あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【高清水 新酒初しぼり】の感想・レビュー:新酒にして原酒。ロックでも崩れない。

高清水 新酒初しぼりの感想・レビュー:新酒にして原酒。ロックでも崩れない

こんばんは、さるあみです。

 

この1本を手にとって驚かれませんでしたか?

アルコール度数:19度。

「あ、新酒だ」と思って見てみると、日本酒にしては高いアルコール度に目を疑います。

 

新酒にして原酒。

 

それが、高清水が毎年発売する『初しぼり』のもつ個性です。

 

この記事では、そんな『高清水 新酒初しぼり』がどんなお酒で、どんな味わいだったのかについて触れていきます。

「キツイんだろうな~」と思っているあなたも安心してください。

おすすめの飲み方もお伝えします。

ぜひ、最後まで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『高清水 新酒初しぼり』ってどんなお酒?

『高清水 新酒初しぼり』は、秋田市にある秋田酒類製造がつくる1本です。

分類は『本醸造』。

純米酒しかつくらない蔵が増えてきた昨今、ちょっと珍しいかもしれません。

 

本醸造酒』とは、精米歩合70%以下で、『醸造用アルコール』のみが添加された日本酒のことをいいます。

逆に、『糖類』や『酸味料』などが添加された日本酒は、おなじ70%以下でも『普通酒』。

パック酒やカップ酒によく見られる特徴です。

 

さて、そんな『本醸造酒』に分類される『高清水 新酒初しぼり』ですが、その精米歩合は65%とやや高めです。

ふだん、純米吟醸大吟醸を飲まれる人からすれば、ちょっと構えてしまうかもしれません。

実は私も、日本酒を飲み始めたばかりのころは思っていました。

 

「65%かぁ~。やめとこ」

 

日本酒にフルーティーさを求め、精米歩合の高いものこそが至高。

精米歩合の低いものは、重くて雑味がキツイ。

そんなふうに本気で思っていたんです。

 

もしあなたがいま、かつての私と近い考えをもっているのなら、それはもう古い考えです。

時代は変わりました。

技術は研ぎ澄まされ、低精白にたいして構える時代はもう終わったんです。

 

それに、『高清水 新酒初しぼり』は新酒。初しぼりです。

その年最初にしぼったお酒であるため、寝かせたクセや熟成感はありません。

さらに原酒なので、新鮮さを薄めることもしていません。

 

“しぼってそのまま”

 

このフレッシュさは、仕込みの始まった秋~冬だけに許された特権です。

 

鮮やかにして力強い、この1本。

実際に飲んでみましょう。

 

『高清水 新酒初しぼり』の味はどうだった?

『高清水 新酒初しぼり』の味わいをひとことで表すとすればこうなります。

 

“おも甘く、苦みある伸び”

 

グラスに注いで鼻を近づけた瞬間は、想像していたよりもずっと静かな香り。

湯気のように立ち上るような香りではありません。

ただ、その一瞬に向こう側。

向こう側にバケモノがいました。

 

香りが重いんです。

ゆっくりと、ゆっくりと、押し上げるように香ってきます。

リンゴやメロンなどではなく、やや渋みのあるブドウ。

深みを感じさせるフルーティーさが、重く上がってくるんです。

 

少なくとも私は、この香りをどう表現していいのかわからず、3分くらい嗅ぎ続けていました。

家族からは「まだ嗅いでるよ、この人ww」と言われる始末。

難しくもおもしろい香りでした。

 

味わいはこのひとことに尽きます。

 

“ぶわっとマスカット”

 

香りから感じた渋みはなく、ブドウというよりもマスカットのような明るいコクがあります。

加えて、強いアルコール感。

19度はやはり強く、まごうことなき原酒です。

いつまでもズキンズキンとアルコール感が残るので、14~15度のものに慣れている人は引きずるかもしれません。

 

ただ、そんな人におすすめな飲み方があります。

 

それは、ロックです。

裏ラベルによると、『高清水 新酒初しぼり』のおすすめ飲用温度は、

 

  • 常温〇
  • 冷やして◎
  • ロック◎

 

冷やしても度数は変わりませんが、ロックならお好みの度数で飲むことができます。

 

そして何よりこの1本、ロックでも味が崩れません。

多少の加水には力強く耐えて、薄まっても風味がしっかりと残ります。

むしろ、その(ロック)ためのお酒なのではないかというくらい、加水が活きる1本でした。

 

『高清水 新酒初しぼり』の商品情報

 

『高清水 新酒初しぼり』の感想・レビュー:まとめ

正直にいうと、これほどまでに楽しめる日本酒だとは思っていませんでした。

なぜなら、『新酒』『初しぼり』という言葉をポジティブにとらえていなかったからです。

 

というのも、『新酒』も『初しぼり』も、いってしまえば普通の日本酒ではありませんか。

特殊な造りをしているわけではなく、ただ『時期』を表しているだけ。

 

「また今年もこの時期が来たんだな~」

 

そんな程度にしか考えていませんでした。

 

ですが、今回の1本を飲んで考えは変わります。

初しぼりが原酒だったなんて、手にとらなければ知りませんでした。

そこにあったのは『創意』。そして『工夫』だったのですね。

 

『時期』を楽しみ、『創意工夫』を飲む。

 

初しぼりには大きな意味がありました。

この楽しみを、あなたにも。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※日本酒選びに迷ったらこちらも読んでみてくださいね

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work