あきたさけ!

秋田に生まれて36年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【丑三つ迄 生酛純吟】の評価・レビュー:めっちゃ生酛!

丑三つ迄 生酛純吟 評価・レビュー:

こんばんは、さるあみです。

 

ザ・秋田の定番酒『高清水』から、おどろおどろしいネーミングの日本酒が発売されましたね。

その名も、丑三つ迄。

今回はその第2弾である、『生酛純吟』を紹介していきます。

 

結論から言ってしまうと、この1本、おすすめです。

 

とはいえ、物には順序があります。

早い段階からグイグイ推されても、何がおすすめなのかわからないですよね。

じっくりいきましょう。

ではでは、よーいスタートです。

 

 

『丑三つ迄 生酛純吟』ってこんなお酒

本筋から外れてしまいますが、先にちょっと名前の由来を1行で説明してしまいますね。

丑三つ迄のネーミングは、

 

“午前2時、つまり『丑三つ時』まで飲み飽きずに楽しめる1本”

 

というお酒のコンセプトから来ています。

 

第2弾である『生酛純吟』のテーマは、『不易流行』。

『不易流行』とは、“変わらないものの中にも変化を取り入れること”を意味します。

今回の1本で言えば、生酛という伝統色の強い造りの中に新しい色を入れた。

そんなふうに捉えられるかもしれません。

 

実際、『生酛純吟』は『秋田酒こまち』を『45%』まで磨いた1本です。

スペックだけで見れば、定番の純米大吟醸とほぼ変わりません。

ですが、その味わいはまったくの別物。

数字だけでは測れない何かがあります。

『丑三つ迄 生酛純吟』には、おすすめしたくなる何かがあるんです。

 

いつもなら整った文章を意識して書くのですが、今回はそうはいきません。

思うままに綴ります。

ちょっと感想を読んでいってください。

ぜひぜひ読んでいってください。

 

いきましょう。

 

『丑三つ迄 生酛純吟』を実際に飲んでみて

この1本、ちょっとひとこと言わせてください。

 

“マジ生酛”

 

辛口と呼ぶには弱いのに、甘みは酸味に包まれています。

なので、甘みが感じづらい。

中口に近いのではないでしょうか。

さらに、酸味と苦みのアタックが早いんです。

先に先に来るので、口当たりの異常なやわらかさを見逃しそうになります。

 

やわらかくも、コク、酸味がある。

 

「あーー、これめっちゃ生酛ぉぉぉ」と、舌が最初は驚いていました。

苦手ではないけど、得意でもない味わい。

20代の頃に出会っていれば、「ちょっと古いかも」と遠ざけていたかもしれません。

 

とはいえ、私ももう30代後半です。

純米吟醸』よりも『純米酒』が落ちつく年齢になりました。

なので、驚きは最初だけ。

舌に馴染めばうまいうまいっ。

生酛の教科書のような味わいに、驚くほどぐい呑みが進みます。

 

とはいえ、それは、買って帰宅してすぐの状態。

つまり、冷酒よりも少しだけ常温に近づいた状態のお話です。

 

ところがどっこい。

どっこいですよ。

この1本、熱燗でもっとおいしくなります。

もっとぐい呑みが進むようになるんです。

 

おすすめは、しっかり熱々。

ぬる燗よりも熱ければ、あとはお好みで大丈夫。

苦みが薄れて、酸味とうまみがジューシーになります。

言ってしまえば、まったく遊びのない味わいです。

余計な味がありません。

 

生酛の教科書があるのならば、まさに教科書どおり。

設計図から一切ズレることのない、お手本のような味わいでした。

正直、めっちゃおいしいです。

何も尖らず、何の個性もない。ただ生酛なだけ。

そんな1本の酸味はあったかく、飲み手を芯まで癒してくれました。

 

私は、どんな日本酒も飲み方は自由だと思っています。

生酒を温めたっていいし、燗向けの酒を冷やしたっていい。

あなたがおいしいと思う飲み方が、いちばんおいしいんです。

 

それでも、この1本。

『丑三つ迄 生酛純吟』だけは、熱燗を推したくなります。

熱いくらいでいいです。

ぜひ、凍える夜に温かな酸味を楽しんでくださいね。

 

『丑三つ迄 生酛純吟』の商品情報

  • 原料米:秋田酒こまち
  • 精米歩合:45%
  • 日本酒度:+2
  • 酸度:1.9
  • アルコール分:16度
  • 参考価格720ml:1,870円(税込み)

 

まとめ:めっちゃ生酛。『丑三つ迄』は、遊びのない味わいの遊びあるシリーズ

高清水といえば秋田が誇る大型酒造で、大量生産のイメージがあるかと思います。

ところが、『丑三つ迄』はまったくの逆。

ゆきの美人や千代緑のように、小さく仕込んだ1本です。

 

そのため、残念ながら買える場所は選びます。

 

秋田県内限定流通で、かつ、一部の酒屋さん限定。

見かけたらラッキーだと思って、ぜひ手に取ってみてください。

たとえ『生酛純吟』が売っていなかったとしても、『丑三つ迄』は攻めたラインナップばかりです。

いまあなたの目の前にある『丑三つ迄』も、ぜひ候補に入れてみてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※高清水ならこのお酒もおすすめです

 

www.saruami-sake.work