あきたさけ!

秋田に生まれて33年。もっと知られてほしい秋田を発信します!

【2020年】大曲の花火大会はどうなる?4月現在の状況まとめ

こんにちは、さるあみです。

 

新型コロナウイルスの影響で相次ぐ、イベントの中止。

大曲の花火もまた他人事ではありません。

 

5月開催の大曲の花火『春の章』と『新作花火』は、すでに開催見送りとなりました。

いったい『夏』はどうなるのか。

もう少しだけ詳しくみていきましょう。

 

 

大曲の花火『春の章』『新作花火』は開催見送りに

f:id:saruami33:20200408221512j:plain

あまり知られてはいないのですが、大曲の花火には『夏』の全国花火競技大会を軸とした『四季の花火』というものがあります。

 

『大曲の花火~秋の章~』

テーマは、挑戦・斬新。

演出をこだわり抜いた劇場型花火を楽しむことができ、やや冷えを感じる秋の夜長を煌々といろどります。

 

『大曲の花火~冬の章~』

テーマは、若手花火作家の台頭。

若手の技術だけでなく新しさも競い合うため、新作花火をいち早く楽しむことができます。

実は、見出しにある『新作花火』とは『冬の章』のこと。

コロナの影響で3月に開催できなかったため延期となり、5月10日に開催されるはずでしした。

しかし、5月の開催もすでに見送り。

公式サイトには『見送り』と書いているだけに、延期先が気になるところです。

 

そして、

 

『大曲の花火~春の章~』

テーマは、世界の花火・日本の花火。

過去の『春の章』は、海外の花火業者を迎え入れて、世界と日本の伝統技術が1日で楽しめるイベントでした。

ですが今年。

2020年は、日本煙火芸術協会が設立されて60周年の節目の年です。

そのため、今回は特別プログラムが組まれていたんです。

 

“大曲の花火実行委員会と日本煙火芸術協会のコラボ”

 

まさに、花火技術の結集されたトップクラスのプログラムが見られるはずでした。

ですが、5月9日の開催は見送り。

『春の章』もまた、延期先のみえない状況に陥っています。

 

夏の全国花火競技大会「大曲の花火」はどうなる?

f:id:saruami33:20200408221539j:plain

本記事を書いている4月8日現在、発表されているのは以下のとおりです。

 

“大曲の花火実行委員会は7日、8月29日予定している第94回全国花火競技大会を開くか否かを6月末に判断するとした”

 

新型コロナウイルスの影響のうけ、すでに『春の章』と延期開催の『冬の章~新作花火コレクション~』は見送り。

夏の全国花火競技大会「大曲の花火」についても、実行委員会は「同じような状況が続けば開催は難しい」と語っています。

 

【2020年】大曲の花火大会はどうなる?4月現在の状況まとめ

f:id:saruami33:20200408221602j:plain

首相の緊急事態宣言の期間は1ヶ月ですが、5月のGW明けに激的な改善がみこめるとは思えません。

新型コロナのワクチンが実用化されるのも、いつになるのかわからない状況です。

 

「よっしゃ、コロナ去った!8月やるべ!」

 

と、はたしてなるのか否か。

 

いまは耐えるときです。

 

家にいるだけで、救える命があります。

家をでるだけで、耐えがたい後悔が生まれるかもしれません。

大切な人を苦しめるかもしれないんです。

 

まずは5月。

GW明けの日本に少しでも明るい兆しがみえることを祈って、外出を自粛しながら過ごしましょう。

外出したい気持ちを溜めて溜めて、コロナが終息したら一気に開放!

きっと、いつもの景色がいつもより輝いてみえるはずですよ。

 

それでは今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログへ
にほんブログ村