あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【両関 銀紋】の評価・レビュー:熱燗、とびきり燗がうまーーい!

両関 銀紋の評価・レビュー

 

こんばんは、さるあみです。

 

あなたにも、

 

「ぶっちゃけどうなの?」

 

と、手の出せない日本酒ってありますよね。

 

おいしいとは聞くけど、どうしても食指が伸びない。

気にはなるけど、買ってまで飲みたくはない。

特に、一升瓶でしか展開していない日本酒は、買うのに勇気がいるのではないでしょうか。

 

『両関 銀紋』もそんな1本。

 

「熱燗なら銀紋でしょ」という声もありますが、実際のところはどうなのか。

いよいよ買ってみましたので、紹介していきますね、

それでは、いってみましょう。

 

 

『両関 銀紋』ってこんな日本酒

『両関 銀紋』は、湯沢市の両関酒造がつくる『普通酒』です。

 

普通酒と聞くと、「うっ」と身構える方も多いのではないでしょうか?

 

古き良き酒であり、古き悪しき酒でもある普通酒

添加物は当たりまえで、糖類や酸味料などで調整された『コスト重視の日本酒』です。

なので正直、味に期待をするものではありません。

あくまでも過去の伝統を残したもの。

 

“ターゲットを絞りに絞ったもの”

 

という印象で間違いはないかと思います。

 

では、『両関 銀紋』もまたそうなのでしょうか。

答えは、NOです。

 

『両関 銀紋』を、普通酒と侮るなかれ。

添加物はいっさい使っていません。

原材料は、

 

 

これら3つのみ。

なので、本醸造酒にも比肩します。

 

ただ、酒米についての明記はなく、価格をみると飯米を使っている可能性が高いです。

特に、『裏銀紋』にも使われている『ゆめおばこ』や『ちほみのり』。

これらは酒米よりも安く、酒米よりも大量に収穫できることから、使われているのではないかと思います。

なんて、個人の感想です。

想像はここまでにしておきますね。

 

さて、湯沢市だけでなく、秋田県全域で根強い人気の1本。

チャートでみれば、味わいは『うまくち』とのことです。

「燗なら銀紋」という声もあります。

いったいどんな味わいなのか。

実際に飲んでみました。

 

『両関 銀紋』を飲んでみて

正直に言います。

 

20代頭に出会っていたら顔を背けていたと思います。

いま、だからいい。

30代も折り返し地点に入り、純米酒の落ちつきが舌に馴染むいまだからこそ、いいと言えます。

 

古き良き、ツンとくる香り。

ひと嗅ぎでわかる層の厚み。

ぐい呑みに鼻を近づけるだけで、クラシックなイメージが湧いてきます。

 

常温で味わうと、フルーティーさはありません。

米の厚み、甘み、雑味。それを飲ませる伸びやかさ。

まったりとした舌ざわりのまま、ゆるやかに喉を通ります。

 

余韻として覚えるのは、アルコール感。

こもるように残ります。

 

うまいまずいで言えば、正直むずかしいです。

『飲める』『嫌いじゃない』といった感じ。

毎月のように発売される『季節の酒々』を差し置いて、あえて買うかと言えば本当にむずかしい。

 

というのが、常温で飲んだ感想でした。

ですが、お燗にしたら。

熱燗、とびきり燗にすると、感想がガラリと変わります。

 

「燗なら銀紋」

「確かに!!!」

 

と、膝を打つ味わいになるんです。

 

もともと熱燗にすると、苦みや雑味が飛ぶとされています。

ですが、それを顕著に感じるお酒ってなかなかありません。

単純に『質の良いお酒が増えた』というのもひとつの理由ですが、

 

  • お燗向けのお酒が減った
  • 香りの良いお酒が増えた

 

ことも大きな理由かと思います。

“流行”と言ってもいいかもしれません。

『冷やしておいしい』が、いまの主流。

そして、その逆を行くのが『両関 銀紋』なんです。

 

特に、50℃以上!

熱燗、とびきり燗が抜群にいいんです!

むしろ、ここしか良くないとすら言ってしまいます。

 

苦み、雑味、酸味が薄れて、うまみがふっくら。

熱さですぐには飲みこめない分、うまみが長く感じられます。

ホクホクとした味わいがもうたまりません。

 

熱々。

だからいいんです。

 

ただ、熱燗よりも温度が落ちるをちょっとアレです。

嫌な酸味が出てきて、変なメリハリが生まれます。

正直、おいしくはありませんでした。

 

お燗にすると、おいしさは一瞬。

ただし、その一瞬の輝きはまぶしいほどです。

 

「燗なら銀紋」

 

なるほどな、と、しっかり納得してしまう1本でした。

 

『両関 銀紋』の商品情報

  • 原料米:秋田県産米100%
  • 精米歩合:70%
  • アルコール分:15.5度
  • 使用酵母:協会701号
  • 日本酒度:-2
  • 酸度:1.2
  • 参考価格1.8L:1,782円(税込み)

 

まとめ:『両関 銀紋』は、熱燗、とびきり燗が抜群にうまい!

ここに至るまでに、一度だけ出てきた言葉があります。

あなたは覚えているでしょうか?

 

『裏銀紋』

 

そうです。

『銀紋』の裏バージョンです。

 

“表”の銀紋は古くから愛される伝統の1本ですが、“裏”は純米酒のブレンデッド。

クラシックに対して、モダンを行く1本です。

どちらも燗で輝くのですが、

 

より熱々を楽しむのなら“表”の銀紋を。

幅広い温度を楽しむのなら“裏”がおもしろいです。

どちらもコスパにすぐれた1本なので、燗を求める季節がきたら試してみてくださいね。

 

雪国で生まれ、雪国で愛される。

まさに『地酒!』という1本でした。

ごちそうさまでした!

 

※裏銀紋のレビューはこちら

 

www.saruami-sake.work

 

※熱燗におすすめな日本酒まとめてます

 

www.saruami-sake.work