あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【太平山 純米吟醸55】の評価・レビュー:純米吟醸として見なければ……

太平山 純米吟醸55の評価・レビュー:純米吟醸として見なければ……

こんばんは、さるあみです。

 

ずっと気になっていたけど、恐ろしくて手が出なかった日本酒があります。

なぜならそのお酒は、とにかく安い。

 

「安い日本酒なんていっぱいあるじゃん」

 

と思ったかもしれませんが、そのお酒はちょっとだけ特殊なんです。

なんと、純米吟醸にして1,100円!

しかも税込み価格です。

ちょっと安すぎて、不安しかありませんでした。

 

ですが今回、「いつ買おう?」が「いつか買おう」に変わり幾星霜。

ついにきっかけを得たので、レビューしていきたいと思います。

 

この記事では、『太平山 純米吟醸55』がどんなお酒で、どんな味わいだったのかお伝えしていきます。

ぜひ最後まで読んで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『太平山 純米吟醸55』ってこんな日本酒

『太平山 純米吟醸55』は、潟上市の小玉醸造純米吟醸をもっと身近に感じてほしい」という願いを込めた1本です。

 

なので、安価なのはその願いゆえ。

1,000円からわずかに足が出る程度の価格に抑えられています。

 

使われている酒米の開示はありません。

酒造好適米を55%までみがいた、スタンダードな純米吟醸です。

 

そして、なんとこの1本!

情報がありません。

ここまで書いたものでほぼ全部となります。

なので、あまりにも寂しいのでちょっとだけ豆知識をお伝えさせてください。

 

『大平山 純米吟醸55』は、シール型のラベルではなくプリント瓶を採用しています。

デザインは5本線が斜めに走るものなのですが、ぜひ、この5本線の長さを計ってみてください。

というのも、この長さには小玉醸造のこだわりが詰まっているからです。

私はその説明を読んだとき、おもわず「へぇ!」と声が出ました。

 

とはいえ、もったいぶって答えを避けるわけにはいきません。

定規を持ってスーパーに行く人はいませんしね。

ここで答えを伝えちゃいます。

 

実は、ラベルの5本線……

 

“55mm”

 

あります。

 

このこだわり!

神は細部に宿ると言いますが、まさにここ!

言われなければわからないこだわりが、ボトルデザインに込められていました。

 

『太平山 純米吟醸55』の感想は?

『太平山 純米吟醸55』の味わいをひとことで表すのならこうなります。

 

純米吟醸として見なければ……」

 

香りからは乳酸菌を感じる香り。

ヨーグルトのような、酸っぱくもまろやかな香りがあります。

 

飲み口は、水のよう。

薄いと言えばいいでしょうか。

そのため、うまみがどんどん霞んでいきます。

 

さらに特筆すべきは『苦み』です。

霞んだうまみに、さらりとした苦みがよく乗ります。

口に含んですぐに感じるものなので、最初から最後まで苦みが感じられます。

 

この『さらりとした苦み』をどう感じるか。

 

それが『太平山 純米吟醸55』の感想の分かれ道になるかと思います。

 

個人的には、純米吟醸として見るならもう買うことはありません。

ただ、あくまでもコスパを重視するのであれば、

 

「ぬる燗用として買うかな」

 

といった感じです。

 

なので、“あえて買うタイミング”をどこに置くのか。

人によってはそれが非常に難しい1本でした。

 

『太平山 純米吟醸55』の商品情報

 

『太平山 純米吟醸55』の評価・レビュー:まとめ

実際に飲んでみて感じたのは、『言葉がもつ力』です。

 

例えば、“コスパが良い”と聞くと、自然と評価がやわらかくなりますよね?

「これだけ安くてこの味わいなら……」と、妥協点を設けてしまいがちです。

なので、“コスパが良い”は、評価がプラスに働く言葉と言えます。

 

ですが今回の場合、“純米吟醸”はマイナスに働く言葉です。

なぜなら、期待値があがってしまうから。

純米吟醸にはピンからキリまであって、人にはそれぞれ『好きな純米吟醸』が存在します。

だから、人には人の基準があるんです。

 

純米吟醸ってこうだよな」

 

この感覚よりも上か下かで、おいしいかが決まります。

今回の日本酒が『純米吟醸55』でなく『太平山55』だったら、コスパの良さでプラスな感想ばかりが並んだはずです。

 

ですが、そうではなかった。

 

純米吟醸』として見てしまうと、やっぱり好きな味を求めてしまいます。

私には、あえて買う理由を見つけることはできません。

 

ただ、2022年3月に発売された『太平山 純米大吟醸40』は、本当にすごいお酒です。

こちらも、「純米大吟醸をもっと身近に感じてほしい」という願いから生まれました。

個人的には、“純米大吟醸を”と言わずに、“うちのお酒を”と言ってもいいのではないかと思います。

それくらい、品のある1本です。

なので、もしあなたが今回の日本酒選びで『コスパ』を重視しているのなら、おなじ太平山でも『純米大吟醸40』を強くオススメします。

 

レビュー記事もあるので、合わせて読んでみてくださいね。

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

純米大吟醸40の記事はこちら

 

www.saruami-sake.work