あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

【秋田の老舗】杉山壽山堂の和菓子を2つおすすめします【黒豆大福・秋田ロマンス】

こんにちは、さるあみです。

 

「おいしい和菓子が食べたい」

「来週、来客があるからお茶請けがほしい」

「おじいちゃんの家を訪ねるから、洋菓子よりも和菓子がいいなぁ」

 

なんて、和菓子であったほうがいい状況って意外とあるんですよね。

あわててスーパーのお菓子コーナーを見ても、なにかピンとこない。

『なんかいかにも……』といった印象から、なんとなく手を伸ばしづらい方もいるのではないでしょうか。

 

とはいえ、近所に都合よく和菓子屋さんがあるという方は少ないです。

 

それならば、私は『杉山壽山堂』の和菓子をおすすめします。

なぜなら、スーパーの銘店コーナーにも取り扱いがあるからです。

珍しさこそありませんが、どこでも買えるということは“それだけ地元に根付いている”ということになります。

 

その点でいえば、杉山壽山堂は地元で愛されて3世紀。

300年の歴史があるんです。

 

ということで今回は、和菓子を作りつづけて3世紀の『杉山壽山堂』について触れていきます。

この記事を読むことで、杉山壽山堂のいちばん人気と、個人的なおすすめ品。そして、本店の場所がわかります。

本店のみで行われるお得な情報もお伝えしますで、どうぞ最後までゆっくりしていってくださいね。

 

それでは、いってみましょう。

 

杉山壽山堂って?

f:id:saruami33:20191129174520j:plain

当たり前のように名前をあげていますが、知らない方はまったく知らないかと思います。

なにせ、秋田の地元メーカーです。

全国の有名メーカーとはまた違うので、県民でもすぐには名前が出てこない方も多いはず。

ですので、少しだけ『杉山壽山堂』そのものにふれておきますね。

 

杉山壽山堂の創業は1705年。宝永2年に始まったとされます。

時代でいえば江戸。

当時の将軍は、徳川綱吉です。

ちょっとスケールが違いすぎておもわず、

 

「300年前か~。すげえな。あんとき俺、なにやってたっけ」

 

と、ワケのわからんことを考えてしまったくらいです。

いちおう答えを出しておくと、『まだ何もしていません』。

 

話を戻しますと、創業当時からもっとも有名だったのは『諸越』です。

秋田諸越といえば、年配の方はなつかしさすら覚えるのではないでしょうか。

 

「もろこし」という名前から、原材料が『とうもろこしの粉』だと思われる方も多いそうですが、杉山壽山堂の「もろこし」は『小豆の粉』が主原料。

『小豆の粉』と『砂糖』をもちいて、添加物や着色料はいっさいつかわない。

これこそが『元祖』と呼ばれる『秋田諸越』の特徴でもあります。

 

ただ、今回ご紹介するのは『秋田諸越』ではありません。

杉山壽山堂のいちばん人気は、意外なものでした。

 

いちばん人気は、シンプルだけど奥深い『黒豆大福』

f:id:saruami33:20191129174554j:plain

意外に思われたかもしれませんが、店員さんにたずねて得た答えは『黒豆大福』でした。

実際に買って食べてみると、なんとまあ!

 

いちばんの理由がわかりました。

 

餅はやわらかくて年配の方にもやさしく、餡はすこし甘みが強いです。

ただ、そのすこし強い甘みを、黒豆がいい塩梅にしてくれるんです。

いい塩梅を生んでいるのは黒豆の『塩気』だけではありません。

食感。

すこし固いくらいの黒豆が、全体的にやわらかい大福のいいアクセントになっています。

黒豆大福なのだから当たり前なのですが、“黒豆ありき”のバランスです。

 

『餅』『餡』『黒豆』と、シンプルな材料でありながらも奥深い。

お茶との相性も間違いありませんので、お茶請けをお探しのあなたにこそおすすめですよ。

 

白あんとパイ生地がおいしい『秋田ロマンス』

f:id:saruami33:20191129174619j:plain

秋田ロマンスは、秋田市制100年を記念したイメージソング『秋田・ロマンス』にちなんでつくられました。

こちらもシンプルで、主な原材料は『白あん』と『小麦粉』です。

 

『白あん』の材料は『白手亡豆』。

 

白手亡豆(しろてぼうまめ)とは、白いんげん豆の一種です。

いまでこそ家庭でつかわれることも増えてきましたが、和菓子につかわれることの多い豆として有名です。

 

 

味わいはシンプルで、パイ生地はしっとり。

白あんのやさしい甘さがお茶とよく合います。

名前に『秋田』とついていることもあり、ちょっとした手土産にもおすすめしたい商品です。

 

ちなみに、イメージソングのほうの『秋田・ロマンス』ってご存知ですか?

 

「名前も曲もまったく知らない」

「いつの曲?」

「どこかでかかってた?」

 

という意見や疑問がほとんどだと思います。

私も30年以上生きてきましたが、ずっと杉山壽山堂の和菓子のことだと思っていました。

けど実は、意外とみんな聴いたことがあるかもしれないんですよ。

なぜなら、竿燈まつりの会場でかかっているから。

 

耳に残っていた歌詞でググって『秋田・ロマンス』を知ったのが私です。

 

ぜひぜひ、和菓子として、曲として、両方の『秋田ロマンス』を楽しんでいただけるとうれしいです。

 

本店(本社工場売店)ではお得なフェアも

f:id:saruami33:20191129174656j:plain

〇〇のお菓子祭りと題して年に数回、本社工場売店では割引価格での販売がされています。

対象はそのときによって違いますが、『季節のおすすめ』も割引になることが多いです。

 

冬であれば、『杵つき黒豆大福』『いちご大福』など。

 

本社工場売店で買い物をするとチラシがもらえるので、まずは一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

杉山壽山堂(本社工場売店)の場所、営業時間は?

f:id:saruami33:20191129174721j:plain

ここで杉山壽山堂(本社工場売店)の場所などをまとめていきましょう。

 

 

場所は、川尻町のびっくりドンキーの斜め向かいです。

いずれの方向から向かったとしても、目印はやはりびっくりドンキーとなります。

駐車場側からみて斜め向かいとなりますのでご注意くださいませ。

 

それでは今回はこのへんで失礼します。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

さるあみでした。