あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【太平山 生酛純米】の感想・評価:ちょっとだけ濃厚な酸味と甘みを、口当たりの良さで飲ませる1本

『太平山 生酛純米』の感想・評価:ちょっと濃厚な酸味と甘みを、口当たりの良さで飲ませる1本

「安いし、カートンもあるけど、味はどうなんだろ」

 

この記事は、そんなあなたに向けて書いていきます。

 

こんにちは、さるあみです。

 

【太平山 生酛純米】って、スーパーやコンビニにも置いているのでよく見かけますよね。

けど、コンビニにも置いてあるとなると、こんな印象を持ちませんか?

 

「あまり味には期待できないのかな……」

 

正直にいえば、私がその印象をもっています。

規模が大きい酒造の『ザ・定番酒』だけを置いているイメージが強いです。

だから、「日本酒を買うのならせめてスーパーで買おう」と思ってしまいます。

けど、考えてみてください。

 

どこにでもある日本酒がおいしかったら最高じゃないですか?

 

「〇〇に行かないと買えないお酒」よりも、「〇〇でも買えるお酒」のほうが身近に感じられますよね。

というわけで今回は、【太平山 生酛純米】の味についてふれていきます。

思ったままの感想なので、嘘も遠慮もありません。

ぜひ、秋田の定番酒を知っていっていただければうれしいです。

それでは、いってみましょう。

 

 

『太平山 生酛純米』ってどんなお酒?

『太平山 生酛純米』は、秋田県潟上市にある小玉醸造がつくる純米酒です。

小玉醸造の歴史は古く、創業は明治12年

当時は、みそ、醤油をつくる会社としてスタートしました。

ヤマキウみそ』と言われればドキッとしませんか?

 

「あれ? それってスーパーでも売ってるやつ?」

 

そうです。

スーパーでもおなじみの、あの“なまはげが描かれたみそ”です。

秋田県民なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

あの“なまはげが描かれたみそ”をつくっている会社こそが、『太平山 生酛純米』をつくっている会社だったんです。

いわば、発酵のプロ。

それだけに実績も伴っており、『太平山 生酛純米』は2017年のモンドセレクションにおいて最高金賞を受賞しています。

 

ちなみに、参考価格ではありますが、720mlの値段は1,265円。

驚くなかれ税込み価格です。

 

さて、

 

 

と、すでに情報が渋滞してきている『太平山 生酛純米』ですが、肝心なのは味ですよね。

どれだけ実績があろうと、うまい不味いは別の話。

実際に飲んでみてどう感じたのかをご覧ください。

 

『太平山 生酛純米』の味は?

『太平山 生酛純米』の味わいを一言にまとめるとこうなります。

 

“ちょっとだけ濃厚な酸味と甘みを、口当たりの良さで飲ませる純米酒

 

まず、香りはツンと刺す感じで、米のふくらみを感じます。

吟醸酒ではないためフルーティーさは感じられませんでした。

 

味わいは、やわらかな酸味と甘み。ちょっと濃厚です。

決してクリアーではないけれど、口当たりのやわらかさが雑味を感じさせません。

余韻にあるのはわずかな苦み。

日本酒度は+2度なのですが、全体をとおして『甘苦い味わい』に落ちつきそうです。

 

公式サイトによると、人肌燗にすることで米由来の旨みが冴え渡るということでした。

ですが、自宅で燗というのはちょっとハードルが高いですよね。

というわけで、いちばん手っ取り早い方法。

『レンジでチン』することで、人肌燗に近づけてみました。

 

時間は、700Wで20秒。

 

これで十分です。

温めることで甘みを感じづらくなり、飲みやすくなります。

ただ、辛くなるのかと言われればノー。

甘さの伸びが短くなるので、次のひとくちまでが早くなる感じです。

冷やしたときよりもまろやかさが増すので、温かさと合わせてなんだかホッとする味わいでした。

 

価格帯でいえば十分すぎる酒質なのではないでしょうか。

冷やでも燗でもいけるので、季節問わずに楽しめるのも嬉しいところですね。

 

『太平山 生酛純米』の商品情報

  • 精米歩合:59%
  • 原料米:秋田県産美山錦100%
  • アルコール度:15度
  • 日本酒度:+2
  • 720ml:1,265円(税込み)
  • 1.8L:2,530円(税込み)

 

『太平山 生酛純米』の感想・評価:まとめ

『太平山 生酛純米』を飲んでみて感じたのは、定番酒のあるべき姿です。

毎日の晩酌にこの1本!と決めるのであれば、飲み方の自由は欲しいところですよね。

 

「このお酒は冷やじゃないと」

「熱燗じゃないとダメだよ、このお酒は」

 

そんな決められた飲み方だけでは、どこかで飽きがきてしまいます。

さらに、量を飲むのに罪悪感を感じないことも重要です。

定番酒となれば、大事に少しずつ飲むのではなく、飲みたい分だけ当たり前に飲める必要があります。

そして、なくなってもすぐに補充できる必要も。

 

「〇〇にしか売ってないんだよな」

「やった、買えた!ラッキー!」

 

そんなお酒を毎日の定番酒にしてしまってはタイヘンです。

晩酌がストレスになりかねません。

となると、『安価で』『飲み方自由で』『どこでも買える』『太平山 生酛純米』は、毎日に定番酒にもってこいなお酒なのではないでしょうか。

 

あなたも是非どこかでこのお酒を見かけたときは、一度外へ出て最寄りのスーパー、コンビニにいってみてください。

「えっ、ここにも売ってる……」と驚きます。

『太平山 生酛純米』は、それくらい私やあなたにとって身近な日本酒ですよ。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

あわせて読みたい

 

www.saruami-sake.work

 

 

www.saruami-sake.work

 

 

www.saruami-sake.work