あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

果たして秋田の山と言っていいのか……『鳥海山』2本立て。

f:id:saruami33:20190405211643j:plain

県境にまたがる山、鳥海山の2本立てでいきます、さるあみです。

 

鳥海山 清澄辛口本醸造』飲んでみて。

偽りなし、清澄!

精米歩合70%でありながら、味わいににごりがないです。

酸味あれどおだやかに香り、それは舌に乗せても変わりません。

辛さすらおだやか。

それなのに味がぼやけておらず、非常においしいです。

純米や吟醸が好きな私がスイスイ飲めてしまいます。

これは普段使いにもってこいです。

メニューに『日本酒 冷』としか書かれていない店があるとして、この日本酒が出されるのならその店に通いつづけます。

そのくらい飲みやすく、そして安いです。

 

鳥海山 純米吟醸 鳥海山自然水仕込み』

なんだろう。

こちらには香りに癖があります。

さわやかなフルーティさではなく、ドライフルーツや酸味のある果物のようです。

舌に乗せると辛口で、酸を感じます。

辛口特有のキレはなく、口のなかに程よく香りが残りますね。

好みでいえば、う~~~~ん。

 

こんな人におすすめ!

  • 秋田を代表する山の名を冠したお酒なので、手土産に。
  • どちらも300mlあります
  • 駅ナカで買えるので、新幹線を待ちながら選べてしまいますよ

 

ラベル情報

辛口本醸造

 

純米吟醸

  • アルコール分 15度
  • 精米歩合 60%
  • 原材料名 米(国産)、米麹(国産米)

 

吟醸酒を好んで飲む私ですが、この鳥海山に関しては本醸造のほうが好みでした。

なにより、その飲みやすさ。

こういうのでいいんだよ……と思わずつぶやいてしまうくらい、毎日の晩酌に適したお酒でした。

 

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございます!

今宵もよい晩酌を!!