あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【爛漫 萌稲 百田】の評価・レビュー!良いとこ取りが……

爛漫 萌稲 百田の評価・レビュー

こんばんは、さるあみです。

 

可愛らしい名前で手に取って、買うべきか悩んではいませんか?

 

萌える稲と書いて「もね」と読む。

美しい稲と書いて「うましね」と読むくらいの衝撃ですよね。

 

さて、そんなやわらかな響きを持つ『萌稲』ですが、酒米ちがいで2種類の発売となりました。

百田と一穂積。

なかでも百田は、あの山田錦を意識してつくられた酒米です。

 

その百田を、爛漫が手がけるとどうなるのか。

実際に飲んでみました。

萌稲シリーズがどんなシリーズなのかと合わせてお伝えしていきます。

最後まで楽しんでいってくださいね。

 

 

爛漫初の試み。萌稲は自社田育ちの酒米をつかった純米酒

『萌稲』の大きな特徴はここにあります。

 

“はじめての自社田”

 

自社の田んぼというと『契約農家さんの田んぼ』をイメージするかもしれません。

ですが、それだとどこの蔵でもやっていること。

爛漫は、その先をゆきます。

なんと、文字通りの自社田。

「社員が田植えを手伝いました」では終わりません。

 

  • 育苗
  • 田植え
  • 稲刈り
  • 籾摺り

 

TOKIOがやってきたことをそのままを、爛漫社員が行ったんです。

その苦労は、鉄腕ダッシュを見たことある方ならわかるはず。

労力はもちろん、時間もかかります。

水害、虫害、一筋縄ではいきません。

失敗する可能性すらあります。

餅は餅屋。

プロに任せるのが、失敗しないためのいちばんの近道です。

 

では、なぜ爛漫はリスクを冒してまで自社田に取り組んだのでしょうか?

答えは、時代のなかにありました。

 

実は近年、原料である酒米の確保がむずかしくなってきています。

理由は考えるまでもありません。

いま、あなたも思い至ったのではないでしょうか。

 

“農業の担い手不足、高齢化”

 

特に秋田県は、目を背けたくなるほど高齢化が叫ばれている県です。

後継者のいない農家さんも少なくはありません。

なので、爛漫が目指すところは『地域農業の活性化』。

その果てには、

 

酒米の郷『湯沢』の復活”

 

という願いがあるんです。

 

正直、この自社田からつくるというプロジェクトの熱量は、第三者の言葉では書き尽くせません。

気になる方は、ぜひ公式サイトをご覧ください。

 

自社田栽培純米酒「萌稲」|味わい華やか 美酒爛漫

 

さて、『萌稲』の持つテーマに触れたところで、自社田生まれの百田。

どんな味わいだったのかを見ていきましょう。

 

両取り、それがぼんやりと印象に【実際に飲んでみて】

これはもう、良くも悪くもこのひとことに尽きます。

 

“飲みやすさとふくらみの両取り”

 

香りはやや青さがあり、ツンとくるものがあります。

70%精米らしく、フルーティーさは感じません。

米由来の酸味が、点ではなく面で香ってきました。

 

そして、味わい。

ここが最初のひとことに通じてきます。

 

うまみがサラッと濁っているのに、軽くて飲みやすいんです。

口にふくむと、素早くふくらむ旨み。

低精白なので、味にやわらかさは感じません。

奥行きも感じられません。

 

ただ、百田らしさがあります。

 

もともと持っている旨みが強いのだと思います。

「お、悪くないかも」というのが第一印象でした。

 

ですが、やっぱりそこまでなんです。

 

アルコール度数を落としているせいか、もともと持っている旨みが薄まってしまっています。

だから、飲みやすい。

でも、旨みが弱い。

もったいない印象が付いて回ります。

飲みやすさと旨みの良いとこ取りをしているせいか、なんだか印象には残りません。

 

「悪くないかも!」

 

という感想に変わりはないんです。

ただ、美味しいのひとことが、どうしても出てきませんでした。

 

“どうやって”“誰に”薦めるべきか。

長く考えてしまう1本でした。

 

『爛漫 萌稲 百田』の商品情報

 

まとめ:『萌稲 百田』は未来が気になる1本。これからの変化に要注目!

はじめて自社田から生まれた、“爛漫の”百田。

萌稲は、その第1弾です。

試作品とも呼べるのかもしれません。

 

正直、今年の『萌稲 百田』は、「オススメです!」と声をあげることができませんでした。

ですが来年、再来年と自社田に『慣れ』が生まれ、『安定』してきたとき。

どんな出来栄えの百田で、どんな味わいの萌稲が生まれるのでしょうか。

 

いまの『萌稲』を知っておけば、明日の『萌稲』に楽しみが生まれます。

 

そういった意味でも、一度飲んでみてはいかがでしょうか?

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

※日本酒選びに迷ったらこちらもどうぞ

 

www.saruami-sake.work