 雪室氷点熟成純米生酒』は、低アルコールが流行ると言われる現代とは逆をいきます。

17度。

やや高いくらいです。

 

軽快な酸やガス感もありません。

 

それでも、おいしかった。

 

ラベルは若い世代を惹きつけるものではないかもしれませんが、味わいはビギナーからベテランまでを唸らせるものです。

4月下旬発売の数量限定品なので、見かけたらお早めにですよ。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※他にも日本酒、お探しですか?

 

www.saruami-sake.work