あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【酒屋のスキル:化粧水・乳液】:日本酒とジュンサイでもちもち肌へ

こんにちは、さるあみです。

 

あなたはこんな言葉を聞いたことありませんか?

 

杜氏の手はきれい」

 

日本酒につかわれる麹に含まれる成分には美肌効果があり、酵素には古い角質を除去する力があるとされています。

だから、杜氏の手は白くて美しい。

それが一時期CMにもなったキャッチコピー、「杜氏の手はきれい」につながるのです。

 

ですが、酒造りは水仕事。

どの行程にも水が必要とされ、杜氏の手は常に水にさらされている状況です。

もちろん手が荒れないはずがありません。

特に冬期は、あかぎれ、パックリ割れとは常にとなり合わせの仕事です。

 

それでも杜氏の手が美しいとされる理由。

それこそが、麹のチカラ。

酵素のチカラにあるんです。

 

というわけで、今回は高清水で有名な『秋田酒類製造』の化粧水。そして乳液。

『酒屋のスキル』をご紹介します。

 

 

『酒屋のスキル:化粧水』の効果は?

 

 

まずは『酒屋のスキル:化粧水』ですが、一般的な化粧水には含まれていないものが2つあります。

 

 

麹・酵素に美肌効果が期待できるというお話は、冒頭でも少しふれました。

ですが、ジュンサイ葉エキスって、あまり耳に馴染みがありませんよね?

 

ジュンサイって、あのじゅんさいだよね?」

なんて不安に思われる方もいるかもしれません。

 

ご存知のとおり、ジュンサイには「とろり」とした「ねっぱり」があり、「つるん」とした喉越しがあります。

食感は「ぷるぷる」。

食べるにあたっては、それらを苦手とされる方もいるくらいです。

では、美容の面ではどうなのか。

 

「とろみ」

「ねっぱり」

「つるん」

「ぷるぷる」

 

すでに肌に良さそうだとは思いませんか?

そうなんです。実際、いいんです。

最近では、コラーゲンやエラスチンの分解を抑制する効果が期待できるとされ、注目を集めています。

さらに豊富な保湿効果により、乾燥によるトラブルの予防もできてしまうんです。

さらにさらに、なんとリフトアップ効果まで期待できるというではありませんか!

 

本来ならば「純米酒を配合していること」を強く推すべきなのですが、ジュンサイの効果にばかり目がいってしまいます。

食品がもつ「とろみ」というものには、まだまだ希望がつまっていますね。

 

『酒屋のスキル:乳液』の効果は?

 

 

『酒屋のスキル:乳液』ですが、もちろん純米酒(コメ発酵液)を配合しています。

ですが、それ以上に注目したいのがこちらです。

 

『ヨーロッパキイチゴ種子油』

 

耳に馴染みのない言葉かと思いますが、『ヨーロッパキイチゴ種子油』には別名があります。

 

別名を『ヨーロッパラズベリー』。

 

現在市場に出回っているラズベリーとはまた別種であり、より古い種となります。

そんなヨーロッパラズベリーのタネから得られるオイルがこの、『ヨーロッパキイチゴ種子油』です。

 

「それはわかったけど、どんな効果があるの?」

 

大事なのはそちらですよね。

ヨーロッパキイチゴ種子油は『ベリー』の名のとおり、ポリフェノールを含んでいます。

名を『エラグ酸』。

すぐれた抗酸化作用をもつポリフェノールの一種です。

 

さらに、このエラグ酸

紫外線に対する防御効果が非常に高いんです。

 

紫外線といえば、肌の老化における最大の敵ですよね。

地球までとどく紫外線にはA波とB波の2種類があります。

そのどちらからも守ってくれるのが、このエラグ酸です。

さらにエラグ酸は天然成分ですので、女性の肌にやさしいのもうれしいところです。

 

本来ならば「純米酒を配合していること」を強く推すべきなのですが、ヨーロッパラズベリーのもつ効果にばかり目がいってしまいます。

ポリフェノールにはまだまだ希望がつまっていますね。

 

『酒屋のスキル:化粧水・乳液』まとめ

f:id:saruami33:20200221022455j:plain

美白、美肌は1日にしてならずです。

継続することでわずかな変化に自分だけが気づき、さらに継続することで周りが気づき始めます。

そうした喜びが、美しさを維持しようと思う原動力になるんですよね。

 

いくつになっても女性は美しいです。

ですが、大事なのは“あなたが納得するかどうか”。

 

あなたが『最高の自分』になることを応援します。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。