あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

心づくし ことり:30代必見!秋田市山王でもつ鍋を楽しむなら間違いなくここ。

「30代後半から40代の集まりに使えるお店がほしい」

「外は寒いし、夜は鍋がいい」

 

この記事は、そんな方に向けた記事になります。

 

こんばんは、さるあみです。

 

大人数での集まりともなれば、20代と30代では楽しみ方が変わってきますよね。

20代は、騒いで楽しく。

30代は、語って楽しく。

遅くまで開いているお店にいって、飲み放題をつけて騒いでいた頃とはもう違います。

 

どうせ集まるなら、うまい飯とうまい酒のあるところ。

1杯をゆっくりと堪能できる、沁みる肴のあるお店にいきたいものです。

 

というわけ今回は、30代が時間をかけて堪能できるもつ鍋のお店。

 

“心づくし ことり”

 

こちらのお店をご紹介します。

本記事では、おすすめのメニューはもちろん、おすすめの地酒にも触れていきます。

記事後半では“なぜ30代必見なのか”についてもお伝えしますので、どうぞ最後までゆっくりしていってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

心づくし ことりの場所は?

心づくし ことりは、山王の飲み屋街、いわゆる『市役所裏』からは少し外れた場所にあります。

市役所方面から向かうのであれば、ナガハマコーヒーの手前を右折。

末廣ラーメン山王本店をこえてすぐの信号を右折してください。

 

マンションや大きな公園などが目立つ通りに入りますが、そのまま直進です。

やがて『菜香亭』と『戸隠』の看板がみえてくるので、同じ建物の1Fが『心づくし ことり』となります。

『市役所裏』にも『ことり』がありますが、そちらは姉妹店であり、“串揚げとハイボールのお店”です。

お気をつけくださいませ。

 

心づくし ことりのおすすめメニューは?

心づくしことりのおすすめメニューは?

心づくし ことりのおすすめメニューは、やはりもつ鍋です。

もつ鍋には4種類あり、

 

  • 醤油
  • みそ
  • 明太子

 

人気No.1は明太子もつ鍋ですが、本場博多をイメージするのは塩ですよね。

とはいえ、だからこそ気になるのが『醤油』と『みそ』です。

いったいどんな味に仕上がっていて、どんな風にもつを受けとめているのか。

店員さんに尋ねてみると、こんな答えが返ってきました。

 

「醤油もつ鍋に、シメは麺が最高ですよ」

 

なるほど、文字列がすでにうまそうだ。

鍋のシメは雑炊にしようと思っていたところに、見事な修正が入りました。

 

「よし、それでいこう」

心を決めた私に、店員さんがさらに追いうちをかけてきます。

「豚バラをいれるとコクが出てさらにおいしいですよ」

「あ、豚バラもください」

 

こうして我々の手元に届いた『醤油もつ鍋(豚バラ入り)』は、一切の誇張なく“絶品”でした。

もつ、豚バラ、野菜、それぞれの食感の違いがおもしろくて、噛む楽しさがあります。

もちろん、もつに臭みはありません。やわらかくてジューシー。

おかわりする際には、一生懸命スープの中からもつを探す私がいました。

 

鍋後半になると、スープを吸ってクタクタになった野菜たちが反則級のうまさになります。

前半はまだ煮えの弱かったゴボウが、いい味になるんです。

食感を残しつつ、スープがよく絡む。

こんなのうまいに決まっています。

 

シメで頼んだことり特製麺 

シメで頼んだ『ことり特製麺』は、透明感があり、のどごしが抜群。

麺自体にほんのりとした甘みがあるため、もつ鍋に新たな一味が加わります。

そのため、最後まで飽きがくることはありません。

この特製麺は、ほんとうに曲者でした。

 

ですので、おすすめメニューの結論はこうなります。

 

“醤油もつ鍋(豚バラ入り)、シメはことり特製麺で”

 

では続いて、ドリンクに目を向けていきましょう。

 

心づくし ことりで提供されるビールの銘柄は?

心づくしことりで提供されるビールの銘柄は?

心づくし ことりで『生中』と頼んで提供されるのは、プレミアムモルツです。

それもただのプレミアムモルツではありません。

温度が違います。

キンキンに冷えてやがる!と感じる温度よりも、さらに低いです。

 

いったいなぜなのか。

その秘密はグラスにあります。

 

グラスの温度が、なんとマイナス5℃!

グラス自体をマイナス5℃まで冷やすことにより、秋田No.1と言っても過言ではない冷たさでの提供を可能としているんです。

だから舌だけでなく、唇でも冷たさを感じることができます。

 

季節問わず、ビールは冷えたものが望ましいですよね。

心づくし ことりは、その願いを叶えてくれますよ。

 

心づくし ことりの地酒のラインナップは?

心づくしことりの地酒のラインナップは?

心づくし ことりでは、NEXT5の日本酒を飲むことができます。

NEXT5とは秋田の若手蔵元の集まりで、新政、ゆきの美人、一白水成、山本、春霞で結成されています。

いずれの蔵元も、県内外での知名度が高く、味の評判も見事なもの。

特に新政は手に入らないことでも有名で、飲める店というのはそれだけで貴重な存在です。

 

心づくし ことりでは、『本日の新政』という形で飲むことができます。

銘柄はメニューには記載されていませんので、注文のときに聞いてください。

 

ただ、個人的におすすめしたいのは、ゆきの美人です。

純米吟醸が提供されるのですが、その味わいはお手本のよう。

人によっては甘いと感じるかもしれませんが、雑味がなくてバランスの良い地酒です。

バランスの水準が高すぎるので、蔵元の地力の高さがうかがえます。

おもわず、「秋田にはこんなお酒が当たり前にあるんだぞ」と、誇りたくなる日本酒でした。

 

心づくし ことりが30代におすすめな理由は?

料理、酒と申し分のないおすすめポイントばかりでしたが、実はもうひとつ、心づくし ことりを推したい理由があります。

それは、BGMです。

BGMが常に90年代後半から2000年代前半なんです。

 

いったいなぜなのか。

そこには客層に対する心づかいがありました。

 

もつ鍋と日本酒がウリで、かつ、山王という立地だと客層はどうなるでしょうか。

大学生は大町に流れ、メインのターゲットはもう少し上の世代。

30代後半~40代くらいのビジネスマンとなります。

だから、懐メロが刺さるんです。

 

それだけ聞くと、マーケティングのひとつのような気がしますよね。

けど、きっと違います。

ただの心。心づかいなんだと考えます。

お客さん同士の会話の架け橋に。

お客さんと店員さんとの架け橋に。

人と人をつなぐためのやさしさが、心地良いところでした。

 

心づくし ことり:まとめ

最後に、心づくし ことりの基本情報をまとめていきましょう。

 

★心づくし ことり

 

  • 住所:秋田市山王2丁目7-29 シティパレス秋田1F
  • TEL:050-5592-6394
  • 営業時間:月~土 17:00~23:00(LO.22:30)
  • 定休日:日
  • ※月曜が祝日の場合は営業。翌日が休みとなります
  • 席数:55席
  • カウンター席:あり
  • 個室:あり

 

『もつ』『プレミアムモルツ』『日本酒』『BGM』と、刺さらない人にはまったく刺さらないラインナップです。

ですが、もし世代に刺さるのなら。

好みに刺さるのなら。

あなたにとって最高の時間が約束されています。

上司を連れていっても喜ばれる場所ですので、ぜひぜひ色々な形で足を運んでみてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。