あきたさけ!

秋田に生まれて35年。秋田市のカフェ、地酒、お得な情報をお届けします。

【爛漫 無濾過原酒 特別純米】の評価・レビュー。のっぺりとした甘みとうまみが意外にイケる!が……

爛漫 無濾過原酒 特別純米の評価・レビュー:まとめ

こんばんは、さるあみです。

 

『数量限定』と書かれた首かけを見かけて1か月。

今更なんじゃないかと思いながらも、つい買ってしまいました。

 

『爛漫 無濾過原酒 特別純米

 

いったいどんなお酒で、どんな味わいに感じたのか。

最後まで読んで楽しんでいってくださいね。

それでは、いってみましょう。

 

 

『爛漫 無濾過原酒 特別純米』ってどんな日本酒?

『爛漫 無濾過原酒 特別純米』は、湯沢市にある秋田銘醸がつくる“数量限定酒”です。

 

発売時期は3月初旬。

2022年は、3月1日に発売されています。

 

『爛漫』といえば、相場をぶち壊すほどのコスパが有名ですよね。

特に、原料米に『ぎんさん』をつかったものは群を抜いて安価となっています。

 

今回の1本はというと、やはり『ぎんさん100%』。

精米歩合50%のスペックでありながらも、720ml:1,485円(税込み)とお買い得な1本です。

 

とはいえ、お買い得なだけの日本酒などたくさんあります。

なにか大きな特徴がないと、埋もれてしまうだけ。

今回の『爛漫』にも何か大きな特徴があるはずです。

 

ちょっとラベルを見てみましょう。

ラベルには大きな文字でこのようにあります。

 

“無濾過原酒”

 

“無濾過”で、“原酒”です。

ひと文字ひと文字のパワーが半端ではありません。

単語だけで強い味わいが想像できてしまいます。

 

数値で見てみると、もっとよくわかります。

アルコール分:17度以上18度未満。

一般的な日本酒のアルコール度数が15~16度だと考えると、1~3度ほど高い数値です。

 

「いや、大した差じゃなくない?」

 

と思われたかもしれません。

ですが、想像してください。

 

ストロングゼロと氷結を。

ほろよいと氷結を。

 

わずかな差が、おどろくほど舌に響くはずです。

 

なので、期待される味わいは『重み』。

そしてもうひとつが、『うまみ』です。

 

実は、ラベルには書いていないのですがこの1本、アミノ酸度がべらぼうに高いんです。

その数値、2.0。

高いほどうまみがあるとされ、熟成酒にとっては欠かせない項目です。

 

ですが、裏を返せば“新酒には縁のない数値”のはず。

 

なので、『爛漫 無濾過原酒 特別純米』の持つおもしろいアミノ酸度にも注目しましょう。

 

さらに、忘れてはいけないのが『AKITA雪国酵母』の存在です。

『AKITA雪国酵母』は、リンゴのような華やかな香り

なので、飲む前の段階だとこんな期待ができます。

 

  • 強いアルコール度がもたらす『重み』
  • 高いアミノ酸度がもたらす『うまみ』
  • 酵母がもたらす、香りの『華やかさ』

 

これらに日本酒度や酸度、それに酒米の特徴が加わることでどんな味わいに感じたのか。

実際に買って飲んでみました。

 

『爛漫 無濾過原酒 特別純米』の感想は?

これはもう、一言であらわすとすれば卑怯な手を使わざるを得ません。

 

“複雑な味わい”

 

いや、ちがうんです。逃げたわけじゃないんです。

ちょっと1つずつ触れていきましょう。

 

香りはやっぱり立ちが良くて、グラスに注いだ段階でふわりと香ります。

すでにうまみも乗ってくるほどです。

 

口へ持っていく前にグラスを眺めてみると、色に驚きます。

強めの黄色。

コハク色といえば耳に心地よいのですが、はちみつ色のほうがしっくりきます。

さらに、無濾過らしく『うすい濁り』も確認できました。

 

味わいは、べったりと甘く、こってりとうまい。

色に負けないうまみの強さに、爛漫らしさを感じます。

 

そしておもしろかったのが、想像まで届かないアルコール感です。

さっき『重み』が期待できると書いたのですが、それを感じさせません。

むしろ、甘みとうまみの割に飲みやすさがあります。

これがホントにおどろきで、

 

“甘みとコクが深いのに、香りは鮮やかで、しかも飲みやすい”

 

たしかに、甘口が苦手な人にはおすすめできません。

ですが、そうでない方なら、強い味わいなりにスイスイ飲めてしまうはずです。

 

ちなみに、熱燗はまったくおすすめしません。

なぜなら、香りの鮮やかさが台無しになるからです。

フルーティーな香りから、蒸したての米の香りになります。

 

そこへさらにクセが加わるので、嗅ぐのを躊躇するほど。

「蒸したての米の香りだけなら……」と思えど、あるものはあります。どうしてもクセを感じてしまいます。

 

ただ、燗にすることでおもしろかったのが、甘みの引きです。

際立ったのは、なんと酸。

冷やして飲むのとはまったくちがった味わいが楽しめるので、興味のある方だけやってみてくださいね。

 

ちなみに、秋田銘醸公式サイトがおすすめする飲み方は、

 

  • ロック
  • 冷やして
  • 室温

 

です。

私の言ったことは忘れてください。

 

『爛漫 無濾過原酒 特別純米』の商品情報

 

まとめ:のっぺりとした甘みとうまみが意外にイケる!が……

実は私、『無濾過原酒』というワードには1歩引きぎみです。

というのも、やっぱり気になる“コシの強さ”。

これに合わせる食事がむずかしくて、なかなか買うには至りません。

 

ですが、今回の1本。

『爛漫 無濾過原酒 特別純米』は、爛漫らしさを感じつつも飲みやすい1本でした。

 

日本酒度こそ低く、どうしても甘みが先行します。

そのため、甘口を苦手とする人にはやはりおすすめはできません。

 

ですが、女性におすすめしたいかといえば、残念ながらNOです。

なぜなら、

 

『(強い割に)飲みやすい』

 

だからです。

 

悪くはないんです。

嫌いでもありません。

ただ、誰におすすめしたらいいのかがわからない。

 

強いて挙げるとすれば、ブログを読まない世代でしょうか。

私よりももっと上の年代で、日本酒に『若さ』よりも『熟成』を求める方。

ただ、そこまで上の世代となると『甘口』を好まない可能性もあります。

 

なので、“むずかしい日本酒”。

 

ここまで書いても、私にはそのイメージが崩せませんでした。

あなたの背中を押したかったのですが、本当に申し訳ありません。

 

「んー」という締めになってしまいますが、今回はこの辺で。

ここまで読んでいただきありがとうございます。