あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

日本酒の変わった飲み方。昆布を入れるだけでワンランクUP!【こんぶ酒】

日本酒の変わった飲み方。昆布を入れるだけでワンランクUP【こんぶ酒】

こんばんは、さるあみです。

 

口に合わない日本酒や度数がキツすぎる日本酒って、日本酒を買っていると避けては通れない道ですよね。

そんなとき、あなたはどう飲みきっていますか?

もしあなたが飲みきれなくて困っているのなら、こんな飲み方はいかがでしょうか。

 

『こんぶ酒』

 

作り方は超カンタンです。

 

“干した昆布を日本酒に漬けるだけ”

 

たったこれだけで、飲みきれずに困っている日本酒が姿を変えます。

目の上のたんこぶとなっていた1本が、こんぶ1つでワンランクアップするんです。

 

ただし、これには注意点があります。

こんぶ酒がどういうものなのか。そして、私の失敗談とともにお伝えしていきますので、最後まで楽しんでいってくださいね。

お急ぎの方は注意点だけでも読んでいってください。

この失敗は、あなたにはして欲しくありませんから。

 

ではでは、いってみましょう。

 

 

こんぶ酒ってどんなお酒?

こんぶ酒とは、干した昆布を日本酒に漬けたものをいいます。

 

この飲み方は、NHKの朝ドラ『ごちそうさん』に登場したことで有名になりました。

ドラマ内では、

 

“安酒を上等な酒に変える魔法の水”

 

として紹介されています。

干しこんぶの『旨み成分』が酒に溶けだすことで、日本酒の旨みが増すのだそうです。

旨みの増す組み合わせとなると、下記のものが有名ですよね。

 

ブランデーとチョコレート。

ラムとレーズン。

 

その日本酒版といったところでしょうか。

 

レシピは超、超、簡単。

ですが、レシピサイトによってはちょっと難しく書いてあります。

 

“酒に対して1%のこんぶ”

 

ふだんから料理をする人は、パスタを茹でるときの食塩を思い浮かべるかもしれません。

ただ、料理をしない人からすれば1%ってちょっと難しいです。

なので、こうしましょう。

 

“日本酒1合に対して、干し昆布を2~3センチにちぎってポイ”

 

大切なのは、入れすぎないことです。

 

続いて、味の感想に移っていきましょう。

 

こんぶ酒の味はどう?

これがバツグンにおいしいんです。

旨みが増すのはたしかに感じます。

ですが、それ以上にこれが大きかった。

 

『味の落ちつき』

 

試しにアルコール度数19度の原酒で飲んでみたのですが、キツさがなくなりました。

驚きのまろやかさ。

そして、やや塩味をともなった旨みの伸びが感じられます。

カドというカドが落とされて、本当にただ“質が上がった”印象を受けました。

 

例えるなら、偏っていたパラメーターのバランスが良くなるイメージです。

数学以外オール1だった成績がオール3になったような調和があります。

 

なにより、度数を変えずに味を変えることができるので、最後まで日本酒として楽しめるのもうれしいところです。

 

ただ、ここからが重要。

最重要の項目です。

これを知っているのと知らないのでは、こんぶ酒の印象がガラリと変わってしまいます。

 

こんぶ酒をつくるときの注意点

「めっちゃダシ出るやん。もっと入れたろ」

「待てばもっとダシ出るやろ。ゆっくり飲も」

 

これ、NGです。

ぜったいにやめてください。

地獄をみます。

 

もっと入れたら味が完全に昆布です。

ほぼ昆布の臭みしか残りません。

朝、蛇口をひねってすぐの水道水くらい臭みがあります。

 

そしてもうひとつ。

ゆっくり飲むのもNGです。これも臭かった……。

時間が経てば経つほど、昆布の臭みが出てきます。

テレビに夢中でグラスを放置していたらえらい目に遭いました。

 

「そんな大げさな」

 

と思われた方、ぜひ試してみてください。

『旨み⇒臭み』への変貌ぶりに、驚かれること間違いなしですよ。

 

他に日本酒の変わった飲み方は?

こんぶ酒を“変わった飲み方”として紹介してきましたが、日本酒にはもっと変わった飲み方が存在します。

その飲み方とは、カクテル。

なんとなく、『日本酒は割らないもの』という印象があるかもしれませんが、その印象は崩れ去ります。

 

ぜひ、苦手な味わいの日本酒に出会ったときの参考にしてみてください。

 

 

www.saruami-sake.work

 

www.saruami-sake.work

 

まとめ:日本酒の変わった飲み方。昆布を入れるだけでワンランクUP!

まとめるとこうなります。

 

  • こんぶ酒は“安酒を上等な酒に変える魔法の水”
  • 日本酒1合に対して2~3センチ程度のこんぶをポイ
  • 入れすぎない
  • 時間をかけて飲まない

 

ひれ酒や骨酒は知っていても、こんぶ酒を知らない人は多いはずです。

ぜひあなたも試して、この飲み方を広めてくださいね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。