あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

え?たけや製パンの人気パンがホットケーキに?【アベックトースト・粒あんグッディ】

え?たけや製パンの人気パンがホットケーキに?【アベックトースト・粒あんグッディ】

 

こんにちは、さるあみです。

 

たけや製パン近くにある、デイリーストアのパンコーナーを見ておどろきました。

『アベックトースト』と『粒あんグッディ』が、ホットケーキになっていたんです。

 

「それもうトーストじゃなくない!?」

「それもうどら焼きやん!」

 

など、正直、さまざまな思いが飛来しました。

が、食べてみないことには何もはじまりません。

 

実際に買ってみたので、もう少しお付き合いください。

 

アベックトーストといえば、学生から社会人にまで愛される、トースト2枚重ね。

マーガリンとイチゴジャムが50:50で塗られている、秋田の朝の味方です。

 

カップルを表す意味でのアベックは死語ですが、秋田県ではナウでヤング。

アベックと聞けば、まずはトーストをイメージするのではないでしょうか。

 

そんなアベックトーストが、ホットケーキに。

 

不安とワクワクをたずさえて食べてみると、ふわっふわでした。

 

外観は、ホットケーキとホットケーキの間に、ジャムとマーガリンがサンドされたもの。

掴んでみると、そのやわらかさに驚きます。

 

“ふかふか”

 

いつも家で食べているホットケーキがガチガチなので、感触には雲泥の差がありました。

 

食べてみると、知ってる味。

食感こそ違うものの、親しみのあるあの味がしました。

 

食感以外での違いを挙げると、

 

  • トーストではなくホットケーキなので、パン部分が甘い
  • 上面にマーガリン、下面にイチゴジャム
  • なので、トーストをひっくり返して割合を均一にする必要がない

 

といったところです。

 

「イチゴジャムとホットケーキの相性が、好みの分かれ道かな?」

 

という印象の新商品でした。

 

つづいて、粒あんグッディ。

 

粒あんグッディは、正直に白状させてください。

私、定期的に食べないと発狂します。

そのくらい好きで、学生の頃はよくお世話になった菓子パンです。

なので、今でも粒あんグッディには足を向けて寝られません。

 

そんな粒あんグッディが、ホットケーキに。

 

不安とワクワクをたずさえて食べてみると、ふわっふわでした。

 

外観は、ホットケーキとホットケーキの間に粒あんとマーガリンがサンドされたもの。

掴んでみると、そのやわらかさに驚きます。

 

“ふかふか”

 

いつも家で食べているホットケーキがガチガチ

そろそこコピペを疑われそうなのでやめておきます。

 

食べてみた第一印象は、「お、いい!」でした。

冬場のように、固まったマーガリンが片方に寄ることもなく、夏場のようにデロデロということもありません。

あの味わいが均等に楽しめる、おいしいどら焼きでした。

 

おいしい、どら焼きでした。

 

ん?

 

えーと、菓子パンとどら焼き。

どちらを買うかと言われれば、私はどら焼きに1票を入れます。

やわらかくて、偏りがなくて、あの味。

ホットケーキ自体の甘さはありますが、ほぼあの味わいです。

 

なので、私は今後、定期的にどら焼きを買いたいと思います。

 

以上が、2022年5月の新商品

「あの商品、いつ出たんだっけ?」と思った際は、この記事で唯一太字にした部分をまた読みにきてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

普段は秋田の日本酒レビューを中心に行っていますので、贈り物や普段づかいで悩んだときはまたご利用ください。

ではでは。