あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【天寿 純米酒】の感想・レビュー:ジリジリとした酸味とうまみが定番ながら個性に。

天寿 純米酒の感想・レビュー:まとめ

こんばんは、さるあみです。

 

今回は、令和はじまりの年に世界酒蔵ランキング6位に輝いた『天寿酒造』のスタンダード。

『天寿 純米酒』を紹介していきます。

 

『天寿』に込められた意味や、どんな日本酒なのか。

そして、どんな味わいに感じたのかを伝えていきますので、最後まで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『天寿 純米酒』ってどんな日本酒?

『天寿 純米酒』は、由利本荘市の天寿酒造がつくる、天寿シリーズでもっともポピュラーな1本です。

 

天寿酒造の歴史は古く、創業は1874年。

約150年の歴史、そして伝統を兼ね備えている秋田の古豪です。

 

ちなみに、酒銘の『天寿』には、“100歳まで幸せに生きること”という意味があります。

また、そこにはこんな願いも込められていました。

 

“顧客が長生きしますように”

 

『酒は百薬の長』という言葉がありますが、『天寿』はまさに人を生かすための1本。

飲んだ人を幸せにするための酒造りが、『天寿』の根幹にはあります。

 

そんな『天寿』の古くからのスタンダード。『純米酒』ですが、伝統的だけで終わる日本酒ではありません。

その実績は現代においても鋭く輝き、直近のものだと、

 

  • 全国燗酒コンテスト2020 プレミアム燗酒部門『金賞』
  • インターナショナル・サケ・チャレンジ2020『金賞』

 

など、目覚ましい成績ばかり。

 

特に、燗酒コンテストにおける成績は、飲み方の幅を広げるものです。

冷や、常温だけでなく『熱燗』という選択肢を持つということは、コスパにすぐれた1本と言えます。

 

とはいえ。

とはいえ、です。

 

やっぱり伝統的な日本酒となれば、構えてしまうのが人の常。

 

重いのではないか。

クセが強いのではないか。

うまみが濃すぎるのではないか。

 

さまざまな不安があるかと思います。

 

実際、私がそうでした。

どうしても食指が動かない。

いつか飲んだ『鳥海山 生酛仕込純米酒』が頭から離れず、好みに合わないのではないかと戦々恐々でした。

 

なので、ここからはそんな私の感想です。

マイナスなイメージからスタートした私の感想が、どういう着地をしたのか。

ぜひ読んでみてください。

 

『天寿 純米酒』の感想は?

『天寿 純米酒』の味わいをひとことで表すとすればこうなります。

 

“酒質はやわらかいけど、酸が主張してくる”

 

香りからはやや生酛感。

ヨーグルトのような酸が奥から上ってきて鼻をくすぐります。

 

味わいからは、ジリジリとした酸味。そしてうまみ。

後味がクリアーなので飲みやすさがあります。

 

舌に乗る感覚はやわらかく、軽いです。

ですが、酸が主張してくるので強い味わいに感じます。

ただ、主張と言っても無理難題のごり押しではありません。

あくまでも、癖の少ない酸味。

なので、主張が苦には感じないです。

 

以前飲んだ『鳥海山 生もと仕込純米酒』は、2年熟成にして穏やかではない酸でした。

あちらはジリジリというより、もはやビリビリ。

容赦のない酸味です。

ざらついた味わいに、クセはもちろん、大きな雑味を感じました。

 

とはいえ、あちらは2年寝かせた熟成酒。

こちらは出荷までの期間はわかりませんが、特に寝かせたような説明はありません。

まだ比較的若いお酒なのだと思います。

なので、実際に飲むまでは、『天寿 純米酒』のほうが荒々しいのではないかと恐れていました。

 

ですが、結果は見事に逆。

 

『天寿 純米酒』は、やや曇った酸がありつつも、うまみとやわらかさで飲みやすいです。

言うなれば、“普通”では終わらない個性。

世代が上がれば、刺さる方はもっともっと増えるのではないかと考えます。

 

また、『熱燗』が美しい味わいでした。

酸味が穏やかになるので、うまみがよく伸びます。

辛さは感じず、表に出てくるのは元々の甘み。

この甘みをどう受け止めるかで、感想は大きく変わってくるのではないでしょうか。

 

ちなみに私は、熱燗のほうが好みでした。

 

『天寿 純米酒』の商品情報

 

『天寿 純米酒』の感想・レビュー:まとめ

正直、「若い世代にはまだ早いかな」と感じました。

 

『天寿 純米酒』は、

 

クラシックとモダンの間。

古くはないけど、新しくもない。

 

これから日本酒を飲む世代にはまだ早く、フリークの目には映らない。

ですが、今までの固定客の心はガッチリとキャッチしている。

むしろ、その人たちのために造っているお酒という印象を受けました。

 

人の好みは年月と共に変化します。

私よりも若い世代がいつか『固定客』とおなじ層になったとき、どう感じるのか。

『天寿 純米酒』は、日本酒好きが長く付き合うことになりそうな1本です。

 

ぜひ、今のあなたが飲んでみてください。

そしてまた10年後。

10年後のあなたがどう感じるのか。

好みの移り変わりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。