あきたさけ!

秋田に生まれて36年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【翠玉 純米吟醸 山田錦】の評価・レビュー:常識が覆る!

翠玉 純米吟醸 山田錦の評価・レビュー



こんばんは、さるあみです。

 

常識が、覆りました。

あり得ないと思っていたんです。

実現することはないと思っていたんです。

 

ですが。それを覆した1本がここにあります。

 

いってみましょう。

今回は、『翠玉 純米吟醸 山田錦』のレビューです。

 

 

『翠玉 純米吟醸 山田錦』ってこんなお酒

『翠玉 純米吟醸 山田錦』は、湯沢市の両関酒造がつくる1本です。

両関酒造といえば、いちばんに挙がるのは『花邑』かと思います。

あの十四代の蔵元が技術指導を行ったことで話題となり、いまや秋田を代表する銘柄。

地元民よりも県外の方のほうがよく知っている銘柄となりました。

 

ですが、両関酒造。

『花邑』だけではありません。

ほかにも侮れない銘柄があります。

 

それが『翠玉』。

 

地酒屋さんでしか買えない、ちょっと珍しいブランドです。

 

とはいえ、珍しいというだけで常識は覆るでしょうか。いいえ、覆りません。

手に入らないという点だけでいえば、新政のほうが勝るはずです。

ではこの『翠玉』、いったい何がすごいのか。

 

実はこの1本、なんと……山田錦が使われているんです。

 

いや、違うんです。ふざけているわけではないんです。

使われているのはなんと、“秋田県産”の山田錦

これまで寒冷地では不向きとされてきた、酒米の王様が使われているんです。

 

産地は、秋田県湯沢市山田地区。

奇しくも『山田』の名を冠した地域です。

秋田県は特に日照時間の少ない県として知られていますが、あえての挑戦は2022年で4度目を数えます。

これまで宮城県が北端でしたが、これからはここが北端。

酒米としての質も、年々評価が高まってきています。

 

そんな希望の米に、湯沢市が誇る湧き水『力水』が合わさった1本。

肝心な味わいはいかがなものだったのか。

感想に移っちゃいましょう。

 

実際に飲んでみて:これ、すごいですよ

山田錦といえば兵庫県、という常識が崩れ去ります。

不向きといわれた寒冷地での挑戦は、文字どおり、実りの時を迎えたんです。

 

まず何より、ホントにおいしい。

甘いとも辛いとも思わない中口の味わいが、深いんです。

 

たしかに兵庫県のものには劣るかもしれません。

ですが、劣っていることが必ずしも不利ではないはずです。

寒冷地だからこそ出せた味わいが、この1本にはあるのではないかと思います。

 

なにせ、うまみがしっとり。

 

「俺は王様だ!」という強い主張はなく、謙虚なうまみが楽しめます。

それも、ずっとです。

ずっといます。

うまみが『拡がる』なんてことはありません。

最初からずっといます。

ずーーーーっと、ちょっと沈んだところに『うまい』がいるんです。

これがもうたまりません。

 

今回の山田錦が納得のいくものだったのか。あるいは、まだ途上のものなのかはわかりません。

ですが、これだけはいえます。

 

めっちゃ好き。

 

現場からは以上です。

 

『翠玉 純米吟醸 山田錦』の商品情報

 

まとめ:農家さんと共に成長していく期待と可能性の1本

正直、ラベルを見たとき我が目を疑いました。

が、信じて買ってよかった。

心からそう思います。

 

珍しさはもちろんですが、いちばんはやっぱり味。

シンプルに『おいしい』と感じる1本でした。

少し大袈裟かもしれませんが、私ならこの『翠玉』をこう呼びます。

 

“可能性”

 

ないはずのものが、あったんです。

来年もきっとあります。再来年だってあるはずです。

10年後には、秋田の山田錦が当たり前になっているかもしれません。

その始まりは、ここ。

この1本のなかにあります。

 

ぜひ、“いま”知ってください。

そして、“これから”を追いかけてください。

 

『翠玉 純米吟醸 山田錦』には、あなたをワクワクさせるものが詰まっていますから。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※翠玉ならこちらもおすすめ

 

www.saruami-sake.work

 

※見かけたら『花邑』もぜひどうぞ

 

www.saruami-sake.work