あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【高清水 夏の純米】の評価・レビュー!きたきた低アル。夏向けだー!

高清水 夏の純米の評価・レビュー:まとめ

 

「ぐびぐびいける夏酒が欲しい」

「キンキンに冷やしておいしい日本酒が飲みたい」

 

この記事は、そんなあなたに向けて書いています。

 

こんばんは、さるあみです。

早速ですが、私は謝らなければなりません。

 

高清水の季節純米シリーズといえば、単色のラベルに激安価格と、なんとなく手を出しにくいイメージがありませんでしたか?

 

実は、私がそうでした。

 

『安かろう悪かろう』という言葉のとおり、安いお酒にはリスクが付きもの。

特に、安さで選んで失敗した経験のある人なら尚更です。

 

「失敗するくらいなら、お気に入りの酒造の新商品を買ったほうがいいよなあ」

 

というのが、予算ある買い手の気持ちなのではないかと思います。

ですが今回。

この記事を読めば、『安かろう悪かろう』のイメージが崩れます。

『高清水 夏の純米』は、それくらいの1本でした。

 

もう少し詳しくみていきましょう。

 

 

『高清水 夏の純米』ってこんなお酒

『高清水 夏の純米』は、『美山錦』を100%使用した『低アルコール酒』です。

低アルコールといっても「日本酒のなかで」のお話で、アルコール度は12.5を数えます。

一般的な日本酒が15~17度くらいなので、低いといっても3、4度ほどですね。

 

いま、

 

「え、たったのそれだけ?」

 

と思いませんでしたか?

 

そう、たったのそれだけです(笑)

でも、たったそれだけの差が、「飲めない」を「飲める」に変えるほどのチカラを持っているんです。

だって考えてみてください。

 

ストロングゼロは、9%の缶チューハイ

対して氷結は5%です。

 

この4%の差って大きくないですか?

ストロングゼロが強すぎて苦手だという人も、氷結であれば飲めるのではないでしょうか。

『ほろよい』と『氷結』で考えてみてOKです。

3%と5%。

たった2%の差が、好みを決定づけることだってあります。

 

つまり、“日本酒における3、4度の差はめちゃめちゃ大きい”のです。

 

と、ここまでは低アルコールのお話でした。

ここからは少しだけ『夏の純米』自体のお話をしていきます。

もうちょっと、もうちょっとだけお付き合いください。

 

実は『夏の純米』……

 

発売は5月です。

 

夏といえば夏ですが、まだ入口。

人によっては春の出口くらいに思う時期ではないでしょうか。

 

毎年、GW明けにびん詰めされて発売に至ります。

なので、酒質が若いのです。

うまみの濃さをあらわすアミノ酸度は1.0と低く、熱燗には向きません。

 

“キンキンに冷やして、飲みやすさを満喫する1本”

 

そんな風に捉えてみてくださいね。

 

『高清水 夏の純米』を飲んでみて

と、“飲みやすさを満喫する1本”なんて言っておきながら、矛盾したことを言いますね。

 

“しっかりと味がある!”

 

これには本当に驚きました。

低アルコールにしてはしっかりと味わいがあるのです。

と言っても、やさしい甘み。

どこかが頑張ろうと突出しない、なだらかな甘みが感じられます。

 

また、数値以上の酸があって、甘みをしつこく感じさせません。

とにかくバランスがいい。

うまみを残しつつ、低アルコールの軽さを実現しています。

 

あと味は、『消える』というより、『消えている』という感覚でした。

気がつけばない。

うまみを感じているうちに、舌の奥では消えている。

そんな感覚にグラスが進みます。

 

全体とおして、“高清水らしさが静かに爆発した低アルコール”という印象でした。

これは夏向けだーーー!

 

『高清水 夏の純米』の商品情報

  • 使用米:美山錦100%
  • 精米歩合:60%
  • アルコール分:12.5度
  • 日本酒度:-4
  • 酸度:1.4
  • アミノ酸度:1.0
  • 参考価格720ml:1,145円(税込み)

 

『春の純米』と比較してみると……

2月発売の『春の純米』と比べてみると、感じたのは“比較する意味のなさ”でした。

 

「なんだそれ?(笑)」

 

と思いましたよね。

これにはちゃんと理由があるので、まだ消さないでください。お願いします。いや、ほんと。お願いします。

 

というのも、『春の純米』と『夏の純米』はコンセプトがまったく違う1本なんです。

 

『春の純米』は、まるで“しぼりたて”。

落ちついた酒質のなかに、メロンのようなみずみずしさがありました。

このフルーティーさが衝撃的で!

いい意味で、奥行きがありませんでした。

なので、フルーティーさで飲み疲れることがありません。

いつまでもメロン感を楽しめたのです。

 

※詳細はこちら

 

www.saruami-sake.work

 

対する『夏の純米』は、フルーティーさではやはり劣ります。

低アルコールで味のコシを維持するのは、簡単なことではありません。

ただ、その分、飲みやすい。

飲みやすさは圧倒的です。

しかも、しっかりと日本酒のまま飲みやすいのです。

まさに夏向け。

『夏の純米』の名に偽りなしでした。

 

ということで、両者にはそもそも『楽しみ方の違い』があったというわけです。

 

まとめ:『高清水 夏の純米』は文字通りの夏向け。時代と季節にあった1本

これから流行ると言われている『低アルコール』。

すでにその兆しは見えていて、各酒造が動き出しています。

 

いち早く動き出した酒造。

試験的に少ないリッター数で造りはじめた酒造。

まだ動かない酒造。

 

さまざまな思惑が見え隠れしていますが、最終的に勝つのは『いち早く動き出した酒造』だと思っています。

なぜなら、成功すれば先駆者に。

そして、失敗してもノウハウにできるからです。

次に活かせるからです。

 

そして何より、楽しんでいるように見えるからです。

 

飲み手はワクワクしたいんです。

『おいしい』ことが当たり前になった時代で、『おいしいだけ』のものを造ったって仕方ありません。

それ以上の理由が欲しい。

手に取るだけの理由を求めているんです。

 

『高清水 夏の純米』には、“いま”手に取るだけの理由があります。

 

まだ“兆し”である内に。

『低アル』の時代が来る前に、知っておいて損のない1本です。

見かけたらぜひ、あなたも手にとってみてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※日本酒選びに迷ったらこちらもオススメ

 

www.saruami-sake.work