あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【太平山 純米大吟醸40】の評価・レビュー:ちょっと安すぎ!お手軽酒こまち!

大平山 純米大吟醸40の評価・レビュー:ちょっと安すぎ!お手軽酒こまち!

こんばんは、さるあみです。

 

正直、どうしてこんなお酒が出せるのかわかりません。

言うなれば、コスパの化け物。

精米歩合40%にして1,650円(税込み)という、どこまでも衝撃のやまない1本が小玉醸造から発売されました。

 

今回は、とにかくいち早く。

かけ足で感想をお伝えしていきます。

 

気になっていた方や、気になっていたことを思い出した方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『太平山 純米大吟醸40』ってどんな日本酒?

『太平山 純米大吟醸40』は、潟上市にある小玉醸造がつくる1本です。

発売日は、2022年3月9日。

卒業を思わせる日に生まれた、まったく新たな日本酒です。

 

名前にある『40』は精米歩合をあらわします。

精米歩合40%といえば、出品酒にも匹敵するほどの数値。

 

太平山が誇る40%精米といえば、やはり『天巧』が有名ですよね。

かつてはANA国内線のファーストクラスでも提供され、国内外から高い評価を受けました。

 

そんな『天巧』に使われていた酒米は、兵庫県名産のあの酒米

山田錦』です。

酒米の王様とも呼ばれ、いまでも賞レースに食い込むための酒米として強い人気があります。

私の職場にも「やっぱり山田錦以外はダメだ」とおっしゃる方がいて、『いいお酒=山田錦』という意見はまだあるようです。

 

では、『太平山 純米大吟醸40』は何を使っているのでしょうか。

やっぱり『山田錦』?

それとも、山田錦とならぶ『五百万石』?

答えは、酒の英雄の手書きPOPにありました。

 

“秋田酒こまち100%”

 

秋田酒こまちといえば、秋田が全国に誇る酒米

その生産量は第5位と、美山錦や雄町に迫る勢いがあります。

 

秋田酒こまちでつくった日本酒は、

 

“香り高く、上品な甘みがあり、旨さと軽快な後味”

 

に仕上がるとのこと。

「美辞麗句がならんでいるなぁ」と思われたかもしれません。

ですが、これがまさに突き刺さる表現だということを私は知っています。

何度も飲んできた秋田酒こまちの日本酒が、まさに『品のある』日本酒でした。

 

今回は、そのエンドクラス。

40%精米の1本です。

期待に胸をふくらませて、感想に移りましょう。

 

『太平山 純米大吟醸40』の感想は?

こちら、同じ日に『太平山 純米吟醸55』も買って飲んだのですが、香りは55のほうに強さを感じました。

40は逆に穏やか。

霧のように薄っすらとしたフルーティーさが、静かに香ります。

 

味わいは、さすが40。みごと40。

ちょっとべったりした甘みから入るも、後はふんわり。

気品のある甘みがやわらかく舌を通ります。

辛さはなくて、消えながら抜けていく余韻がたまりません。

 

この表現はプラスに捉える人が少ないと思いますが、あえて使わせてください。

 

“良くも悪くも秋田酒こまち”

 

秋田酒こまちらしい消えるような甘みは、よく言えば『雅やか』です。

ただ、言い方を変えれば少し物足りないとも言えます。

 

華はあるけど、煌びやかなものではありません。

控えめな華。

シャイな味わい。

ガツンと記憶に残るようなインパクトはないけど、いまおいしい酒を飲んでいる。

 

そんな慎ましさのある1本です。

 

たまに、大吟醸とは名ばかりの“ギリギリ”の日本酒がありますが、『太平山 純米大吟醸40』はちがいます。

ちゃんと純米大吟醸

コスパを思えば震えるうまさです。

 

純米大吟醸をもっと身近に感じてほしい」

 

という、造り手の願いを見事に叶えてくれた、普段遣いにもってこいの1本でした。

 

『太平山 純米大吟醸40』の商品情報

  • 使用米:秋田酒こまち100%
  • 精米歩合:40%
  • アルコール分:15度
  • 参考価格720ml:1,650円(税込み)

 

『太平山 純米大吟醸40』の評価・レビュー:まとめ

おなじ価格帯の純米大吟醸として有名なものに、『高清水 純米大吟醸』があります。

あちらも同じく720ml:1,650円。

どちらも秋田県が誇る王手メーカーで、どちらの蔵もほかとは規模が段違いです。

なので、私はずっとこう思っていました。

 

“大きく仕込む蔵で挑戦や冒険はできない”

 

なぜなら、3,000Lのタンクで冒険するのと10,000Lのタンクで冒険するのではリスクがちがうからです。

失敗できない故に、失敗しないお酒をつくるしかない。

そう思っていたんです。

 

ですが今回、小玉醸造さんは大手であることを見事『利』にしました。

 

“失敗しないお酒を安価で販売する”

 

これはきっと、大手ならではの挑戦です。

一度にたくさん造れるからこそできた、大手ならではの冒険です。

 

飲んで書いてて、いまなお思います。

「本当にこの価格でいいのか」と。

それほどに『品質』を感じる1本です。

 

もしあなたがまだ迷っているのなら、こう考えてみてください。

 

『良い』か『最高』か。

 

刺さればコスパ最高の純米大吟醸になります。

刺さらなければ、コスパの良い純米大吟醸で終わります。

どちらにしても『安い』に変わりはありません。

 

ぜひあなたも、安さに感じる『不安』と『ワクワク』を楽しんでくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※日本酒選びに迷ったらこちらも読んでみてね

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work