あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【あまざけこまち】の感想・レビュー:やさしい甘さ。濃いめなのでお湯で割ってもうまい!

こんばんは、さるあみです。

 

「飲めない」「苦手」という人も多いであろう『甘酒』。

私も、いつか飲んだ甘酒のせいで苦手意識がありました。

 

「じゃあ、なんであまざけこまちを買ったの?」

 

と思われるかもしれません。

あまざけこまちを買った理由。実は、飲むためではありませんでした。

きっかけは、とある料理系ユーチューバーがあげていた動画です。

『甘酒鍋』という投稿があり、作ってみようと思ったのがきっかけでした。

 

そうなると、苦手とはいえ、買った以上はひとくち飲むのが人のサガ。

そして、その結果がこうして私に筆をとらせています。

 

うまかった。

本当にうまかった。

この気持ちを共有していただくために、『感想』だけでなく『栄養』の面にも少しだけふれていきます。

ぜひ、最後まで楽しんでいってくださいね。

 

 

『あまざけこまち』ってどんな甘酒?

あまざけこまちってどんな甘酒?

あまざけこまちは、潟上市にある『小玉醸造』さんがつくっている甘酒です。

小玉醸造といえば、代表銘柄は『太平山』『天巧』。

ほかにも味噌やしょうゆなど、発酵に関わる商品はほとんど網羅しているといってもいい酒造です。

なまはげがデザインされた『ヤマキウ秋田味噌』なんかは、スーパーでもよく見かけますよね。

ですので、いわば発酵のプロフェッショナル。

小玉醸造さんは、味噌やしょうゆという他の酒造にはない強みをもっています。

 

さて、そんな『発酵のプロ』がつくる『あまざけこまち』なのですが、こだわりがスゴイんです。

つかうのは、県産の材料のみ。

 

 

秋田今野商店は、麹菌や乳酸菌をつくっている会社で、本社は大仙市にあります。

県の米と県北の水。そして、県南の麹菌。

地のものだけで作られたのが『あまざけこまち』なんです。

 

もちろん、アルコール分はゼロ。

ノンアルコールなので、子どもからお年寄りまで安心して飲むことができます。

栄養面では『飲む点滴』とまで言われており、なかでもブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源です。

勉強で疲れたとき。

デスクワークで疲労したとき。

あまざけこまちは、若い世代にとっても頼りになる存在となってくれます。

 

『あまざけこまち』の味はどうだった?

これがまた不思議なもので、おいしいんです。

 

濃厚なのに、やさしい甘さ。

ベタベタと伸びる甘さではないので、後をひきます。

酸味はまったくありません。

ひとくち飲んで、「あ、おいしい」。

ひとくち飲んでは、「あ、おいしい」。

冷やして飲んでいるのに、温かみを感じるのはなぜでしょう。

お米由来の甘さって、どこか懐かしさがありますよね。

 

そして、お湯で割ってみてびっくりしました。

濃厚さが消えて、やさしい甘さだけが残るんです。

飲みやすく、そして温かい。

おもわず「ほっ」とため息がもれます。

 

注意点としては、割らなくても十分に楽しめるというところ。

つまり、ほんの少しの加水で濃さは十分に落ちつきます。

薄めるときのお湯の量は、少量からスタートするのがオススメですよ。

『あまざけこまち』を常温に戻してから割ることで、アツアツの状態で飲むことができます。

お湯割りにするときは、

 

  • 沸騰したお湯
  • 常温に戻したあまざけこまち

 

この2つを用意しましょう。

最高のため息がもれますよ。

 

甘酒が苦手だった理由はきっとこれだ!

あなたの周りにも、甘酒が苦手という人はいるのではないでしょうか。

もしかしたら、苦手な理由は私とおなじかもしれません。

 

実は、甘酒には、『米麹をつかったもの』と『酒粕をつかったもの』の2種類があるんです。

酒粕のニオイって独特ですよね。

酸味があるというか、なんというか。日本酒に馴染みがあっても、酒粕のニオイは苦手という方は多いかもしれません。

ですので、あくまでも可能性の話となります。

 

もしかしたらなのですが、“酸味のある甘酒を飲んだこと”が苦手意識になっているのではないでしょうか。

 

もしもそれが理由なのだとしたら、『あまざけこまち』は飲めます。

なぜなら、『あまざけこまち』は『米麹をつかったもの』だからです。

香りは穏やか、酸味はゼロ。

クセのない飲みやすさは、「あれ?甘酒ってこんなんだっけ」と思わせてくれます。

「なんか酸っぱかったんだよな~」という記憶のある方は、ぜひ試してみてくださいね。

 

まとめ:体調を崩したくない今だからこそ、飲む点滴を

2020年は新型コロナウイルスにより、風邪も引きづらい世の中になってしまいました。

咳き込むことも躊躇し、マスクをしないと買い物もできません。

そんな世の中だからこそ、体調はしっかりと管理しなければなりません。

病院が窮地にある今、個人ができる健康管理を。

それがおいしくできるものなら最高ですよね。

 

ちなみに、当初の予定である『甘酒鍋』は絶品でした。

水と甘酒を半々の割合でいれ、味噌と白だしで味つけ。

いつもの鍋にはないコクと甘みが心地よくて、身も心も暖がとれる最高の鍋です。

 

「1本は飲みきれない」

「やっぱり苦手な味だった」

 

そんなときは、残った甘酒を鍋にして楽しんではいかがでしょうか。

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。