あきたさけ!

秋田と日本酒をこよなく愛する男の地域活性化ブログです

【7/7発売】夏にぴったり!小坂七滝ワイナリーが贈る、夏向けワイン2種!

米どころとして有名な秋田県

ですが、実は地ワインも静かに有名になりつつあるってご存知でしたか?

 

秋田県鹿角郡小坂町

秋田の北東部にある自然豊かなちいさな町に、小坂七滝ワイナリーはあります。

 

県産の黒ぶどう『スチューベン』を使用し、特徴的、かつ本格的な味わいを造る。

その試みは少しずつ県内にも浸透し、県内の酒販店でもよく見かけるようになりました。

そんな小坂七滝ワイナリーから、夏向けの『冷やしておいしい赤ワイン』が発売されます。

 

その名も、

 

『サマー・レッド・スチューベン・ドリンク・オン・アイス』

『フリーラン・スチューベン・エロティーク』

 

です。

発売前ということで詳細な情報には至りませんが、わかっている範囲で1本ずつ紐解いていきましょうね。

それでは1本目!

限定700本!氷を入れて楽しみたい。『サマー・レッド・スチューベン・オン・アイス』

こちらは名前にもあるとおり、氷を入れて楽しみたい1本となっております。

味わいは、ほのかな甘みが特徴的。

より爽やかな風味を出すために、柑橘をしぼっていれると爽快感が増すそうです。

そして、アルコール度数。

これが驚きの8%!!

軽い! 軽やか! ロックで飲んだらごくごくいける!

ラベルにも記載されておりますが、堅苦しいルールは無用。

タンブラーに氷をいれ、カラカラと氷を鳴らし、ゴクゴクと喉を鳴らす。

飾らない赤ワイン。

それがこの『サマー・レッド・スチューベン・オン・アイス』です。

 

720ml入り。1500円(税抜き)。

そしてなんとこちら、限定700本となっております。

今年のお酒は今年しか買えません。

逃す前に、後悔する前に購入されるが吉ですよっ。

 

そして2本目!

限定800本!華やか甘口。デザートやフルーツと相性抜群。『フリーラン・スチューベン・エロティーク』

こちらは冷蔵庫で冷やして飲むこと推奨のロゼワインです。

推奨温度は5~6度。

そしてなんと、フリーラン果汁を100%使用した贅沢な1本となっております。

「え? フリーラン果汁ってなに?」

そう。私も同じ感想をいだきました。

少し調べてみると、フリーラン果汁とは『粉砕したぶどうから自然と垂れ落ちる果汁』のことなのだそうです。

機械で圧搾していないから、味わいは自然でかつフルーティー

そこにジューシーさも加わり、とても贅沢な仕上がりになるのだそう。

日本酒でいう『雫搾り』のような感覚ですね。

ということはですよ?

「さぞお高いんじゃございませんこと??」

そう思われるかもしれません。

ですが、ご安心ください。大変お買い得でした。

 

720ml入り。1800円(税抜き)

 

安い!

日本酒の世界で『雫搾り』のお酒ともなれば、当たり前に価格が跳ね上がるものです。

それがそこまで変わらないなんて……。

これはお買い得かつ、価値あるワインなのではないでしょうか。

夏向け。すなわち夏限定。

しかも限定800本!

なくなる前にぜひ。今夏の思い出に寄り添うお酒として、置いてあげてください。

 

まとめ

同ワイナリーの高橋社長はこう言いました。

「新商品を通じ、小坂をはじめ秋田をワイン産地として広めていきたい」

その願いは、少しずつ浸透し、叶いつつあるのではないでしょうか。

 

小坂町は小さな町です。

ですが、「かたふね」で有名な竹田酒造さんが、『小さな蔵の大きな夢~日本一の酒造り~』を掲げたように。

そして、本当に世界に認められるまでになったように。

小坂七滝ワイナリーもまた、秋田から飛び出していくのではないかと思っています。

これからの秋田を盛り上げていってほしいですね。

 

楽しみは幅広く。

垣根を超えてワクワクと。

私も酒類業界というものを楽しんでいきたいと思います。

 

それでは、今回は珍しくワインの話題ということで慣れない記事となりましたが、この辺で失礼いたします。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

みなさん、よい晩酌を!