あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【高清水 秀麗無比 しぼりたて純米】の感想・レビュー:実はシリーズ。実は秋田限定。

高清水 秀麗無比 しぼりたて純米の感想・レビュー:実はシリーズ。実は秋田県内限定販売!

こんばんは、さるあみです。

 

秋色をイメージした『ひやおろし』に静かなデザインの『初しぼり』ときて、高清水からまた新たな1本が発売されました。

その名も、『秀麗無比』。

 

美しくも力強いネーミングのこの1本は、いったいどんな日本酒で、どんな味わいだったのか。

詳しくみてきましょう。

 

 

『秀麗無比』はシリーズものにして秋田県内限定販売

『高清水 秀麗無比 しぼりたて純米』は、今回限りの新商品……ではありません。

実はシリーズもの。

しぼりたて純米は、その第1弾になります。

 

『秀麗無比』の大きな特徴は2つ。

 

ひとつが、6号酵母の使用。

そしてもうひとつが、秋田流寒仕込み、です。

どちらも秋田発祥であり、いうなれば秋田の蔵人たちが生んだ叡智の結晶です。

 

あなたはこんな言葉をご存じでしょうか。

 

「理想の酒を絵に描くと鯛のようなのが望ましい」

 

これは、高清水の初代杜氏『鶴田百治』氏の言葉です。

高清水はこの言葉を創業よりずっと継承してきました。

旨い酒とはかくあるべきだ、と。

 

そして今、現代杜氏である『加藤均』氏によって高清水の伝統が蘇ります。

 

  • 6号酵母
  • 秋田流寒仕込み

 

という秋田酒の原点と、氏の掲げる「仕込みよりも丁寧な清掃と洗浄」というこだわりが見事に融合。

6号酵母が生まれた頃よりも、

秋田流寒仕込みが生まれた頃よりも、

清潔に整った環境で仕込まれた、伝統の純米酒が誕生しました。

 

『高清水 秀麗無比 しぼりたて純米』の感想は?

『高清水 秀麗無比 しぼりたて純米』の味わいをひとことで表すのならこうなります。

 

純米酒の最高級”

 

香りにはヨーグルト。爽快感のあるヨーグルトを感じます。

甘みと酸味が入り混じったクリアーな香りとでも言えばいいでしょうか。

香りからも透明感が感じられるので、“いい香り”です。

 

そして味わい。

 

日本酒度+3を鵜呑みにして辛口を想像して飲むと、想像以上に甘く落ちます。

マスカットやメロンのようなフルーティーさ。

これがやわらかくも静かで、美しいんです。

純米酒の行きつくフルーティーさってここなんじゃないかとすら思います。

 

さらに、後ろで締めるわずかな苦み。

これが甘みを穏やかにしてくれていて、程良い辛口に仕上げてくれています。

 

全体をとおして感じたのは“透明感”です。

清潔感と置き換えていいかもしれません。

雑味のない透明なフルーティーさが、名前負けしない味わいを生んでいました。

 

これはうまい。

うまいです。

少なくとも私は、この『シリーズ』に期待をもたせる1本だと感じます。

 

『高清水 秀麗無比 しぼりたて純米』の商品情報

  • 使用米:不明(秋田県産米とのみ記載)
  • 精米歩合:麹米60%・掛米65%
  • アルコール度:17度
  • 日本酒度:+3
  • 酸度:1.8

 

備考:秋田県内限定販売

 

『高清水 秀麗無比 しぼりたて純米』の感想・レビュー:まとめ

この1本、知るなら公式サイトがいちばんです。

ここまで読んでいただけたのであれば、それはなおさら。

なぜなら、公式サイトに書かれている文言が生きているからです。

 

魂がこもっています。

大げさではありません。

高清水の理念に興味がなかったとしても、飲み方の紹介だけでも読んでみてください。

奥の深さに驚かされます。

 

そして、そのまま全文を読んでみてください。

『秀麗無比』シリーズへの期待がいやおうなしに高まっているはずです。

 

ここで語るはあまりに無粋。

私は外。

公式サイトは内です。

本当に心がこもっているのはどちらの文章か。

そんなのは言うまでもありませんよね。

 

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※高清水の公式サイトへはこちらからどうぞ

 

www.takashimizu.co.jp

 

秋田県内限定発売ならこちらの記事もおすすめ(高清水もあります)

 

www.saruami-sake.work

 

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村