あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

秋田酒類製造『高清水 特別本醸造 生貯蔵酒』、飲んでみました!

f:id:saruami33:20190302235920j:plain
f:id:saruami33:20190302235941j:plain

POPで感想が完結してしまっています、さるあみです。

 

■ラベル情報

・アルコール分 13~14度未満

・原材料名 米(国産)、米麹(国産米)、醸造アルコール

精米歩合 麹米60%、掛米60%

 

■飲んでみて。

 

低アルコールで辛口。

香りは、かすかに柑橘のような酸味がのる程度でおだやか。

酒質はやわらかくて、まろやか。

ほ~~~~んのわずかなとろみがやさしくて、口内のどこに触れても刺すことはありません。

 

キレもいいけど辛さ由来のものではなく、甘さ由来のものでした。

上質な砂糖の、あとに残らない感覚。

甘さがすっきりと消えていくので、いくらでも飲めてしまいます!

どうしようこれ!!

 

たりない(笑)

 

と、とりあえずこれでごちそうさまでした!

 

■こんな人におすすめ!

・自分の好みがまだわからない人

・量はそんなに求めていない人

・涼を求めている人

・秋田といえば高清水という人

・中口でバランスのいいお酒を探している人

 

アルコール度数も低めで、さらに味わいにとげがありません。

ぜひ、女性に勧めたいお酒です。

ここから始めれば、もっと辛いほうが……もっと甘いのが……といったように、好みが見えてくるかもしれません。

それでは、誰かにとってこのお酒が、『あの日飲んだうまい酒』になることを願っています!

よい晩酌を!