あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【高清水 純米大吟醸 蔵付酵母仕込み 磨き35】の評価・レビュー:シンプル!

高清水 純米大吟醸 蔵付酵母仕込み 磨き35の評価・レビュー:まとめ

こんばんは、さるあみです。

 

スタイリッシュなデザインに35%精米ということもあり、気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

『高清水 純米大吟醸 蔵付酵母仕込み 磨き35』

 

ただ、気になる理由はポジティブな面だけではないんですよね。

 

気になるのは、価格の高さ。

 

720mlで2,000円と、やや高めの設定です。

特に高清水は、定番の純米大吟醸でも1,500円ほどで買えてしまいます。

そのため、2,000円台というのはより高値に感じてしまうんですよね。

だから、

 

「本当に2,000円を出す価値があるのだろうか?」

 

という不安はあって当然のことです。

正直にいえば、私はその不安がありました。

 

というわけで今回は、そんなあなたと私のために、実際に買って飲んでみた感想をお伝えしていきます。

ぜひ最後まで読んで、あなたの日本酒選びの参考にしてくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『高清水 純米大吟醸 蔵付酵母仕込み 磨き35』ってどんな日本酒?

まず、名前が長いです。

分解していくと、

 

 

ということになります。

 

高清水といえば、社名よりずっと有名な秋田の一大ブランド。

秋田酒類製造といわれてピンと来ない方でも、高清水といわれれば「ああ」と膝を打つのではないでしょうか。

 

そんな高清水の純米大吟醸といえば、こちらが有名です。

 

www.saruami-sake.work

 

タイトルにもしていますが、おねだんが1,500円ほど。

秋田酒こまちを45%まで磨いた純米大吟醸だと考えると、その価格に驚かれますよね。

なにせ普通なら純米吟醸の価格です。

これは、規模の大きい酒造だからこそできる強みともいえます。

 

では、そんな高清水が送る2,000円台の純米大吟醸とはいったいどんなお酒なのか。

そこにはこんなこだわりがありました。

 

 

蔵付酵母とは、その名のとおり『蔵に付いていた酵母』のことをいいます。

高清水の場合は、御所野蔵の仕込み室にある神棚から見つかったそうです。

 

なので蔵付酵母は、その蔵でしかとれない絶対のオリジナル。

仕込んだ蔵でしか味わえないオンリーワン。

蔵の歴史が生んだ唯一無二の個性。

 

“蔵付酵母で仕込みました”のひとことが、その蔵にしかない1本を生み出します。

 

さらに、このお酒を語る上で精米歩合も忘れてはいけません。

 

35%というパワーワード

 

45%精米で比較的安価な純米大吟醸をつくる蔵もありますし、40%で出品用の酒をつくる蔵だってあります。

そんななかで、35%。

精米歩合が味を決める絶対の条件だとはいいませんが、大きな要因なのはたしかです。

 

40%を切ることの手間。

かかるコスト。

県産の秋田酒こまちとはいえ、削る手間はかわりません。

35%に込めた熱量は、『高清水 純米大吟醸 蔵付酵母仕込み 磨き35』を語る上で外すことはできないでしょう。

 

そんな手間隙をかけた1本。

いったいどんな味わいだったのか。

感想に移っていきましょう。

 

『高清水 純米大吟醸 蔵付酵母仕込磨き35』の感想は?

『高清水 純米大吟醸 蔵付酵母仕込み 磨き35』の味わいをひとことで表すのならこうなります。

 

“シンプルに、いい酒”

 

ここまで来るとそれに尽きます。

どこもかしこも、まずうまい。

 

シンプルにやわらかくて、

シンプルに酸がクリアで、

シンプルにほんのり辛く、

シンプルに甘みが上品で、

シンプルにおいしい。

 

磨きすぎれば感想もシンプルになります。

うまいとしか言い様がありません。

 

強いていえば、なめらかな酸でしょうか。

万人受けするバランスのなかに、酸だけがやや突出しています。

 

やわらかく甘く、上質な酸で飲ませる。

 

食中酒としてもおもしろい1本なのではないかと感じました。

 

ちなみに、辛口を好む方には甘く感じるはずです。

なにせ日本酒度は+1。

ほぼ中口といってもいい数値です。

実際、飲んでみて辛さというものはほぼ感じませんでした。

男性の方、特に年配の方と飲まれるときは、「甘い」といわれるかもしれませんのでお気をつけください。

 

『高清水 純米大吟醸 蔵付酵母仕込み 磨き35」の商品情報

  • 使用米:秋田酒こまち
  • 酵母:蔵付酵母
  • 精米歩合:35%
  • 日本酒度:+1
  • 酸度:1.7
  • アルコール度:15.5度
  • おすすめの飲み方:常温もしくは冷やして
  • 参考価格720ml:2,082円(税込み)

 

『高清水 純米大吟醸 蔵付酵母仕込み 磨き35』の評価・レビュー:まとめ

冒頭では価格の高さにスポットライトを当てましたが、飲めばわかる価格相応の味わい。

いえ、むしろ相応ではないかもしれません。

価格以上の価値があるように思います。

 

たぶん、それを感じさせないのは高清水というブランドがゆえ。

そして、スタイリッシュなデザインにあるのではないでしょうか。

 

贈り物としての価値がある1本ですが、デザインは男性的でシャープな印象です。

お中元やお歳暮向けといった感じではありません。

ですが、普段遣いとしてはちょっと贅沢すぎるスペックをもっています。

なので、買うタイミングがむずかしい。

さらに、ここが重要なのですが、

 

2,000円出さなくてもおいしい日本酒、おもしろい日本酒はいくらでもあります。

 

「絶対おいしいでしょ」

 

とわかりきっている1本よりも、季節限定や新商品に目がいくのは当然のことかと思います。

だからこそ重ねてお伝えします。

 

この1本は、買うタイミングがむずかしい。

 

あえて買うとすれば、

 

  • 自分へのご褒美
  • 外せない来客へ

 

そんな、冒険したくないとき選ぶ“堅実な1本”という印象でした。

 

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※応援していただきありがとうございます。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

 

 

※日本酒選びに迷ったらこちらもどうぞ

 

www.saruami-sake.work