あきたさけ!

秋田に生まれて34年。秋田市のグルメやカフェ、そして地酒の魅力をお伝えします。

【純米大吟醸 夏田冬蔵 吟の精】の感想・レビュー:これぞ吟の精、これが吟の精だ。

純米大吟醸 夏田冬蔵 吟の精の感想・レビュー

こんばんは、さるあみです。

 

浅舞酒造といえば『天の戸』が有名ですよね。

食中酒としてオススメな『美稲』。

+10度の辛口である『醇辛』。

とにかく好コスパな『吟泉』。

といったように、『天の戸』というブランドだけであらゆるニーズに応えるチカラを持っています。

 

でも、忘れてはいませんか?

浅舞酒造にはもうひとつ、大きなブランドがあることを。

 

『夏田冬蔵』

 

見つけるたびに「なんだこの名前!?」と驚いてしまう、浅舞酒造が誇るチャレンジタンクです。

今回は、そんな『夏田冬蔵』の『吟の精仕込み』の感想を書いていきます。

それではいってみましょう。

 

 

『夏田冬蔵』って何?どんなシリーズ?

実は、『夏田冬蔵』とは、浅舞酒造の『森谷康市』杜氏が自身の酒づくりをつづった書籍のタイトル。

その名を冠した日本酒だけに、並々ならぬこだわりがあります。

 

  • すべて酒米ちがいの純米大吟醸
  • 造りはその年々で最適なものをチョイス
  • もちろん、原材料はすべて蔵から5キロ圏内のもの

 

毎年毎年がチャレンジの少量仕込みのため、取り扱い店も20店舗ほど限られています。

しかも、そのすべてが地酒屋さん。

つまり、スーパーや酒の英雄、酒のやまやでは買えない日本酒なんです。

 

今回ご紹介していく『吟の精仕込み』も、もちろんそう。

秋田県固有の酒米『吟の精』を40%まで磨いたぜいたくな1本です。

 

『吟の精』は、「美山錦に代わる秋田固有の酒米をつくろう」という試みから生まれたお米で、『秋田酒こまち』が出てくる前の主力品種でした。

55%まで精米したものを見せてもらう機会があったのですが、『心白』はほぼありません。

まるで、食べるためのお米のよう。

『心白』の大きさや色などが良い酒米の条件とされていますが、「ほぼない」というのは初めてでした。

 

さて、そうなると気になるのが『味』です。

 

「うまみってあるの?」

「『心白』がないなら精米する意味なくない?」

「なんか劣っている気がする」

 

酒米のランキングや有名さでいうと、『吟の精』の名前にはあまり馴染みがありませんよね。

でも、だからといってすべてが劣っているわけではありません。

どの酒米にも、『劣』はあるけど『優』もあります。

『吟の精』もそうでした。

 

純米大吟醸 夏田冬蔵 吟の精』の味は?

まず、ごめんなさいっ!

筆者が単純に『吟の精』が好きだというのもあるのですが、感想がまとまる前に飲みきってしまいました。

 

舌の上で広げようしなくても勝手に広がっていくやわらかさ。

しっかりとした甘み。

精米歩合40%という高精白が可能とする、ほどけるようなうまみ。

砕けるような、といってもいいかもしれません。

 

やや甘い。たしかに甘みが強いです。

ただ、そこに雑味がないから心地がいい。

しっかり甘くて、しっかりうまい。

濃厚なのに嫌味のない感覚が、高い高い質を思わせます。

吟の精って、うまいんだよなあ。

この日本酒のすべてが『秋田』でできているのだと思うと、誇らしくさえあります。

 

純米大吟醸 夏田冬蔵 吟の精』の商品情報

  • 使用米:吟の精
  • 精米歩合:40%
  • アルコール分:16.3度
  • 日本酒度:+2.7
  • 酸度:1.8

 

純米大吟醸 夏田冬蔵 吟の精』の感想・レビューまとめ

ということで、最後に『夏田冬蔵』から『吟の精』までをまとめていきましょう。

 

夏田冬蔵とは、

 

  • 森谷康市杜氏のつづった書籍のタイトル
  • 酒米ちがいの純米大吟醸シリーズ
  • 造りはその年々で最適なもの
  • 原材料は蔵から5キロ圏内のもの

 

吟の精とは、

 

  • 美山錦に代わる秋田県固有の品種
  • 秋田酒こまちが生まれるまでの主力
  • 心白がほぼない

 

吟の精仕込みの味は、

 

  • しっかり甘くて、しっかりうまい
  • 広げなくても広がるやわらかさ
  • 40%精米らしい透明感

 

箇条書きにすると呆気ない感じになってしまいますが、このようになりました。

買える店舗は少ないですが、見つけたら価値のある1本です。

もちろんそれは『珍しいから』ではありません。

『味』という点からです。

浅舞酒造のチャレンジが詰まっていますので、ぜひ『秋田の素材』が生む味わいを楽しんでいただければと思います。

 

それでは、今回はこのへんで。

ここまで読んでいただきありがとうございます。